次男のチャレンジハイク!小仏峠~高尾山縦走

幼稚園

2016.6.19、次男ゲンタと初の父子ハイクへ

初デュオ&チャレンジハイク

いつもソウタとばかり歩いているお山。実はゲンタと二人で歩いたことがない。術後明けのソウタは休養中だから、ゲンタと二人で歩くには絶好の機会到来といったところ。普段、ソウタと一緒に過ごす山旅時間をゲンタとも共有したいなーと思って、トレーニングも兼ねて歩くことにした。

トレーニングの目標は10km。問題ないか?と言われれば、今のゲンタには微妙な距離かもしれない。でも、ケーブルカーでエスケープできる高尾山なら、万が一距離が長くても下山に使えるから安心だろう。高尾と決まったら、10km歩けそうなコースを選定。

コース
高尾駅(Start)〜小仏バス停〜小仏峠〜城山〜高尾山〜高尾山口駅(Goal)
ヤマプラで調べてみると、ちょうど10kmくらいで、ゲンタでも歩けそうなレベル。

 

高尾駅近くのコインパーキングに車を停めて、7:12の小仏行き始発バスに乗車。ギリギリ座れたのがラッキー。

高尾駅周辺のコインパーキング:どこに停めても1日上限@1000円が相場でしょう
高尾駅から小仏行きバス:大人@230円/小学生以下の子供@50円(京王バス)

 

20分くらいで小仏に到着。(トイレ有り)
すぐに身支度を整え、出発します。

 

しばらく車道を歩くので、お花を見ながらのんびりと。
ゲンタはソウタほど好きではないけど、見たり探したりするのは興味あり

小仏トンネルの近くに景信山への分岐。一瞬、景信経由で行ってみようか?な〜んて思ったけど体力面で厳しいので迷わずスルー。

 

車道の行き止まりから登山道スタート。さぁ頑張ろう!

ゲンタにあそびとギア asobitogearの4Pocket キッズショートパンツを穿かせてみる。
適度な薄さと短さのお陰で涼しいみたい。これからますます出番が増える予感。増産せねばw
今日も子供ハイクのお供としてサポートしてもらいます。

 

時間が早いからまだ涼しく感じるけど、自分は既に滝汗…
低山がツライ季節だね。

 

水場があれば迷わず涼む。暑さでヤられないためにクールダウン。

 

徐々に標高を上げていく。彼なりのペースで確実に登り、そして進んでいく。小仏峠までの登りがこの日一番標高差がある。ここをクリアすれば、後はゆるやかな道になるはず。

 

ゲンタの頑張りで、無事に小仏峠に到着。
第一関門クリアといったところかな^^

 

グミとか食べて小休止。城山であるものを食べる予定なので先に進みます。
ゲンタが「さぁ、進みましょうか」って(笑)まだまだ余裕があるね。

 

相模湖を一望。
いつも車から見る風景を今日は山の上から眺めてみる

 

6月らしく紫陽花が綺麗に咲いていた

 

こういうフラットな道もあるから、足休めにもなる。
高尾エリアのメジャールートは整備されているから、子供でも歩きやすい。

 

城山に到着。

 

お目当ては・・・城山茶屋のかき氷!
メガ盛り@400円。シロップかけ放題。ゲンタはイチゴ味をチョイス。
想像を超える大きさ(笑)

 

特大かき氷にご満悦。同時に食べきれるかなぁ…という不安が(汗

不安的中(笑)ある程度食べたら飽きたみたいで、自分がほとんど食べることに(^^;;
食べ終わる頃には震えるほど寒くなったw。しかもお腹まで冷えて辛いw。小さい方にしておけば…

 

二人で記念撮影。新鮮なツーショット
城山って高尾山よりも高くて、670mもあるんだ。知らなかった。

 


ここからは後半戦。城山からランチ予定の高尾山を目指す。
まだ普通のペースで歩いてるけど、「疲れた」「休む」というワードが増加傾向(笑)
同時にパパの腕の見せどころだったりする。

 

一丁平の展望デッキで少し休憩。曇り空だけど丹沢方面の山々が見えた。
神奈川県の最高峰、蛭ヶ岳か。

モミジ台手前の階段がとても長く感じる。「階段長いですよ」って声掛けられて「たぶん大丈夫だと思います」って答えたら、全然大丈夫じゃない子がいた(笑)階段じゃない道を歩けば良かったと反省^^;;。ゲンタは階段が嫌みたいでペースダウン。

 

そんな時、ニホントカゲに遭遇!しかも2匹。
良いタイミングで出てきてくれてありがとう。と彼らに感謝w。なんとかモチベーション維持。

「モウスコシ」「モウスコシ」の呪文を何度も唱えて、モミジ台に到着。ふぅ〜。

 

山頂は混んでいるだろうから、ここでランチ休憩に。持参した茹でトウモロコシとサンドウィッチ、お湯を沸かしてカップ麺を啜る。うみゃい!

 

食後は山頂へ移動し、3回目にして初めて高尾ビジターセンターへ入る。

 

とても綺麗な施設で、子供が楽しめる展示が多数。
もっと早く立ち寄るべきだったなと。。次はソウタも連れてきてあげよう。

 

センターを出てトイレに行こうとしたら、インスタの@luke0315さんと遭遇!!
北高尾30kmをトレラン中で、さっきまで陣場山にいたのに高尾山で出会うという、この速さ。足元はルナサンダル。全てが格好良かったのでした。ゲンタと記念に(^^

 

ゲンタくん、3度目の高尾山登頂!(1回目2回目
頑張って歩いてきたね。おめでとう。

 

ここまで歩いた距離は6.5kmほど。あとは下山するだけとはいえ、疲れもピークに達していて、脚も痛いようなのでペースは上がらず。休んで歩いての繰り返し。早く出発しているので時間には余裕があるから焦らず降りることに。表情もどことなく疲れ気味w

 

全ては気分次第。
こんな笑顔をしたかと思えば、疲れた〜脚が痛いと涙を流すこともあるw

最後の30分は半べそをかきながら歩いてた。何度か座り込んで一緒に休むこと数回。
コツというか、こういう状態では親がじっと我慢するしかないよね。ネガティブ発言は火に油を注ぐようなものだから、優しく見守りつつ、頑張ろうと誘導したり励ましたり笑わせたり。

 

頑張って前に進む子供の背中を見つめながら。さぁ、もう一踏ん張り!頑張れ〜
「モウスコシ」「モウスコシ」の呪文も忘れずにw

 

10kmはちょっと長かったかな?と思ったけど・・・無事にゴール!!
時間はかかったけど目標達成。素晴らしい(^^

 

紫陽花を眺め、登山の疲れを癒す

 

もちろんご褒美のソフトクリームも忘れずに。
まだ涙目のまま(笑)

 

まとめ

ソウタが山に行って、アイスを食べたり、温泉入ったり、さらにご褒美で本を買ってもらったりしているのをゲンタはいつも見ている。「ソウタ、いいなぁ…」とつぶやくことも何度かあって、申し訳ない気持ちだったのは確か。だから、この日はいつもの逆で、ゲンタが主役になる日。
目標だった10kmを完歩したので、ご褒美に欲しがっていた図鑑を買って帰ったら、ソウタが「いいなぁ、ゲンタだけ買って」って(笑)いやいや、いつもはソウタが買ってもらってるんだからw
得意気に、そして嬉しそうに図鑑を抱えているゲンタを見て、今回の成功を確信。良かった〜。
ナイスな父の日ハイクとなりました。

彼にとって無理のない、そして楽しめる山歩きを今後も続けていくつもり。
今年の目標はゲンタのテント泊山行。歩けそうな山域のイメージはできたし、距離も把握できたので、次回はソウタと3人で楽しく歩こう。

 

お疲れ様^^

 

歩いたルートの標高グラフ。改めて見ると、よく頑張ったねぇ。

 

授業参観日

高尾山ハイクの前日は、幼稚園の家族参観日でした。
工作タイムで真剣な表情のゲンタ

 

できた!これを使ってみんなでゲームするよ

 

歌のプレゼントもありがとう。

 

好きな顔を描いていいよと言われて描いたのがパパじゃなくてユウタ。
毎日一緒に遊んでるからかな。

 

ゲンタの担任はサッカー好きな3児のパパ先生。
今年一年、お世話になります。

 

久しぶりの幼稚園行事は楽しい時間でした。

 

おしまい