カンパラパックKHAMPA LA PACK/WANDERLUST EQUIPMENT

カンパラパックKHAMPA LA PACK/WANDERLUST EQUIPMENT

ソウタに登山やキャンプで使えるサコッシュをプレゼントしました。

誕生日プレゼントはサコッシュ

ソウタが6歳の誕生日を迎えたので山でもキャンプでも使えるサコッシュをプレゼント。
パパとママからではなくて北海道のジイジからのプレゼントになります。(選んだのは僕ですがw)

直近のパッキングリスト記事にも書いてますが、ソウタにはできるだけ距離を歩いてもらいたいので、荷物の負荷は減らしています。減らしているというか、今まで何一つ持たせていません。
ただ、ソウタが自分で食べる行動食や単眼鏡(or双眼鏡)、図鑑w、時計、タオル、手袋など小さな荷物があり、それら全部を自分が使っている山と道サコッシュに入れて歩いてました。

自分で使う小さな荷物くらいは持ってもらおうと考えて、サコッシュを買ってあげること。
子供用の小さなウエストポーチやショルダーバックなど数多く販売されているけど、軽い装備で歩くほうが体への負荷も少ないわけでして…我が家はやっぱりUltraLightなガレージメーカーの商品をチョイス。

 

カンパラパック(WANDERLUST EQUIPMENT )

ワンダーラストイクイップメント カンパラパックKHAMPA LA PACK
ワンダーラストイクイップメント カンパラパック(KHAMPA LA PACK)
moonlight-gear別注モデル(以下、MLG Edition)です。

 

KHAMPA LA PACK MLG Edtion
moonlight-gearのHPにもありますが、オリジナルモデルとの大きな違いは、肩紐がダイニーマのガイラインではなくてポリプロピレンテープだということ。子供が使うので、肩から下げるだけではなくウエストに括り付けて利用することも想定しているし、細い紐だと肩への食い込みで痛くなるかもしれないので、こちらにしました。

 

KHAMPA LA PACK カスタムオーダー赤
生地もカスタマイズ。
MLG EditionはX-Pacのグレー+ブラウンのアクアガードだけど、X-Pacのレッド+ブラックのアクアガードに変更してオーダー。ソウタの好きな赤です。ダブルファスナーで、どちらからも開け閉めできるのが便利。

 

先日のOff the Gridにも出展されていて、その場でオーダー&製作もできたようですが、Off the Gridの数日前にオーダーして1週間ほどで無事に手元に届きました。商品スペックは以下の通りです。

容量:4L
重量:50g
サイズ:W28.0 x H19.0cm
素材:X-pac VX-21(本体)、YKKアクアガード(ジッパー)
カラー:Red

 

子供の小物パッキング
中に入れるものは、ソウタの行動食やお菓子、手袋・帽子・時計、単眼鏡や図鑑など。それと山岳保険の遭難カードとホイッスルくらいかな。

 

サコッシュの中身
1日分の行動食を入れても余裕あり。手袋・帽子が入っても問題ありませんでした。

 

ソウタとカンパラパック
ソウタも自分の鞄が手に入ってご機嫌です。これは金峰山瑞牆山を歩いた時の写真。
ちょっと大きいかな。

 

山と道サコッシュ
ちなみに自分は去年から山と道サコッシュを使っています。

 

父子テント泊のパッキング
こんな感じでパッキング。
これは金峰山瑞牆山の時のパッキングです。2人分の荷物を40L+外付けで。
サコッシュが2つになって、パッキングにも余裕が出て、いつもより綺麗に収まった気がしますw

でもね、始めは自分で持ってるけど、徐々に邪魔になるみたいで、しばらくしたらパパが持たされるという(笑)ま、これから徐々に使いこなしてくれることでしょう…

 

 

それともう1つ。
パパからソウタへ手作りのウォレット(財布)をプレゼント。

Myog X-Pac Wallet

素材は残っていたフェデラル・イエローのX-Pacを使いました。

myog X-Pac Wallet
子供が使いやすいようにアクアガードは止めて、普通のジッパーに。持ちやすいように細引きで大きなループを1つ。中は2つに分かれていて、紙幣と小銭が分けられるようにしました。(そんなにお金持ち歩かないけどw)まずは、お年玉を入れるみたいです(笑)

 

サコッシュとWallet。どちらもX-Pac
WANDERLUST EQUIPMENTのサコッシュとMyog X-Pac Wallet
いい感じじゃないの。
これを持って今年も一緒にたくさん歩くぞ〜!あ、お財布は使わない時に貸してね(笑)

 

息子との富士山チャレンジが7月1週目に決定しました〜
あと1ヶ月半しかないけど、直前まで訓練・準備に励みたいと思います。
山と高原地図 富士山

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

富士山2017年版
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/3/8時点)

 

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 先日はコメントいただきありがとうございました。
    私は、スマホ持ってないのでw地図が見やすいという基準でTNFのチェストバッグを使ってます。
    ULとはほど遠いですが・・・

    娘(小1)はMAMMUTの8Lザックに、彼女の基本装備(レインウェア、ヘッデン、サングラス、軍手、コンパス、スケッチブック、ペン数本、コンビニ袋等々)におやつでパンパンになってます。
    そろそろ15Lくらいにしないとなと思いますが、本人がそんなに山に対して積極的ではないので・・・。

    6歳で富士山!すごいっすねぇ!
    安全登山で良い経験になることを!

  2. tamago kikakuさん
    おたまさんで良いですよね?(笑)

    地図読みできるようになりたいです…
    いやできなきゃいけないと思っているので、、、今年の課題でもあります。

    > 本人がそんなに山に対して積極的ではないので・・・。
    ですよね。でもそれが普通なんだと思います(笑)
    うちも今はバッジと富士山がモチベーションになってますが、その後どうなるか。。
    悪いことじゃないので、続けて欲しいなーとは思いますが、来年以降の部活次第です^^;;

    > 6歳で富士山!すごいっすねぇ!
    小学生になってからよりも園児での富士山は、「チャレンジ」要素がより強く感じられる気がして。。
    うまく説明できませんが、ちょっと高めの絶妙〜な目標設定なんですよね。
    登頂できるか?できないか?ギリギリのラインであり、今まで歩いてきた自信と、実際に歩いた時に感じる困難。その辺りをどう克服していくのか?など。登頂有無にかかわらず、そのあたりを一緒に感じられるのが楽しみなんです(^^
    すみません、長くなってしまいましたww

    あと2座に登ってから本番を迎えたいと思います。
    無理せず安全に。挑戦してきます(^^)

  3. ソウタ君、サコッシュ似合ってましたよ~

    お気づきかもしれませんが自分も入手しました^^
    ちょっとした物をすぐに取り出せるサコッシュ、使い勝手が良いですね。

    うちなんかケータのザックをサイズアップしてるのに、40Lで二人分...
    一体何が違うのか(^^;

  4. 忠太さん

    ありがとうございます。ちょっと大き目だったかな^^;;

    忠太さんのサコッシュでしたかー
    小物の出し入れ、楽になりますよね。今では、なくてはならない山道具です。

    > 一体何が違うのか(^^;
    今度解析しましょう(笑)

COMMENT

*