絶景の四阿山〜厳冬期 子供と日帰り雪山登山

四阿山

2017.1.29、黒斑山の翌日は四阿山を歩いてきました。

厳冬期の四阿山(あずまやさん)

四阿山(あずまやさん)は長野県と群馬県の県境に跨る山。標高2,354m。日本百名山の一つに数えられている。吾妻山・吾嬬山(あがつまやま)などとも呼ばれ、嬬恋村では吾妻山が用いられている。

あさまの森オートキャンプ場を6時過ぎに出発し、あずまや高原ホテルへ移動。最後のアプローチだけ道路に雪はあったけど、二駆のヴァナゴンさんでも無事に到着することができた。今日もスタートラインに立てる幸せw。この時期の山に登るなら四駆かなぁって思う。悩ましいところ。

厳冬期の黒斑山へ〜子供と日帰り雪山登山

2017-01-31

7時過ぎ、あずまや高原ホテルの登山者専用駐車場(無料)に到着。2台ほど空きがあってセーフ。

7時半、出発準備を整えて、四阿山へ。3.5Hとは、手応えのありそうな山。この時期の四阿山は、ヤマレコを見てると、風が強くて山頂までとってもハードなイメージ。我が家はちょっと不安あり。

でもね、そんな不安もすぐに消え去った。まじかー、今日も晴れかよ(笑)
嬉しい誤算というか、こんなに晴れると思ってなかったから、なんだか嬉しい。今日も大当たり?

牧草地に入ると視界がひらけ、左から根子岳、中四阿、四阿山が。近いようで遠いパターン。山あるある。でも、ゴールが視界に入ってるのは、気持ち的に楽かな。

mokaさんが誰もいない雪原を駆け上がってくる。後ろに中央アルプス〜御嶽山〜乗鞍〜北アルプスを従えて。しょっぱなから絶景で出迎えてくれる四阿山。イカスぜ

風もなく、雲もなく、気温もそこまで低くなく、今日も大当たり。ソウタはアウターを脱いで、フリースのみ。僕も昨日と同じくベース+フリースの2枚。それでも、汗ばむほどのコンディション。他の登山者も、こんな穏やかな日はなかなかないと言ってました。

スノーシューハイク

久しぶりのスノーシュー。ツボ足だと踏み抜くので、シューかワカンがないと厳しいかな。ソウタは体重が軽いから踏み抜くことも少ないし、歩きやすいようにアイゼン歩行。でも、思ったより歩きにくそうにしてたから、ちょっと可哀想だった。じんわりと脚力を奪われたよう….。スノーシュー履かせてあげれば良かったかな。

シュカブラ。牧草地エリアは風を避ける場所がないから、吹きっさらしの強風を受けると厳しいルートになる。

気持ち良すぎ〜。バックカントリースキーの滑走跡が無数にあり、スノーシューのトレースも複数。みんな自由に登って降りて。我が家も下山時は、ココをアレで駆け抜ける予定。辛い登りも最後の楽しみを考えれば、何てことはない。ふふふ

樹々の観察も忘れずに。ソウタは春を待つ植物を観察するのも大好き。春が来れば、さらに楽しい山歩きが待ってる。まだ冬だけど、今から楽しみだね。

中間地点になる中四阿への分岐を過ぎると、徐々に斜度が増してくる。ソウタはピッケルを片手にグイグイ登る。僕はストック&スノーシューのまま。MSRのスノーシューはリフターをあげるとかなり楽に登れる。

北アルプスの屋根感w。これは紛れもなく日本の屋根。穂高や槍ヶ岳はもちろん、右は白馬岳まで、くっきりと見える。

鹿島槍ヶ岳五竜岳唐松岳、不帰嶮(かえらずのけん)、昨年秋に歩いた白馬三山も。ため息しか出てこない。はぁ、これを見れただけでも幸せ。ソウタも綺麗〜を連呼。わかってるね〜

白馬三山縦走&秘湯白馬鑓温泉へ〜子供とテント泊登山(後編)

2016-09-19

白馬三山縦走&秘湯白馬鑓温泉へ〜子供とテント泊登山(前編)

2016-09-14

昨日歩いた黒斑山や浅間山方面。今日は噴煙も控えめ。中央にはうっすらと富士山も見える。

厳冬期の黒斑山へ〜子供と日帰り雪山登山

2017-01-31

8合目あたりから斜度も増してくる。歩けど歩けど、なかなか着かないw。簡単には登らせてくれない四阿山。ソウタも脚に疲れが見え始め、ちょっとペースダウン。と言っても、それなりのペースだから、立派なんだけどね。

おぉ、ようやく四阿山の山頂が見えた。もう一息。

期待していたスノーモンスターは不発。連日の気温でご覧の通り。北側だけちょっと残ってる程度。残念だけど、致し方ない。

山頂が近づいてくると、気温も下がり、風も出てきた。アウターを羽織り、バラクラバを装着。ここからは厳冬期の雪山が顔を出してきた。防寒対策はバッチリなので、怯まず進む。

山頂直下の急登を登り終えると、ついに見えた!よろけるほどの強風ではないけど、雪庇があるので慎重に通過。ソウタは「エベレストみたいだね」って。もちろん行ったことなんてないし、イメージなんだけど、彼なりにそう感じたんだろうね。確かに、山頂付近は、風も強く、今までの緩やかな登りとはガラッと雰囲気も変わって、雪山の厳しさを感じた。

百名山、四阿山(2354m)、無事に登頂〜!息子をリスペクト。おめでとう!すごい。

チームハレボーイズの3人で。ボーイズは1人だけどw

手元の温度計では-13度、風速計は7.8m。天気が良いとはいえ、-13度もあったとは、どうりで寒いはずだ。mokaさんがバラクラバをしていないのは、やっぱり誰よりも山男なんだと思った(笑)

created by Rinker
¥6,501 (2019/04/18 18:13:47時点 楽天市場調べ-詳細)

山頂で「子供用のアイゼンなんてあるんですね〜」と聞かれましたが、子供用ではなくて一般的なアイゼンを一番短くして使ってます。靴のサイズは20cmだけど、外寸で24cmくらいあって、ブラックダイヤモンドのコンタクトストラップ10本爪を一番短くしてちょうどいい具合にフィッティングしてます。詳しくはこちらを参考に→子供のアイゼンについて

ピッケルも子供用というのはないので、50cmの短い軽量タイプを使ってます。

手前に根子岳。奥は妙高、火打方面。今年こそは登りたい。

残雪と雷鳥と大雲海の火打山〜子供と雪山テント泊登山(後編)

2017-06-05

残雪と雷鳥と大雲海の火打山〜子供と雪山テント泊登山(前編)

2017-06-02

ここ四阿山山頂から谷川岳へと続く100kmものロングトレイルコースが来年開通予定らしいですが、期待しちゃいます。ソウタと2〜3日で100km歩けるくらいの走力と体力は身につけたいところ。

ぐんま県境稜線トレイルPDF
県境稜線トレイル 未整備区間9キロ調査 18年度開通目指す
谷川岳、四阿山など稜線100キロ巡る自然歩道 群馬県が整備

名残り惜しいけど、下山です。今日もありがとう。思わず感謝しちゃうくらい、最高の眺め。ソウタ、頑張って良かったね〜

風の弱いところまで戻って、今日もカップ麺ランチ。

エアボード下山

さぁ、食後のお楽しみタイム。まずはヒップソリ。
トレースを外れた雪面でも、ソウタくらいの体重ならスイスイ滑走できちゃう。

お次は、秘密兵器の登場(笑)これがやりたくて、エアボードソフトをザックに忍ばせて担いできたの。ザックの中に収まるし、そこまで重くもないから、本気で滑るならヒップソリより断然こっちがオススメ。スキーやボードは担げないけど、これは子供の滑走道具としてかなり優秀だと思う。

去年、セールで5000円で購入。値上がりしたのかな?

誰もいない、トレースもない。そんな場所を自由に滑る。本当に気持ち良さそうだ。本来の乗り方じゃないけど、気にしない。牧草地エリアの上から下まで、上手に乗れば多分ノンストップで一気に降りられるくらい。

14時、無事にゴーーール。休憩含め、約6時間半の山行でした。決して歩きやすいトレースではなかったけど、最後までよく頑張ったね。お疲れさま。

渋沢温泉

下山後は近くの渋沢温泉へ。ここ、とても良い温泉でした。休憩所にはカットりんごの無料サービスもあって、ナイス!

◉入浴料 大人:500円/子供:250円

黒斑山と四阿山の大当たりをお祝いして。乾杯!!mokaさん、お付き合いありがとうございました〜。マジで最高でしたね。またよろしくです!

まとめ

四阿山。この時期のこの山はちょっと厳しいかな?と思っていたけど、無事に登頂。今回は条件が良すぎたので、あまり参考にならないかもしれないけど、登頂という結果は何よりも僕ら親子の自信になった。準備もしっかりできたし、装備面も問題なかったし、道中のペースも歩き方も今まで通り。しっかり成長できてるなって。雪の四阿山を歩いて、また少し経験値が上がったかな。四阿山、良いお山でした!

長男の後ろ姿がどんどん逞しくなる。さぁ、次はどこ歩こうかなぁ。