筑波山で山納め〜子連れハイク

筑波山

2015.12.28、筑波山をソウタ・ゲンタと3人で歩いてきました。

連日の山歩き

前日まで奥多摩の三条の湯に行っていたので、連日の山歩きになります。しかも25km以上歩いた翌日。自分は軽い筋肉痛もあったり。でも、ソウタは元気だったなぁ。三条の湯では山頂に行かなかったので物足りなかったようですw

三条の湯へ忘年会〜子供とテント泊ハイク

2016-01-05

そもそも何故この日に筑波山に登るのかと言うと…、この日の夕方に茨城県の大洗港から北海道行きのフェリーに乗って帰省するため、せっかくなら途中で筑波山に登ってから行こうか、と計画してました。百名山でもあるしね。ただ、昨日も歩いて今日も歩くとなるとソウタのモチベーションはどうかな?別に無理に行く必要はないから気分が乗らなければ止めよう。そんな感じで出発しました。が、本人の山バッジが欲しいという事と、頂上に登りたいという気持ちが勝り、計画通り登ることになりました〜。子供ってすごいね。自分は登らなくていいかなぁ。という気持ちでいましたが(笑)

つつじヶ丘の駐車場に車を停めて、出発。結構な登りを見て、ゲンタは大丈夫だろうか・・・と軽く不安を抱いたけど、ま、頑張りましょう。

ガマガエルの大仏?の前で登山の安全祈願。金色のカエルを見て、子供達は盛り上がっていた。

肌寒かったのでダウンを着せてスタートしたけど、歩き出すと暑くてすぐに脱ぎました。フリース1枚で丁度良いくらい。風もなく、天気も良くて最高だね。山の晴れは絶対正義!

しかも今日は平日でした。何気に初めての平日山歩きだったり。

ソウタはいつも通り花や木を観察しながら。これはアオキの実かな。

こちらは梅の蕾でしょうか。筑波山は梅で有名みたいですね。

1時間ほど歩いて弁慶茶屋跡に到着。ゲンタはゆっくり歩いているようだけど何気にコースタイム通り。悪くないよ〜

お昼前だけどランチにします。ガスバーナーでお湯を沸かしてみたり。たまには山っぽい雰囲気をw

【送料無料】トランギア ミニトランギア TR-28T【あす楽対応】

カップ麺をすするソウタとゲンタ。山でしか食べないからこそ美味しいよね。

これは何の花だろう?

弁慶茶屋跡から山頂(女体山)までは1時間。ここから奇岩が多くなり、子供達が楽しく歩けそうなエリア。

実際、冒険みたいでゲンタのペースも上がってきた。

お、落ちそう?

ちょっ、落ちるから離すなよ〜w。なんて遊びをしながら進みますw

高尾山霧ヶ峰の車山榛名富士。そして筑波山。ゲンタにとって4回目にして初めての本格的な岩場。体全体を使って、頑張って登ってました。

榛名山〜ファミリーハイク

2015-11-03

親子で歩けるお手軽な百名山〜霧ヶ峰・車山

2015-09-24

初めて尽くしの高尾山歩き

2015-06-29

今回は今までより余裕があったと思うなぁ。

最後の登り。ここまでこれてホッとした。

百名山筑波山に登頂成功

日本百名山、筑波山(877m)に登頂しました!ソウタもゲンタも、よく頑張りました。

三角点にタッチ!もっと笑って!もっと笑顔で!(笑)

ゲンタもこの景色を見て「パパ、見て。綺麗だよ〜」って。山頂からの景色、気に入ったかな?ここまで登るのは疲れるけど、来てよかったでしょ。

筑波山男体山

男体山も行こうと思ったけど、ゲンタはここまでが限界かな。無理せずロープウェイで下山することに。ソウタには物足りなくて申し訳ないw

ロープウェイ駅までの帰り道。天候に恵まれて最高の山納めになりました。次は家族みんなで登りたいね。

ロープウェイであっという間に下界へ。遠くからでもヴァナゴンの緑が目立つ…

子供の筑波山ハイクまとめ

このルートは短いし、時間もあったので、焦らずゲンタのペースで歩けたのが良かったかな。奇岩という楽しめるポイントがあったのもGoodでした。実際、2時間程度ならこれくらいの山道でも大丈夫というのはわかっていたし。何より、今回は調子が良かったということで。ソウタと比較してはいけないけど、彼なりに頑張って歩いてくれたのが嬉しかったなぁ。

「もっと歩けるようになれば、もっと一緒に山に行けるよ」とゲンタに伝えておきました。果たしてそれを魅力と感じるか、ふーんそうなんだ で終わるのかは彼次第(笑)

2016年、基本はソウタと2人でガンガン歩いていく予定だけど、ゲンタと3人で、家族5人での山歩きも増やしていきたいなと思います。その為には自分の健康管理もしっかりしなきゃね。

百名山筑波山の山バッジ

宝物がまた1つ。ゲンタは霧ヶ峰(車山)に次いで2座目。ソウタは13座目。何とか卒園までに15座は達成できそうかなぁ。今年は30座を目標にプランニングしたいところ。む、無理かw

北海道へ

北海道男旅の始まり〜

下山後、水戸のイオンモールに立ち寄って買い出し。大洗港へ向かいました。
ここから8日間の男旅の始まり。サコッシュが皆それぞれ違うね。

いざ苫小牧へ!

いざ、苫小牧へ!行ってきまーす。

冬の北海道男旅のレポに続く…

2015〜2016 男3人北海道フェリー旅

2016-01-18