秋晴れの大山へ~日帰り家族ハイク

大山

2018.10.21、鳥取じゃない大山を家族で歩いてきた。

人気の大山へ

神奈川にあるのが大山(おおやま)。今年の冬に歩いたのは、鳥取にある大山(だいせん)。丹沢は、自宅から近いんだけど、ヒルのイメージがあって、無雪期にはなかなか足が向かなかった。過去2回はいずれも冬の時期。ユウタが歩けそうな、比較的近い山(高尾以外で)を探してたら、そういえば、大山はまだ歩いてなかったなーと。今ならちょうど良い気がしてね。家族全員では初の丹沢。

厳冬期の伯耆大山(鳥取)へ~子供と雪山登山

2018.01.12

丹沢山で山はじめ〜子供と日帰りハイク

2017.01.10

鍋割山ハイク〜丹沢

2015.02.16
第二駐車場(バス停近く)は7時過ぎで満車。数台前の車がギリギリで入れてたけど、我が家は結構下のリパークへ。値段はどこも同じで、1日@1000円。5時半に自宅を出たけど、ダメだったか。

 

駐車場からケーブルカー駅へ。もちろん、この時間は営業していないので、必然的に歩いて登ることになるわけです。ケーブルカー駅が310mで、大山山頂が1252mで、単純な標高差は942m。実は、これだけ高低差のあるコース、ユウタには初めてだったりするw。ただ、距離も短く、コースタイムもそこまで長くないから、問題ないだろうということで。

 

漢は黙って男坂。ということで、我が家は男坂からケーブルカーの終点である阿夫利神社下社を目指します。女坂・男坂って、他の山でもよく見かけるけど、個人的には距離も急登具合も、さほど変わらないイメージなんだけど、どうだろうか。ここの女坂は、木の階段が多いみたいで、男坂は登山道っぽいみたいなので、歩きやすさ優先で。

子供の山歩きで、僕が感じる一番の難敵は、大きなゴロゴロした岩の道と、実は階段や石段だと思ってる。足の上げ方が変わってくるので、より疲れやすく、早めにバテる傾向。もちろん子供によって違うだろうけど、過去の経験では階段に良い思い出はない。

 

男坂の序盤は石段ばっかりで、嫌な予感(笑)

 

やっぱりこういうトレイルが歩きやすいし、山っぽい雰囲気あるよね。

 

石段っぽいけど、整備されたトレイルってところかな。両手両足を使って頑張るユウタ。

 

「パパ見て~、お尻の葉っぱ」と近寄ってきたユウタ。歩きながら、そういうの見つけるのって、良い事だと思う。他にも変わった形の小枝とかを拾って、サコッシュに入れてと。とりあえず、ご機嫌で歩いてくれるのが一番。

 

小さな子供にとってはエベレストだ。とはその通り。何気ない石段だって、必死に登らなきゃいけないんだ。頑張れ~

 

コースタイムの2倍かけて男坂を登り、阿夫利神社下社へ。いや~、4歳児との登山は忍耐力が試される。それを久しぶりに思い出したw

 

ここからが登山口なんだよね。90分なので、我が家は2時間みておけば良いかな。ソウタは、早くして~と、マイペースであるけなくて、少し可哀想w。

 

神社裏手の急な長い階段を登れば…

 

山っぽくなってきた。そろそろ9時だし、ケーブルカーの運行も始まるから、人が増えてきそうだ。

 

夫婦杉。デカすぎ

 

ペースは遅いんだけど、とりあえず、楽しみながら進んでる。集中力が続かなくて、STOP&GOの繰り返しだけど、まぁ4歳だから。天気も良いし、のんびりいこう。と自分に言い聞かせるw

 

伊豆大島が見えた。丹沢の良さは、海のある風景だよね。鳥取の大山に似てるかも。

伯耆大山から見た日本海。似てないか…

 

先行してたゲンタがペースダウン(笑)彼は、モチベーションの維持を上手にしてあげないと、こうなるのだw。ユウタ&パパチームに合流して、3人でゆっくり行くことに。

 

拾った枝をこんな感じで刺してあげれば、ツノが生えた~なんて喜んで、あっという間にご機嫌に。さらに、しりとりで追い打ちを掛ければもう問題なし(笑)。

何事もそうだけど、「楽しく」が一番かな。もちろん、キツイ時間帯や踏ん張りどころはあるけど、そんな時も一緒に乗り越えてあげるのが良いよね。我が家の尊敬する忠太家親子は、急登で掛け声かけながら、Mっ気前回で楽しそうにしてるもん(笑)

 

自分のペースさえ戻れば、今日のルートならゲンタにとっては余裕でしょう。この後、ソウタ&ママチームに合流しましたとさ。良かった。

 

再び、ユウタと2人になったところで、写真右手の土手っぽいところに、突然鹿が現れた。後ろを歩いていた人が、驚いて叫んで、初めて気が付いたんだけど。ユウタにとっては、山で鹿を見たのは大台ヶ原以来か。やっぱり、自然の中で出会う動物は、迫力あるし、興奮するよね。ユウタも元気が出て、しばらくの間は鹿の話をしながら歩けたので、鹿さんありがとう。

日本を代表する原生林、大台ヶ原を家族で歩く〜GW奈良・三重遠征その1

2017.05.15

 

富士山ドーーーん!良い具合に雪が降ったみたいで、これぞ富士山な感じが良いね。

 

せっかくなんで記念撮影を。もう3人同時にカメラ向いてくれないw

 

歩いて止まっての繰り返し。もうすぐ山頂だけど、なかなか進まないのだ。グッと堪えて見守る父。

 

最後のひと踏ん張り。ヤビツ峠からの登山者が多くて、一気に登山者が増えた。

 

大山(1252m)に到着!よく頑張りました。爺ヶ岳に続き、日本三百名山をGETだね。3人の記念写真は、意思疎通が全く取れずw。ゲンタだけ、ニコニコ笑顔(笑)

 

家族で。みんな、よく歩いたね。おめでとう~

 

山頂は大賑わい。我が家も早目のランチタイム。カップ麺が3つだと、現地で沸かすより、山専ボトル900mlにお湯を入れて持参した方が楽なんだよね。時短もできるし。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◇サーモス・山専ボトル FFX-500
価格:4752円(税込、送料別) (2018/10/26時点)

 

遥か向こうに東京のビル群。ナイスビュー

 

伊豆半島方面。山頂は360℃の絶景で、人気なのも頷ける。ケーブルカー利用なら、往復3時間程度だし、お手軽だよね。子供もたくさん歩いてた。

 

富士山も見納め。

見晴台経由で下山

帰りは、見晴台を経由して帰ることに。遠回りになって距離が延びるけど、阿夫利神社からはケーブルカーで降りるし、総距離8kmは、ユウタも過去に歩いてる距離だから問題ないはず。こっちは、歩きやすそうだし眺めも良いし。

 

下りは、本人も速いと思ってるらしく、良い感じで降りていく。子供の体重なら、圧倒的に登りより楽だもんね。走れそうなところは駆けっこしながら。

 

徐々に街が近づいてきた。眺望もここまでで、見晴台からは森の中でした。

 

見晴台で小休止して、ケーブルカー駅までこのような崖の道をトラバースしていく。柵(チェーン)があって、安全ではあるけど、体が小さいと落ちそうなので、転ばないように。登りでこのルート使う人もいたけど、表参道コースより歩きやすいという印象。

 

デカすぎ。子供と比較してみると、その大きさが際立つ。立派な杉だ。

この後、アクシデント!子供達と走っていたら、カメラがレンズエラーとなってしまい使用不可能にw。しばらくカメラ無し生活だなんて、トホホだよ。特にぶつかったわけじゃないから、走った振動でなにか起こったのかな?車と言い、最近は壊れ物が多い。

 

阿夫利神社下社にゴーーール!

最後は、阿夫利神社下社からケーブルカーで下山。登りは自力で頑張って、帰りは楽ちん下山が良いね。もちろん、往復ケーブルカーもアリだし、それじゃ物足りない人は、自力で下から。今回は約8km、標高差約950mと、ユウタには、少しハードル高めのコースだったのに、最後まで自分の足で歩いたユウタ。よく頑張ったと思う。おつかれさま。

9月は天気が悪く、家族で山歩きできなかったけど、秋晴れのナイスな日に歩けたので良しとしよう。来月もまた、家族で歩けたらいいなぁ。

 

AbbeyRoad風な三兄弟の下山風景

ナイスハイク!