日本第2位の北岳と第3位の間ノ岳へ挑む〜子供とテント泊登山(前編)

北岳

2015.8.1〜8.2、南アルプスにある日本で二番目に高い山、北岳と、三番目に高い山、間ノ岳をソウタと歩いてきました。とっても疲れましたが…印象に残る最高の山行でした。※間ノ岳(後編)はこちら

No.2の北岳とNo.3の間ノ岳へ

日本で二番目に高いお山、北岳(3193m)への挑戦は今週末の予定でしたが、ゴードさんから北岳に行きます!という連絡をいただき、それじゃ我が家も前倒しで…ということで付いていくことにしました。単独で行くよりも誰かと一緒の方が少し安心するんですよね。

計画では、初日に広河原から北岳肩ノ小屋を経由して北岳山頂へ。そこから北岳山荘へ降りてテント泊。翌日は北岳山荘から日本で三番目に高いお山、間ノ岳 あいのだけ(3190m)へピストンして、八本歯のコルから左俣ルートで広河原へ下山する。こんな感じでいつも通りハードな計画ですw

大人でもキツイ。ましてや幼稚園児にはちょっと厳しすぎやしないか?と思いましたが、「No.2&No.3の頂に立ちたい!」という気持ちが強く、どうすれば実現できるかを真剣に考えた結果、このルートになりました。一泊で2座行くならこれしかないはず。(大人の場合は色々なルート選択が可能です)

もちろん、当日の体調などを考慮して、いつでも計画変更できるようにしています。テン場を肩ノ小屋か白根御池小屋に変更して北岳だけアタックするプランなど。いつも以上に入念に情報収集と準備を進めました。

大混雑の夏山シーズン

芦安から広河原まで05:15の始発バスに乗りたいので自宅を2時過ぎに出発。4時半過ぎに到着したら、まさかの第5駐車場(涙)第1駐車場は深夜には満車だったみたい。夏山シーズン恐るべしw

芦安駐車場のバス停

さらに始発バスは既に満車。広河原まで50分以上かかりますが、座れないのは罰ゲームに近いよなぁ。ソウタには過酷すぎる。(ジャンボタクシーが良さそう)

すると、「夜叉神峠で降りる団体さんがいますから15分我慢していただければ座れますよー」というアナウンスがあったので、それに乗ることにしました。ソウタも自分も酔い止めを飲んでいるし、大丈夫かな?って。でも、最初の15分であっさり酔ってしまいました(笑)座席に座ってから、広河原まで横になってなんとかなったけど、ちょっと辛そう。この車酔いが後々響く事に…(次発が20分後だったので、待てば良かったなと反省)

◎芦安駐車場〜広河原のバス料金
・大人一人@1030円+協力金100円=@1130円
・子供一人@520円(未就学児は協力金無料)
広河原インフォメーション

06:13、広河原インフォメーションに到着。夏休みってだけでこんなにも人がいるんですね。普通の週末の感覚で来ましたが、ちょっと甘かったです。

広河原から見上げる北岳

広河原から見る北岳。高ぶります。

広河原の吊り橋

吊り橋を渡って広河原山荘方面へ

広河原山荘

06:45、広河原山荘。ここで登山計画書を提出しました。(いつものネット申請を忘れるw)

さぁて、出発しますか!

しばらく進んだところで、ゴードさんと長男Kくんに先行してもらいました。あまりにもペースが違ったので、無理に合わせていただくのは悪いし、自分たちのペースで進んでもらうのが一番。我が家もマイペースで行くことにします。北岳山荘で会えることを祈って…。が、ソウタの調子が上がらない。車酔いの影響でちょっと辛そう。少し休んでから出発したほうが良かったかな?

でも、そこまで遅くはないので焦らずに進みます。標高差1700mもあるので、後半に脚を残しておかないとね。

白根御池小屋

途中の分岐で白根御池小屋方面へ進路を取る。2時間ほど歩いたら白根御池小屋に到着。早くはないけど遅くもない良いペースだと思う。

白根御池小屋の名物、桃ソフト

ここに来た目的がこれ。桃のソフトクリーム。甘くて冷たくて美味しかった〜

白根御池小屋のトイレ

トイレも綺麗。チップ制で値段は書いてないけどブログなどを読んで@100円を入れておきました。

御池と北岳。この景色を見ながらのテント泊は気持ち良さそうだなー

ソフトクリームも食べて、しっかりと休憩も取ったので、草すべり行ってみますか!肩の小屋まで3時間20分。

草すべり

これが草すべりか。遮るものがないので、暑そう…

たまに背の高い木が生えているので、木陰で休んだりしながらゆっくり進みます。

ひたすら急斜面を登っていきます。

※今回たくさんのお花に出会いました。別ページにまとめてます。北岳&間ノ岳で出会ったお花

北岳・間ノ岳で出会った高山植物(2015)

降りかかる試練

草すべりを順調に登っていたところ、「らくぅ〜!!!!」という大きな声が聞こえた。上を見上げると、大きな石がこっちに向かって転がってくる・・・。うわぁ、え?あ??ど、どっちに逃げればいい?

とりあえずソウタを抱っこして、迫り来る石をギリギリまで待っていたら、目の前でストップ。こ、こわいよw。幸い大事に至らずでしたが、初めての経験だったのでしばらくドキドキが止まらなかった。気を引き締め、自分たちも落石を起こさないように注意して登る。

さらに、追い討ちをかけるように次なる試練が・・・

右俣ルートとの合流付近。標高は2800mくらいだったと思う。ソウタに軽い高山病の症状が(マジかぁ…)。高山病って、本当に体調に左右されるよね。この日は睡眠時間が短かったこと、そして車酔い。幸い、眠気だけで頭痛も吐き気もない。ちょっと前におにぎりを食べたばかりで満腹による眠気もあるだろうから、思い切って寝かせることにした。

イビキをかいて寝ています。すれ違う登山者の方々に、「本来はお昼寝の時間だもんねー。ここまで歩いて疲れたからしっかり休んでね」という声をかけていただきました。

「ここまでか・・・」撤退の二文字が頭を横切ります。

頭の中で別プランを検討。白根御池に戻ってテン泊して翌日にアタックするか、このまま肩の小屋まで行ってしまうか。いずれも北岳だけ登頂するプラン。しばらくして起こしてみるも中々起きない。抱っこしたり話しかけたりして、なんとか起きた…。ソウタに「小屋まで頑張ってみるか?今日は山頂に行かないで小屋に着いてゆっくりしようか」と提案。そして、山バッジ買いたいよねという一言で、彼が「うん!」と力強く頷きました。富士山の撤退もあって、諦めたくないって気持ちが強かったのかな。

この瞬間がこの日一番、感動したというか、ちょっと鳥肌立ちました。

小太郎尾根分岐まであと少し。無理はしないで、ソウタのペースに合わせて。
でも、豆大福を食べさせたら元気になってました(笑)

なんとか稜線に出ることができた〜(嬉

目の前には南アルプスの女王、仙丈ヶ岳(2016年7月に登りました。→登山レポ前編後編

初夏の仙丈ヶ岳〜子供と日帰り登山(後編)

初夏の仙丈ヶ岳〜子供と日帰り登山(前編)

ここからは草すべりに比べると斜度の緩い稜線歩き。お花を見たり、写真を撮りながら楽しく歩けました。いつものソウタに戻っていた。よかった

小屋まで平坦な稜線をイメージしてたけど、意外と険しいのねw

歩いて来た道を振り返る。No.2北岳に向かう稜線にはたくさんの登山者がいました。

北岳肩の小屋

13:55、肩の小屋に到着。7時間かけてたどり着きましたYO。

気がつけば3000m。ここまでよく頑張った。大半の人が初日はここが目的地だろうし。

肩の小屋テン場の風景。

北岳肩の小屋ラーメン@900円

小屋でラーメンをいただくことにします。@900円。ソウタとシェア。ナルトがなくてショック受けてた(笑)

ラーメンを食べながら、お花の図鑑を見たりしてリラックス。靴を脱いで座敷でのんびりしたのも良かったのか、かなりリフレッシュできた。同時に登頂へのモチベーションも上がってきた。「やっぱり今日登っちゃおうか?ゴードさんたちのいる小屋まで行きたいよね」。完全復活したソウタも笑顔でOKを出してくれました。イェイ!

・・・ということで北岳にアタック開始!まさかここまでリカバリーできるとはねぇ。ソウタの精神力にただただ感服する。

No.2の頂へ。北岳アタック開始!

晴れてるからテンション高め。辛いこともあるけどさ、やっぱり最高だね〜!

少し登ると両俣小屋分岐に到着。山頂まで20分!って、もうすぐじゃん

「あれが頂上?」な〜んて会話をしながら。余裕すら感じる。偽ピークなんだけどねw

反対側の稜線が見えた。今日の目的地、北岳山荘がちっさく見えます。あそこまで下るのか(汗

そして、ついにピークを目視できる場所まで来ました。感動…

北岳山頂へのビクトリーロード。先行する4人パーティーは肩の小屋から一緒。頑張れ!と応援していただきました。

肩の小屋方面の登山道を振り返る。よく歩いてきたね。

日本で二番目に高い山、北岳制覇!No.2には負けられない

15:15、ついに、日本で二番目に高いお山、北岳(3193m)に到着しました!おめでとう!!!

ここまで8時間半かかったけど、無事に到着できて良かった。先程の4人PTの方に撮っていただきました。ありがとうございます。

タイミング悪くガスが出てきたけど、正直眺望なんてどーでも良かったです(笑)ピークを踏めたという気持ちの方が強かったので。

本当によく諦めなかったなぁ。パパは誇らしく思う

感慨に浸りたいところだけど、山荘到着が遅くなるのは嫌だったので写真を撮ったらすぐに出発。4人PTの後について降りることに。

吊尾根分岐点。北岳山荘まで50分。なかなか簡単には到着させてくれない。南アルプスの山々の懐の深さを知る。

危険箇所はそれほどないけれど、小さい子供なので手を繋いで下りました。

北岳山荘が徐々に近づいてきた。それでもこの高低差w。高度感もある。自分たちが凄い場所から降りてきてる事を実感するのです…

肩の小屋からエンジンがかかり、絶好調になったソウタは自分のペースでガンガン進んでいく。

間ノ岳へと続く稜線。なんとか挑戦権を確保できたので、明日が本当に楽しみ。
日本で一番高い稜線歩きなんて、なかなか経験できないもんね。一番奥にどっしりと構える間ノ岳

声援が力に

16:30、無事に北岳山荘へ到着。出発から約10時間かかりました。決して褒められる計画じゃないけど、別プランも用意して子供の体調を見ながら慎重に進んできたつもり。日照時間の長い夏山シーズンだから可能だったと思う。一時は撤退も考えたけど、ソウタの見事な復活で北岳を制覇。ここまで辿り着くことができて、本当に嬉しい。

同じルートで草すべりから北岳山荘を目指す登山者が多数いて、道中、皆さんから声をかけていただいてたんです。山荘に到着してテン場に向かう時に、その方々に拍手で迎えてもらって、ちょっぴり恥ずかしいような。でも嬉しかったなぁ。「頑張れ〜」という励ましの言葉をもらったことで自分もソウタも頑張れた気がする。山歩きっていいな〜と思った瞬間でした。肉体的な疲れはあったけど、妙に心地よかったです。

2時間早く着いたゴードさんと合流し、さくっと設営。

*テント泊料金は一人@800円(水は無料、トイレはチップ制)
テラノバ Terra Nova Laser Competition2
これぞステルス。ハイマツに溶け込むTerra Nova Laser Competition2

今回の宿はテラノバ Terra Nova Laser Competition2。見事にハイマツに溶け込んでますw

ゴードさん親子と一緒に夕食タイム。そういえば蝶ヶ岳のテン場敗退コンビじゃないですか(笑)

北岳山荘のテント場風景(一部)

北岳山荘のテン場。これは一部で小屋の裏にもたくさん張られてました。

気温は9度。なかなか涼しいw

頑張って歩いたソウタは元気一杯だったw。鳳凰三山を縦走した時はこの時間に撃沈してたのに。。

持参した高山植物の図鑑と本物のお花を見ながらお勉強。チシマギキョウとイワギキョウの違いとトウヤクリンドウなど、いくつか覚えたね。
※今回たくさんのお花に出会いました。別ページにまとめてます。北岳&間ノ岳で出会ったお花

19時にソウタと一緒に寝袋の中へ。ソウタは暑いと言って、寝袋から飛び出して寝てました。遠くで雷が鳴っていましたが、こちらには影響がなさそう。

北岳山荘のテン場の夜

0時に目が覚めたのでテントの外を見たら、満月がめちゃくちゃ綺麗でした。風もなく、とっても快適な夜。明日も期待できそうだね。

後編(間ノ岳ハイク編)に続く


グラスキャリーポーチ/SOSO-G

グラスを持ち歩くためだけの遊び道具。SOSO-Gを使えば、グラスを、安全に・安心して持ち歩けます。

外でもクラフトビールを楽しみきるために、グラスは欠かせない道具だと考えてます。お気に入りのマイグラスに美味しいクラフトビールを注いで、香りや色も含めて楽しめたら最高じゃないですか。

グラスキャリーポーチ「SOSO-Gソソグ」をもって、アウトドア×クラフトビール=ソソギングを楽しんでください。Let’s Enjoy Sosoging!!


9 件のコメント

  • No.2登頂おめでとうございます!

    さすがu10さん&ソウタ君、肩の小屋経由で北岳山荘まで歩くとは。
    でもNo.3を1泊で歩くには理想的な行程ですよね。
    今思うとうちもこうすればよかったのかなと...

    そうですか、風も無かったんですね。
    天気も良くて穏やかなら快適そうなテン場ですもんね~

    うちが歩けなかった素晴らしい稜線のレポも楽しみにしています^^

  • 忠太さん

    ありがとうございます!
    No.1で悔しい思いしたので、ここは負けられなかったです^^
    と言いながらも、一時はNo.2も危なかったですけどね〜w

    目的地の途中に山頂がある。というのが我が家的には理想ですw
    最後は根性でなんとか….

    風のないテン場は最高に快適でした。
    満月に照らされた静寂なテン場…もう1泊してもいいかなーって(^^

    二日目は、精神的な疲労が・・・でも稜線歩きは気持ちよすぎました。

  • 2日目のトラバース分岐~八本歯付近で会った者です。

    私が接待登山で汗を流している最中、前方からどこかで見たことある爽やかな親子が…
    「…もしや!?」っと思い声を掛けさせて頂きましたw

    ソウタくんの軽い足取りの裏で初日の復活劇があったんですね。
    初日に北岳山荘まで上がったのにも驚きました。

    しかしながら子供の成長を感じながら共に歩けるなんて贅沢です。
    今後も更新を楽しみにしております!

  • pa-man1goさん

    コメントありがとうございます(^^

    お声がけいただき嬉しかったです。
    トラバースのハシゴ攻めでけっこう気が張っていたので(自分が)、声をかけていただいた事でホッと一息つけたのが良かったです^^

    初日の復活劇から2日目下山までかなり絶好調でしたね〜
    あの時もあの後も、ずーっと喋りっぱなしでして(^^;;
    二俣から先はノンストップで歩きましたが、彼に付いていくのが精一杯で…(汗

    子供と共に苦労し、一体感を味わえるというか、本当にありがたいことです。
    特に今回はレベル高めの山だったので、疲れと達成感・充実感がもの凄かったです。

    またどこかのお山でお会いできるといいですね。
    ブログも拝見させていただきます!

  • 北岳制覇おめでとうございます!
    初日に北岳山荘までとは…
    末恐ろしい年長さんですね〜
    自分も長男連れて山に行きたくなりました^^
    間ノ岳編も楽しみにしてますね〜

  • おめでとうございまーす。
    ほんと、スゴすぎですよ、ソウタくん。
    NO1よりも難易度高いはずww

    長い稜線とか高度感、すばらしい眺めですね。
    うーん、行ってみたいっす、南ア。

  • MITSUさん

    ありがとうございます^^
    去年ご一緒できず残念な思いをしましたが、今年はしっかりリベンジできました〜

    北岳に登って山荘。。ハードだったかな(^^;;
    昔は少なかったとどこかのブログで読んだことあります。でも、実際はけっこう人が同じルートでした。まぁ、疲れますけどねー(笑)

    間ノ岳も最高でしたよ〜

    壁の合間に、たまには山へ〜。って月末の小屋泊が今から楽しみなんじゃないですか?(^^
    天気良い事を祈ってます。

  • mokaさん

    No.2、獲ったど〜!!
    撤退も考えたけど、、、諦めなくて良かったね〜ってソウタと話してました。
    北岳のみだったら、まったく別物だったかなーって。。

    間違いなく富士山より難易度高いっすw
    今までで一番疲れたのが、鳳凰三山だったみたいで、それより疲れたと言ってました^^;;

    夏の南ア、なんかイイかもって思いました。

    秋の企画、この辺を検討してみましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUT US

    u10
    1976年生。30半ばまで山とは無縁の人間が、子供と一緒に山歩きできたら子育てにも良さそうだし、楽しいだろうなぁという単純な考えで始め、そのまま山にどっぷりとハマってしまう。趣味で始めたミシンも小さいながらもブランドとして立ち上がり、我が家の子供達はパパが作った道具を身に着けてアウトドア活動に励む日々。そんな40代パパが、子供達(三兄弟)と一緒に山で遊んだり、キャンプをしたりと、外遊びの記憶をブログに綴っていきます。