金峰山・瑞牆山〜子供とテント泊登山(後編)

瑞牆山

2015.4.26、2日目は瑞牆山(みずがきやま)を歩いてきました。前編(金峰山)の続きです。

瑞牆山

5時過ぎに起床。既にmokaさんがパッキングを終え、下山準備をしているところでした。お気をつけておかえりくださ〜い。来月も宜しくお願いします!すき焼き、本当にご馳走さまでした。

瑞牆山(みずがきやま)は山梨県北杜市(旧北巨摩郡須玉町)にある標高2,230mの山で、奥秩父の山域の主脈の一つ。旧須玉町域の最北部にあたる。日本百名山のひとつ。「瑞牆」とは神社の周囲の垣根(玉垣)のことですが、山名の由来は山稜を三分割する「みつなぎ」の転訛説や、崖を意味する「がき」に由来する説などがある。江戸時代後期に成立した『甲斐国志』では、玉塁と呼ばれる金峰山に対し、瑞塁を呼び習わしたとする説が紹介されている。古くからの信仰の山で、洞窟には修験者の修行跡や刻字が残り、山頂の西峰には弘法岩があり、空海開山伝説も伝わる。全山が黒雲母花崗岩で形成される。南西部は風化や浸食の影響を受け、独特の岩峰が聳える景観を作っており、地元ではコブ岩と呼ばれる。(wikipediaより引用)

富士見平小屋テント場の朝

朝のテン場。5時過ぎでも既に何張りか撤収されてました。日の出も早くなり、ハイカーの行動も早くなってきてます。夜はそこまで冷え込みませんでした。先月の雲取山父子ハイクと同じ装備でしたが、寒さを感じることなく爆睡でしたから。

瑞牆山ハイクスタート

6時にソウタを起こし、朝ごはんを食べて出発。昨日の疲れは少し取れたと思うけど、今日も歩けるかな?なーんて親の不安をよそに、子供たちは元気一杯。タフだね〜

富士見平小屋から瑞牆山へ。歩き出しは岩の多いトレイルが続く

緩やかな登りが続きます。岩の多いトレイルなので、ちょっと歩きにくかったです。この写真はそうでもないですが… w

木々の間から瑞牆山が見える

少し歩くと、本日のピーク瑞牆山が見えた!これ登れるの?というのが第一印象(笑)まぁ、歩くとわかりますが普通のトレイルではないということですね。岩場を急登していく感じですw

沢に出ました。瑞牆山ハイク

沢に出ます。橋はありません。

桃太郎岩

これが桃太郎岩。。見事にパックリと割れてますね。不思議だ

桃太郎岩で休憩する子供達

ここまで30分くらい。前日の金峰山に比べると楽チン。

本格的な登りスタート

ここから岩場の登りが始まります。頑張るぞ〜!

岩場に苦労する5歳児

ソウタはまだ体が小さいので、自分の体より大きい岩に苦労…

岩を登り進む

適度に休みを取りながら、ひたすら登ります。

大人がなんとか通れるくらい

この岩のトンネルもブログで見たことがあります。ソウタ、潜るの楽しみにしてたよ

大ヤスリ岩

1時間くらい登ったのかな。この岩が見えてきました。まだ山頂じゃないけど近づいてきてる証拠。

南アルプスが見える

南アルプスもバッチリ見えます。今日は昨日よりも良い天気だと聞いていたので期待できそう^^

サイに見える木

これ、サイに見えます?よね。

全身を使ってよじのぼる5歳児

よ・じ・の・ぼ・る!天然のアトラクションは体全体を使ってクリア。

鎖場もあるし、こんな岩もたくさんあるし。サポートするのは大変だけど、登りがいのある山です。

雲海の上に富士山

雲の上から富士山も応援してくれています。もう少しだよ〜

瑞牆山山頂にて息子と

百名山 瑞牆山(2,230m)、登頂!テン場を出発して2時間ちょっと。ほぼCTでした。

前日の金峰山でかなり疲れたので、正直瑞牆山は厳しいかな。と思ってましたが、距離が短かったこと、岩場などの天然アトラクションが楽しかったこともあり、今日も無事に登頂できました。ソウタの二日間の頑張り、褒めてあげたいと思います。5歳児がんばった!登頂、おめでとう〜♪

瑞牆山山頂にて一緒に登った仲間と

みんなで記念撮影。

言葉にできないくらいの景色。山の晴れは絶対正義だと思う(笑)

先程通過した岩が眼下に見えました。それにしても怖い… 股下がスーッとする感じw

昨日登った金峰山。トンがってるのが五丈岩。

富士山

南アルプス。北岳はまだ真っ白。

ソウタと一緒にこの眺めに見とれてしまいました。この風景を見て、何を感じただろうか・・・

狭い岩場の山頂をイメージしてましたが、それなりに休憩できるスペースはありました。ランチにはまだ早いので、お菓子を食べてのんびりと休憩しました。

名残惜しいけど下山しましょう。

下りの鎖場もなんとかクリア。

桃太郎岩まで一気におりてきて、ケルンに石を積んで帰ります。

小屋まであと少し。こころなしか足取りが軽く見える。

富士見平小屋に戻ってコーラで乾杯

11時前、富士見平小屋に到着。下りはあっという間でした。忠太さんのコーラの誘惑に勝てず、400円の高級コーラで乾杯(笑)

富士見平小屋のテント場に戻り、撤収作業。

のんびり撤収しましょう。疲れてるけど気持ち良いなぁ〜。このまま昼寝したいくらい

二日間、お世話になった富士見平小屋。また遊びにきますね

ソウタも笑顔。wanderlust equipmentのサコッシュもいい感じ

下山開始。

富士見平小屋から瑞牆山荘への下り道

楽しい二日間も終わり。充実した2日だったなぁ

瑞牆山荘にゴール!2日間よく歩きました

感動のゴーール!子供達、よく歩いた!お疲れ様でした。

ヴァナゴン、黒豆号、エスティマ

駐車場についたらサプライズが!!黒豆号が挟まってました(笑)前日、渋滞に巻き込まれ断念したものの、諦めきれない山男はこの日金峰山を歩いてきたようです(笑)レポはこちら

富士見平小屋を出る頃、こんな業務連絡があったので、これはどう考えても「待っててください」という意味だと理解。駐車場でのんびり待ちました。

増富の湯で遅めのランチ。息子の大好きなイワナ定食

帰りは増富の湯に立ち寄り、温泉でリフレッシュ。お昼ご飯を食べて帰りました。

ご一緒してくれた忠太さん、ケータくん。二日間ありがとうございました。

ソウタは、お友達と一緒に歩けたことで、最後まで諦めず頑張れたような気がします。ペース合わせてもらったり、気にかけてもらったりと、助かりました。また、一緒に歩きましょうね〜。

mokaさん、MOMOパパさん、次はすれ違いではなくてガッツリと歩きましょう(笑)来月よろしくお願いします。m(_ _)m

金峰山・瑞牆山の山バッジ

今回は一気に2つ。ソウタの宝物がまた増えました。

さーて、次はGW明けにあの山へ。富士山挑戦の日程も決まったので、それに向けてまたトレーニングしたいと思います。