三男、初めての山歩きは高尾山へ~子供と登山

親子登山

2018.4.14、ゲンタとユウタの3人で高尾山へ

山を歩きたい

西穂高岳独標以来、山に行けず、ミシンと向き合う日々。明らかな運動不足で、体が重い。こういう時はやっぱりのんびり歩きたいもの。子供達も新学期が始まり、少し落ち着きてきたようだし、そろそろ山に行ってみようか。ソウタは骨折中なので、残念ながらお留守番。普通に歩けるけど、さすがに山道はちょっと危ないよね。二次災害は避けなければいけないからw、我慢してもらおう。ゲンタとユウタを引き連れて、もしかして初めての3人パーティーになるのかな?近場でユルめの高尾山を歩くことにした。

厳冬期の西穂高岳独標へ(後編)~子供と雪山登山

2018.03.05

厳冬期の西穂高岳独標へ(前編)~子供と雪山登山

2018.02.27

 

ユウタは歩く気満々でも、ゲンタは、ソウタが行かないから留守番したいと言い出す始末。僕がどうしても歩きたかったので、半ば強引に誘い出す。すると、いつもと違う電車移動で気分が高揚したのか、すっかりお出かけモードなゲンタ。ほんと気分屋さんなんだから。

裏高尾散歩

2017.04.27

次男のチャレンジハイク!小仏峠~高尾山縦走

2016.06.21

春の高尾山〜ファミリーハイク

2016.04.12

初めて尽くしの高尾山歩き

2015.06.29

 

電車ハイク

今日は電車移動。高尾に行くときはかなりの確率で電車を使ってる。乗り換えはめんどくさいけど、40分で登山口だから、楽ちん楽ちん。

 

実は、久しぶりに大人パンツを試作したので、履き心地テストもしたかったの。お尻大きめ腿太めなので、腰回りを大きく作ってみたんだけど、想定より太くなってしまった。でも、シルエットはなんとか次第点。パターンも縫製もド素人から始めたので、こういうところで差がでるんだと思う。服飾関係のスキルがある人は、ささっと思い描くパターンが作れるんだろうな。

 

小学生になったゲンタは、ちょっと大人になったかな。電車移動もなんのその。ユウタがいるので、ゲンタがしっかりしてくれて本当に助かる。

 

稲荷山コース

タイトルに「初めてのー」と書いたのは、ユウタが、背負子を卒業し、今回から自力歩行登山となったから。我が家の背負子は年齢制限があり、4歳以上は乗車不可(笑)もうすぐ4歳のユウタも、強制的に卒業。もう自分で歩かなきゃね。

年末の金時山でも9割くらい歩いてるけど、時間がかかるところだけ、背負ってしまったので除外。2月の入笠山も、背負子は持たなかったけど、肩車してしまったので、これも除外w。今回の高尾山が、晴れて自立歩行登山の第一歩となったわけ。さぁ、どれだけ歩けるのか、パパに見せておくれ。完歩できたら最高だけど、疲れて歩けなくなったら、そこを目的地として終了。気楽に行こう。

 

我が家の定番、稲荷山コースから山頂を目指します。稲荷山コースって、本当に歩きやすい。

 

登りは稲荷山コース~高尾山頂~下りは6号路と、約6.5kmのコースを予定しているけど、どうだろうか。初回にしては高めの目標設定かもしれないけど、金時山をほぼ歩けてたし、歩きやすい高尾なら大丈夫だろう。

 

なぜか、歩きにくい場所を通ろうとする子供達。子連れハイクあるあるだよね。大人なら一跨ぎという現実(笑)でも、身体の小さい子供達にとっては大冒険なんだろうな。

 

先を行くユウタ。ソウタ・ゲンタに比べると、身軽ですばしっこいタイプ。山を歩くのが好きになってくれると良いけど。

 

今日の山コーデは、ズボンにasobitogear のYAMA-Pants(Deep Forest)、上着はパタゴニアのキャプリーン、そしてサコッシュが、ASOBI-POCKET(White×BlackHeather)。靴はサロモンのシナプスキッズ。ユウタもほぼ同じ。DeepForestは、山に合うなー。

 

お菓子モグモグタイムは、子供達の楽しみな時間。今日はゲンタをリーダーとして、彼に休憩のタイミングを任せます。

たくさんのお菓子も、ジュースも、ハンカチも、拾ったドングリも、全部ASOBI-POCKETへ。大容量&前ポケットは、今後の流れになるんじゃないかなって感じてる。

 

順調に進むパーティー。今日はすこぶる調子が良く、案外ペースも早いよ。ゲンタは5回目だし、慣れたものか。11時出発と、少し遅めだったから、そこまで混んでいなくてラッキー。

 

進め進め。お兄ちゃんに負けず、頑張れ!

 

ほどよくお菓子休憩をしながら、笑顔で歩く。ゲンタのペース配分が絶妙で、かなり助かった。ユウタも疲れた素振りを見せず、頑張って歩いてる。あぁ、なんて平和なんだろう。背負子じゃないってだけで、こんなにも体への負担がないとは。子供1人担ぐって、やっぱり重いんだなって。ズシっとくるもんね。

 

ばってん。さぁ、もうすぐ山頂だ。

 

高尾山頂

高尾山に到着ー。ゲンタ、ユウタ、頑張ったね!タイムも早くて、ユウタなかなかやりおる。

 

さぁ、カップ麺でも食べようかと空いてるスペースを探していたら、@h.takezawa さんに遭遇!お肉を焼いてました(笑)実は、昨年末に雪の谷川岳でも偶然会ってたりします。山の大先輩から、スリル満点なお話を聞かせてもらい、楽しいランチ。またの再開を期待してます!写真も撮っていただきありがとうございました。

 

山では必ずカップ麺。赤いの青いのと、それぞれ好みが違う。それにしても、良い天気だ。家を出たときは、どんより曇っていたけど、高尾はほぼ晴れだった。山の晴れは正義。

ビジターセンターで高尾のお勉強をしてから下山開始。

 

6号路から下山

6号路は、途中、沢の水で濡れていて少し歩きにくい箇所はあるけど、それもほんの少しだけ。沢沿いをゆるーく歩けるので、いつも下山に使ってる。番号が振られた看板も立っているので、子供達と番号を数えながら、次は○○、次は○○、と歩けるのも良い。

 

前方から「悪徳商人」がやってきた時は、チビリましたww

 

いつもなら、下山のこの時間帯が一番、気持ちが切れて疲れたー攻撃が出やすいんだけど、今日は違う。スタスタと歩く姿に、ゲンタもユウタも、着実に成長しているんだなって嬉しくなった。

 

何があるのかな?
山には、至る所に好奇心をそそるものがあるよね。目で見て、触れて、たくさん感じて欲しい。子供の山歩きってやっぱり良いなぁ。

 

無事、完歩したユウタ。コースタイムも巻いて、あなた、やりますな!ゲンタも余裕で歩いてたし、今年はテント泊行けるかも。5人でテント泊、うーん痺れるテーマだ(笑)買い替える道具、作るべき道具が多すぎて、夏までに間に合うだろうか….

 

ゴーーール!お疲れ様。ユウタの万歳が、妙に可愛くて、萌える(笑)力いっぱい、広げてる感が伝わってくるw

 

駅前でご褒美ソフトを食べ、電車に乗って帰宅。ユウタは車内で爆睡だったけど、ゲンタは眠気に耐えていた。乗り換えもあったし、起きててくれて、本当に助かったのは言うまでもない。今日は、ユウタの走力が把握できたし、ゲンタのお兄ちゃんっぷりも垣間見ることができたし、僕はのんびりと気持ち良く歩けたし。ナイスハイクでした!

 

ユウタの怪我

と、思ったら、ユウタくん、まさかの怪我(涙)ドアの後ろに隠れるユウタも悪いし、普段からドアを力いっぱい開けるソウタも悪いw。前爪が皮膚ごとバックリと剥がれまして、けっこうな出血もありまして、日曜に救急へ。まぁ、爪は剥がさず、新しい爪が生えるのを待ちましょうということ。なんとか幼稚園にも行ってるし、普通に走ったりしてるので、そこまで重傷ではなかったのが幸い。

生傷が絶えない三兄弟。無傷のゲンタが、いつも以上に慎重に行動してて面白いw