好奇心を持ち帰ろう!ASOBOUCH

asobitogear

子供達の山歩きで影のマストアイテム、ビニール小袋。ちょっとオシャレに作りました。

山から好奇心を持ち帰る小道具

子供達が山に行く時、必ず持って行くのが小さなビニール袋。それに、落ちてるどんぐりや木の実、奇妙な形の石など、好奇心をたくさん詰め込んで帰ってくる。いつも使い捨てだから、いっそ何回でも使える小袋を作ってあげようかな?と思って、(ビニールっぽい)見た目と軽さ重視で、ブラックキューベンの小さなポーチを作りました。無駄にハイスペック(笑)

従来使っていたのが右のビニール小袋。左が今回作ったダイニーマのジッパーポーチ。一気に高級小袋になっちゃったけど、asobitogearのコンセプトは、子供達の日常にもUltralightを!格好良さを!なのでアリでしょ。ポケットやサコッシュから取り出したのがこれなら、ちょっとオサレじゃないですか。山バッジや飴なんか入れても良いよね。遊びとポーチを掛け合わせて、ASOBOUCH(仮)って名前はどうかな?ダサい?w

三兄弟分を作成。必ず同じ物を欲しがるので、3つ作ってあげた。ユウタは左利きなので、ジッパーを逆向きに。ここ、こだわりポイント。

スペックは以下の通り

ASOBOUCH(S)
Fabric:Dyneema Composite(cuben fiber)1.0oz
Color:Black
Size:width 10cm / height 8cm
Weight:5g

ついでに自分用にも大き目のポーチ作っちゃった。こっちはMとL。山で使うヘッデンやエマージェンシーキット、モバイルバッテリーなんかを入れてみようと思う。Lサイズはソロハイク時の食料くらいなら入る。

それにしても、初めてキューベンを扱ったけど、軽さがハンパない。使ってるのが1.0ozでキューベンの中では普通だけど、それでもこの軽さ。0.6ozとかどんだけ軽いんだろうか…。

次回注文時に販売を予定してます。子供に1つ持たせてあげると、喜ぶかもしれませんよ。

小さな工房?

今年の冬にミシンを買い換えて、一気に販売できるようになったんですが、実はもう1つ変わったことが。ミシン専用のテーブルを作りました(半年以上前のことだけどw)。タモ板と鉄脚を買ってくっつけただけなんですけどね。職業用の直線縫いとロックミシンの2台を常設できたことで、一気に生産性が上がったのです。今までは、仮住まいで細々やっていたので、大きな進歩。

YAMA-Pantsも絶賛製作中です。写真のNavyが結構人気で、ShortsとPantsでかなり作りました。落ち着いた色で、子供が履くとオシャレな感じがするので気に入ってます。まだ到着していない生地もあるので、今月分は予定通り11/15前後のお届けとなります。もしかするともう少し早いかもしれませんが…