厳冬期の西穂高岳独標へ(前編)~子供と雪山登山

西穂高岳独標

厳冬期の北アルプス、西穂高岳独標をソウタと歩いてきました。(2018.2.24~25)

厳冬期、雪の北アルプスへ

毎年地道にステップアップを重ねてきた我が家ですが、今冬シーズンの目標の一つに、北アルプスがありました。候補は、唐松岳か西穂高岳独標。厳冬期の北アルプス稜線は、強風のイメージばかりだけど、実際どんなものなのだろうか。期待と不安もある中、今シーズンまだテント泊ができていなかったので、それも兼ねて西穂山荘をベースキャンプとして西穂高岳独標を目指すことにしました。

天気予報は、どちらかと言えば悪い予報。土曜日に限っては、ヤマテン予報でも風速25m前後、視界不良、テント倒壊など注意事項が盛りだくさんの予報でしたw。この予報を見て中止にする方も多かったでしょうね。初日は山荘停滞を前提に、予定通り向かうことに。

mokaさんこはなのさんBeefさんに、我が家まで来てもらい、白ヴァナゴンに乗り換えて出発。交通費の節約になるし、相乗り移動は助かります。2日間宜しくお願いします!

 

荷物はUltralightとはほど遠い、ウルトラヘビー。この時期のテント泊、どうしても荷物が多くなってしまう。いや、テント泊の道具というより、雪山に必要なアイゼンやピッケル、ショベル、今回はヘルメットやハーネス、12mのロープなど削りようがない道具があるので、どうしてもウルトラヘビーになってしまうんです。あぁ、測るのも恐ろしいw

Easton Gold 24″ ペグ専用キューベンファイバーケース

2017.11.27

 

ソウタには5kgほど背負ってもらう。先月のくろがね小屋泊より重く、今までで一番の重さになるのかな。これが後々堪えてましたw。ASOBI-POCKETには、お菓子と水筒。忠太さんもレビューしてくれてましたが、ペットボトルや水筒は縦にも横にも入るので、冬季でも水分補給がしやすくなるのはメリット。雪山に限って言えば、前ポケット及び大容量サイズって、意外とニーズがあるなって。

【フィールドテスト】ASOBI-POCKET

2017.11.06

MYOG:子供用Backpack by あそびとギア

2016.12.04

 

新穂高ロープウェイで一気に標高を稼ぐ

新穂高ロープウェイ乗り場。ここから2本乗り継いで、標高2,156mの西穂高口駅まで一気に標高を稼ぎます。JTBでお得な割引チケットが購入できるのでオススメ。往復の手荷物料金分(600円)が安くなるので有難い。我が家はソウタと合わせて往復3,450円也。

JTB割引チケット/新穂高ロープウェイ 連絡往復乗車券
12歳以上 →2,900円のところ 2,300円
6歳以上 →1,450円のところ 1,150円
※コンビニで購入できます(※詳細はHPをご覧ください)

 

西穂山荘を目指して

予報が外れて晴れることを期待していたけど、ずばり予報通りでしたw。乾いた雪じゃなくて水分を含んだ少し重い雪が深々と降る中、黙々と西穂山荘を目指します。遅かれ早かれ付けることになるので、駅からアイゼン歩行で。

 

このエリアは八ヶ岳のように、モンスター化しないのかな。木々に降り積もった雪を眺めながら、のんびりスノーハイク。こういう雰囲気、嫌いじゃないです。雪山っぽくて好き。

 

前回の武尊山から新規導入した子供用のサングラス。とてもカッコよくてお気に入り。気に入りすぎて、三兄弟おソロ&パパママも同じメーカーの別フレームで揃えちゃった。家族5人、夏はこれをかけて山歩きしたい。近々記事にします。

Dang Shades ダン・シェイディーズのキッズサングラス

2018.03.07

 

でっかいモンスターと戦ったりしながら、悪天候の中歩きます。稜線も見えないし、雪は降ってるし、標高を上げると風も強くなってきたし、テント泊大丈夫だろうか…

 

ソウタが珍しく足が痛いと弱音を吐いた。5kgとはいえ、慣れない重さが足にきたのかも。花粉で鼻水、目の痒みもひどく、体調が万全でなかったのもあると思う。山荘手前の急坂で、少し進んでは止まって、また少し進んでは止まっての繰り返しでペース上がらず。時間も早いし焦らずゆっくりと。

 

山荘が近づいてくると、天気が一変。猛吹雪と視界不良。ちょっと弱気のソウタに、この環境でテント泊はちょっと残酷だな。

 

荒ぶる稜線、そして小屋泊へ

吹雪。多少の風なら、テントを張っただろうけど、ちょっと厳しい。体感温度も一気に下がるし、ソウタに外で遊んでてと言えるほどの環境でもないし、無理だったw。正直、小屋手前からテント泊は無理かなって思ってた。

我が家の親子登山においては、「子供と楽しく雪山歩き」が基本なので、無理はしません。この日は、僕基準でも、゛間違いなく楽しめない゛でしたから。ソウタのホッとした顔を見て、一安心。

 

かんぱーーい!メンバーと協議の結果、全員小屋泊へ変更(笑)ハードなテント泊を楽しみにしていたみんなに、なんだか悪いことしちゃったかな。

 

とりあえず、今日のピークだけは踏んでおく。といっても偽ピークだけどw

 

安定のmoka鍋。ご馳走さまです!

 

雪に埋めて、インスタ映えしそうな写真を撮るためにもってきたのになぁ(笑)それは冗談で、冷える体を少量のアルコールで温めるには、ウオツカとかバーボンとか、キツイ酒だよなって。モンゴルの夜を思い出す。

 

荒ぶる稜線。一向にやまない強風。受付時、丸山で動けなくなったと警察に救助要請する登山者がいて、ちょっとビビった(救助到着前に自力で山荘まで戻れて無事だったようです)。北アルプスの稜線、甘くはなかったです。

 

ちょっと外に出ると一瞬で凍える。さすがのソウタも、外で雪遊びはできず、小屋で暇を持て余していた。ケータ君がいればなぁ(笑)

 

テント泊の勇者達。最終的には5張だったかな。これだけの雪壁を作っても、普通に風を受けていた。

 

これくらい掘らなきゃダメかw。ここまでくると、快適そうに思える不思議w

 

本館入口は雪で埋まっていて、良い雰囲気でした。

 

何度か外の様子を見に行ったけど、相変わらずの吹雪。Kidsプリマロフトパンツのテストにはもってこいの環境ではあるけどね。

厳冬期テント泊も冬キャンプもこれで万全!子供用の保温パンツ、キッズプリマロフトパンツ/Kids Primaloft Pants

2017.11.21

 

ゆっくりソリ滑り。なんて気分にもならず、小屋で呑んで食べて話して、昼からゆっくり過ごしました。たまには良いよね。

 

今夜の夕食は信州名物の山賊焼き(鶏のから揚げ)

 

いただきます!ずっと呑んで食べてだったけど、夕食もしっかり頂きました。ごはん2杯で満腹っす。

2度目の小屋泊だけど、なんだろう、すっかり骨抜きにされた感じ(笑)やばいなぁ、テント泊できない体になったらどうしよう。いや、それでも良いのかなw

ちょっと早めに20時半に就寝。寝る前に星が見えていたから、明日は晴れるだろうか。このまま帰ることも覚悟はしてるけど、できることなら西穂高岳独標に登りたい。晴れてくれますよーに。

後編に続く