飯縄山ファミリーハイク&戸隠イースタンでキャンプ

キャンプ

2022.7.3~7.4、戸隠イースタンでキャンプ&飯縄山ファミリーでハイクをしてきた。

戸隠イースタンキャンプ場

薄れゆく記憶を辿れば、たしかこの週末は妙高山に登る計画だった。日曜の方が天気が良いから土曜キャンプにしたのか、単に金曜の深夜移動がきつくて日曜に登ることにしたのかまでは覚えていない。ただ、高速から見た妙高方面は雨雲に覆われていたので、天気の問題で日曜にしたんだろうな。ヤマテン予報では日曜も微妙なんだけど・・・。

妙高山は燕温泉から登るつもりでいた。笹ヶ峰の休暇村キャンプ場が候補だったけど、登山口と反対側にあり、周りに何もないので、少し離れるけど戸隠を拠点に。ここなら、白樺食堂で戸隠そばを食べられて、妻のリクエストだった戸隠神社にも行ける。登山以外の予定も立てやすい。

TarpTent Rainshadow3

午後に戸隠イースタンキャンプ場へ到着。ここはフリーサイトで、翌日のチェックアウトも遅いので使いやすい。戸隠イースタンは3回目。初めて来たのが2014年の5月(レポは以前のナチュブロにあったけど移行し忘れ)でユウタが生まれる前。2回目は、3年前の高妻山ハイクの後にテント泊。

きつかった高妻山~親子登山

設営の合間にゲンタとユウタは野球。最近、野球にハマってて、グローブを買って、学校終わりに公園で遊んでる。ユウタは、知人の野球チームに入らないかと声を掛けてもらうんだけど、登山やキャンプ・自転車が楽しいみたいで、そういうのには興味なし。家族で出かけたり、お兄ちゃんと山を歩いたりが楽しいのだと思う。小学生のうちは、色々な遊びを楽しんで欲しいと思うから、僕としては本人の気持ちは嬉しいのだけど、いきなりクラブ活動するかもしれないし、それは本人次第。さらにここ最近は、サッカー熱が高まっている。

設営後、戸隠神社に立ち寄るつもりが、時間がないので今日は無理せず明日に行くことにした…。奥社って、結構距離があって歩くんだよね。お隣の鏡池で軽くお散歩して、戸隠神告げ温泉湯行館でさっぱり。妻は、お風呂の前にフライングで戸隠そばを堪能していた。

キャンプに戻り、夜ご飯の準備をしつつ、ビールを飲む。グラスケースを発売してもうすぐ2年。もう手放せないギアになっている。「コーヒーにミルが必要なら、ビールにもグラスが必要」は激しく同意。今年は別注も2件あり、「キャンプでグラス」はじわりじわりとキテる(特にキャンプだと大きなパイントグラスが人気)。注いで飲むビールは格別だね。

夜は手軽に済ませて、翌日に備えて早目の就寝。こういう日は焚き火もしない我が家。あ、おやきしか食べてないわけじゃないよ(笑)。たしかカレーだったかな。

アブとブヨが凄かった飯縄山

翌朝。目的の妙高山ハイク・・・の予定でいたけど、直前のヤマテン予報が悪かったので断念。なんとなく予想していた未来(笑)。昼過ぎからの落雷や大雨。コースタイムも長いので無理はしないことに。家族全員で登る時は妻のペースに合わせて、ある程度の余裕を確保しておかないと怖いから。午後の天気を気にしながら急いで歩いて事故に繋がるのは嫌だしね。

幸い、近くに手軽に登れる山も多いので、良く名前の聞く飯縄山(いいづなやま、飯綱山)に登ることにした。キャンプ場からも近く、コースタイムも短いのでファミリーハイクに最適な山。

飯綱登山口から6時スタート。コースタイムは約2時間半。のんびりペースで歩きましょう。6月に歩いた四阿山から、それほど経ってないので、家族全員のコンディションはバッチリ。身体も軽い。

父の日に四阿山でファミリーハイク

天気は曇天ってやつだ。昼までは雨も降らなさそうなので焦らず。それにしても、7月の低山は蒸し暑い。わかっていたけど、不快指数が高いな…

最近のお菓子事情。小袋のスナック菓子をいくつか持っていき、5人で食べてる。一人だと食べきるのが無理でも、4~5人だと丁度良い。この日は、モスバーガーポテト味を試してみた。

created by Rinker
味源
¥220 (2023/02/01 21:46:07時点 Amazon調べ-詳細)

それにしてもブヨとアブが凄い…。これはバグネット必須かもしれない。実際、そのような格好のハイカーを何人も見かけた。普段は気にしない僕でも、この日ばかりはバグネットが欲しいと思った。

樹林帯を抜けた頃には、麓が見えるほどには明るくなってきた。下山まで持って欲しいな。

順調に歩けたので8時前に飯縄山(1917m)に登頂!飯縄山は、北信五岳(ほくしんごがく)の1つ。他の4つは、妙高山・斑尾山・黒姫山 ・戸隠山。いずれは全て登ってみたい。

飯縄山山頂にもアブとブヨの大群がいたので5分くらいで逃げるように退散。いやぁ、凄かった…。

下山開始。時間まだ8時半と早いので、これから登ってくる人も多かった。すれ違う登山者と、アブが凄いよねって会話ばかり。それほどにインパクトがあった(笑)。この時期は、標高の高い山を気持ち良くのが好きかな。

結局、山頂から9合目あたりで少しガスったくらいで雨は降らなかった。

10時過ぎに下山完了。12時過ぎから土砂降り&雷だったから、早出早着で正解でした。

今回の飯縄山。火打山雨飾山に登った以外は、馴染みのない北信エリア。妙高山はもちろんだけど、斑尾山や黒姫山も登ってみたいし、キャンプを絡めて、また遊びに来れたらなと思う。次は虫の少ない時期が良いなw。

残雪と雷鳥と大雲海の火打山〜子供と雪山テント泊登山(後編)

残雪と雷鳥と大雲海の火打山〜子供と雪山テント泊登山(前編)

晩秋の雨飾山〜子供と日帰り登山

戸隠そばを堪能

下山後に戸隠イースタンキャンプ場に戻ってテントの撤収。チェックアウトが遅いので、テントを置いて山に行けるメリットがある。お世話になりました。また次回。

お迎えにある戸隠キャンプ場(イースタンじゃない側)にある「しらかば食堂」で戸隠そばをいただく。高妻山の帰りに立ち寄って、とっても美味しかったので再訪したかったのだ。

戸隠そばはもちろん美味しいんだけど、一緒に付いてくる天ぷらも最高なんだな。食べ終わった後も、また来たいと思えるお店。戸隠に来る際は是非。

そばを食べ終わる頃に雨が降り始め、雷も鳴っている。こんな天気なので、戸隠神社奥社はお預け。昨日無理してでも行けばよかった・・・。飯綱町経由で街に出るときは豪雨。この時間に山を歩いてたらヤバかったね…なんて話をしながら帰路についたのでした。

さぁ、夏休み目前(今は12月の年末目前w)。今年は槍ヶ岳に登るつもりでいるのだけど、果たして…。