安達太良山とくろがね小屋(後編)

安達太良山

2018.1.13~1.14、安達太良山とくろがね小屋で遊んできたお話。山頂アタック&宴会編です。前編はこちら

やっぱり山男

事前のやりとりで、登る気ゼロアピールが多かった割に、すんなり山頂アタックするんだから、みなさん、やっぱり山男。この天気だと、体が自然と動いちゃうから仕方ない。

アイゼンを装着し、準備を整えて、いざ乳首攻めw

 

いろんな意味でキラキラしてる。景色も心も。何もかもがサイコーなのであります。

 

シュプール。いつか自分で描いてみたい。未だ妄想段階。誰か背中を押して。あとお金もw

 

青空へ続く道。サイコーかよ

 

気持ち良くて、なかなか進まない。昨年末の谷川岳もサイコーだったけど、今日の安達太良もヤバイ。ここには「本当の空」があるからだろうか。

谷川岳で雪山始め~子供と日帰り登山

2017.12.19

 

峰の辻から乳首を望む。はやく踏みつけたい登りたい。

 

山の晴れは正義。なワンショット

 

おっきな歯ブラシ~とソウタ。エビの尻尾成長中。

 

まもなく稜線

 

言うことなし。

 

あと一歩。

 

厳冬期の安達太良山に登頂~!(撮影:9bota氏)
今回はかなりコンディションに恵まれたと思う。感謝感謝。

 

小2にして、早くも乳首攻め(笑)

 

1年半振りのチクビ、げっとー。おめでとう!よくがんばりました。
コンディションが良かったとはいえ、この時期の安達太良山に普通に登れたのは、今までの経験というか、もっと厳しい山を歩いてるからで、毎年の成長を実感する。できれば今シーズン中に、雪の北アルプスも歩いてみたい。唐松岳か西穂独標を目標に。

安達太良山でスピードハイク〜子供と日帰り登山(福島遠征ハイクその1)

2016.10.04

 

9botaさんを探せ!(レベル2)

 

真っ白な美しい風景を堪能し、下山開始。

 

恒例のエアボード下山

乳首直下から果敢に攻めるソウタ。逞しいというか、子供って純粋に楽しいかどうかで判断するから、怖さは後回しになるような。確かに急斜面ではあるけど、下まで滑ったらトレースに戻るし、親としても無謀な行為とは思わないので、どうぞ楽しんで~という感じ。

 

何事も楽しむ姿勢は大人も見習いたい。真剣に遊ぶっていいよね。

 

貪欲に滑走。ソウタにとって、雪山の楽しみの大半は滑って降りること。絶景の雪景色に心は動かされるとは思うけど、やっぱり滑るのが楽しいのかな。

下山途中、小さな子供が登ってくるなぁと思ってたら、ケータ君だった。逞しすぎて、小学生だというのを忘れることも多いけど(笑)、まだ子供なんだなと嬉しくなった。

 

 

新年会

小屋に戻って、乾杯!この日2つ目のピーク(頂)をゲット~

 

福島県子育てパスポート協賛

くろがね小屋は、福島県のファミたんカード、または他県の全国共通展開子育て支援パスポートを提示すれば、こどもの宿泊料金(2,780円)が無料になります(小学生以下が対象)。食事をした時は、食事料が必要になるけど、それでも有難い。こんなに居心地の良い素敵な小屋に、食事代だけで泊まれるなんて、再訪間違いなしでしょ。

※詳しくはHPでご確認ください。

 

東京都在住の方はこれね。くろがね小屋に限らず、全国に協賛店は多いようなのでもっと有効活用したいな。
子育て応援とうきょうパスポート

 

ケータ君も合流して、ソウタには、ここからが本番かな。小屋では2人だけでお風呂に入ったり、いつも以上に仲良しだったと思う。これも小屋泊の良いところ。

 

雪山の風物詩moka鍋
酒の肴

シイタケはultralight説(笑)

1泊2食なのに、なぜか鍋登場(笑)どうやら3食付きだったようですw。moka鍋最強!おつまみも充実していて、飲んで食べてしゃべっての楽しい時間。小屋いいねー

 

くろがね小屋の開放的な雰囲気が好き。こんな吹き抜けがあって、それぞれ個室に区切られてるんだけど、全体が見渡せるから、妙な一体感があるというか。初めての小屋だったけど、こういう場所なら、間違いなくリピートしちゃうなぁ。いつか家族全員で、雪の降る時期に温泉入りに来たいなぁって思う。

 

夕食は名物カレー。がっつり飲んで食べてるはずなのに、そっこうお代わりしていた…。カレーは飲み物です。

 

8名で1つ個室を割り当てられたので、部屋でも飲んでしゃべって、お風呂に入って。山小屋というか、普通に温泉街の旅館みたいな感じ。やっぱり温泉が付いてるって偉大。結局、3回もおかわりしちゃった。最高すぎる。ソウタもケータ君がいるので、手がかからなくなったし、お酒飲んでおしゃべりして、楽しかったなぁ。

*出来事メモ
・日本酒が結構なペースで空いていったが、焼酎が不人気だった(涙)次は日本酒!と誓う
・9botaさんが、持参した秘密兵器の枕を使わず、備え付けの枕で寝ていた
・寝相が悪いというケータ君。朝方みたら、噂通り布団から出ていた(笑)

 

だるまストーブの燃料が石炭だからなのか、温まった小屋は、朝方までさほど冷えず。毛布2枚あれば問題ないね。朝までぐっすりでした。

 

のんびり下山

朝食をがっつりと食べて、帰り支度。おいしゅうございました。居心地良すぎて、もう1泊したいところだけど、帰りましょう。

 

日曜は風が強く、歩きだしは完全防備でスタート。ダイヤモンドダスト?的な光景も。

 

ソウタとケータ君は遊びながら、埋もれながら、滑りながらの下山。ソリはボブスレー並みにスピードが出るので楽しそうだったなぁ。

 

無事にあだたら高原スキー場に下山。おつかれさまー

 

岳温泉&成駒

下山後は、岳の湯へ。大人350円・子供150円!ありがたやー。くろがね小屋で源泉に近い温泉に入ったから、ついつい比べてしまうけど、熱くて気持ち良いお湯でした。

 

3年振りの成駒。前回はソースかつ丼だったので、今回はカツカレー!安達太良カレーが何気に美味しいです。満腹。

フォレストパークあだたらCamp(裏磐梯遠征その3)

2015.01.16

 

デザートに、くろがね焼き。「くろがね」三昧の山行を締めるにふさわしいエンディング。

 

安達太良山をイラストで表すと、やっぱりこうなるんだーという発見も。愛されてるんだね、チクビw

 

まとめ

初の山小屋泊。くろがね小屋は、雰囲気よし、食事よし、温泉よし!で、人気の理由がよーくわかりました。皆さんの溢れ出る煩悩もすごかったし、最高に贅沢で幸せな2日間を過ごせて、良い思い出になりました。毎年行きたいな~と思うのは僕だけじゃないはず。

みなさま、またご一緒しましょう。でも、次はテン泊でw

 

個人的には、2人のこんな姿が見れて良かった。おんぶはどうかと思うけどw。ケータ君はソウタにとってのお兄ちゃん。今まで以上に仲良しになれた気がする。同時に、ソウタが少しずつパパから離れていくような気もして、ちょっぴり寂しかったような…