西大顚から西吾妻山の素敵トレイルを歩く〜子供と日帰り登山〜福島遠征ハイク(その3)

西大顚から西吾妻山の素敵トレイルを歩く〜子供と日帰り登山〜福島遠征ハイク(その3)

2016.10.1〜10.2、福島遠征ハイク
初日に安達太良山磐梯山を登り、最後は西吾妻山へ。天気に恵まれた秋のナイスハイクでした

 


キャンプの朝はのんびりと。山のテン場で感じる、ほどよい緊張感もなく、翌朝までぐっすり。今日はのんびりスタートのゆるハイク(たぶんw)

ローカスギアのカフラシル。二人だと広くて快適。ステラリッジより天井が高いので、ソウタから「次の山はこれでね」との指示w。案外スペースを取るので行き先次第かな。

 




撤収準備中にソウタが撮った写真。僕が見ていない、気づいていない世界がそこにあった。
ソウタらしい視点というか。後で写真の整理をするのが楽しみだったりする(^^

7時過ぎに休暇村裏磐梯キャンプ場を出発し、グランデコスノーリゾートへ。

 

吾妻山連峰

今日登るのは吾妻山連峰にある西大顚〜西吾妻山のお手軽コース。グランデコからゴンドラ使っちゃいます(笑)デコ平まで車で行って、節約ハイクのつもりだったけど、ソウタが乗りたいというのでこちらに変更。結果、無理せず良かったなとw

吾妻山(あづまやま、あづまさん)もしくは吾妻連峰(あづまれんぽう)は、山形県と福島県の県境に沿って東西に伸びる火山群・山塊の総称である。最高峰は西吾妻山(2,035メートル)。日本百名山やうつくしま百名山にもあげられている。火山噴火予知連絡会によって火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山に選定されている。
西吾妻山(にしあづまやま)は山形県米沢市と福島県耶麻郡北塩原村の境界に位置する火山。磐梯朝日国立公園に属する。東西に主軸をもつ吾妻連峰を構成する山の一つで、標高は、連峰最高の2,035m。連峰の西側の主稜に位置し、稜線の北北東に中大巓(なかだいてん、1,963.6m)、西南西に西大巓(にしだいてん、1,981.8m)が続く。山頂に三角点は無く、樹林に囲まれ、眺望はきかない。吾妻連峰の東側には、東吾妻山、一切経山があり、中央には東大巓、中吾妻山がある。(wikipediaより引用)

 


8:20、あっという間にゴンドラ山頂駅へ。文明の利器とはこんなにも便利なものかw
麓はガスガス&気温も低かったけど、上は快晴の青空。長袖長ズボン&フリース装備で来たけど暑いよ(^^;;。さらに、帽子を持ってないのにこの日差し…. 不安しかないw

◉グランデコパノラマゴンドラ
往復:大人1,620円/小・中学生1,300円

 


と思ったら、一気にガスってきて幻想的な雰囲気。これくらいが涼しくて良いんだけどなぁ

 


と思ったら、あっという間に消えて無くなってしまった。。
暑くなってきたので、レイヤリング調整。さすがにフリースは脱いだw

 


ショートパンツの生足スタイルに着替えても良かったけど、しばらく樹林帯が続くので、念のためロングパンツのまま。マダニンも怖いし、道もぬかるんでそうだから…

 


下界の雲がちょうどこの付近まで来てたみたい。上がってくる気配もないし、今日も快晴ハイクの予感。いや、間違いないな(^^

 


青空に向かって。
空が青いって・・・やっぱり最高だなぁ。

 


樹林帯に突入。ここから山頂手前まで、ずっとこんな感じらしい。
今日はスピードは意識せず、のんびりと山を楽しむハイクスタイルで。眺望はないけど、ソウタと会話しながら、キノコや木の実などを見つけながら進んだ。

 


すたすた・・・もくもく・・・1時間くらい樹林帯の中を歩いたら

 


やっと眺望が開けた。そして、う・ん・か・い!
ちょ〜気持良い。

 


わお!目の前に広がる気持ち良さそうなトレイル。
あちらが西吾妻山方面。早く歩きたくてウズウズする(^^

 



暑いね〜。もう一息だよ。

 


9:49、西大巓(1982.1m)に到着!
今日も天気に恵まれてピークハント成功。言うことなし!

 


KS40を背負って来たら、背中の汗がものすごくて速乾Tシャツでも追いつかないくらいw。
日帰り用の10リットルザックが欲しい…。背面メッシュの小型ザック、作ろうかな。

 


飯豊連峰。今年は歩けなかったので来年こそ。

 


福島・山形の県境のようで、標識には米沢市と書いてあった。
夏休みの遠征ハイクキャンプも山形。今年は縁があるみたい(^^

 


さぁ、本日のメインディッシュがこちら。西大顚から西吾妻山までの素敵なトレイル。言葉にできないくらい気持ち良くて、歩いているだけで幸せを感じる。サイコー!

 


西吾妻山のシラビソは、雪が降ると小振りで可愛らしいアイスモンスターになるとか^^
積雪期のスノーハイク、こちらも魅力的である。

 


季節外れのイワカガミを発見。
花は期待していなかったけど、いくつか見つけることができた(by ソウタ)

 


時間と共に雲が切れて、磐梯山がくっきりと顔を出した。それにしても、山らしい形をした山だ

 



振り返ると西大顚。気分ルンルン。

 


10:28、西吾妻小屋。
特に何もないのでスルーして、そのまま山頂へ向かう。

 


10:40、日本百名山 西吾妻山(2035m)に登頂!
噂通りの地味な山頂w

 


23座目の百名山。おめでとう、ソウタ(^^
昨日今日と一緒に歩いて感じたのは、1年前と比べものにならないくらいの成長っぷり。おかげさまで、僕の精神的な負担は軽減された。一方で、妙な寂しさも感じてるけどね(^^;;

吾妻神社と天狗岩には寄らず、そのまま下山開始。
下山後に五色沼のビジターセンターに行く約束をしたので、早めに下りたいな。

 


赤い屋根と木道。癒される光景。

 

この日の失敗:水不足
朝は気温が低く、ガスもかかっていたので、2人で1ℓしか背負って来なかった。ところがこの天気だ。山頂駅でジュースを買い足せば良かったけど忘れてしまった。鞍部にあるはずの水場を行きに発見できず愕然。帰りに見つけられたけど、結構な下りだったので潔く諦める(笑)同じく水不足の山ガール2人組も降りるのが億劫だったのか、諦めていたw。

カップ麺を諦めて補給用に回し、ぎりセーフで下山できたから良かったけど、気温がさらに上がり、ペースも遅くて時間がかかっていたらと思うとゾッとした。ここが3座目でどこか気が抜けていたんだと思う。水は多すぎるくらいが良い。当たり前のことを再認識。

 


菓子パンを頬張り小休止。
西大顚までの登り返しは、ちょっときつかったなぁ。(僕だけがw)

 



今回歩いた安達太良山磐梯山、西吾妻山。
どれも違う雰囲気を持った山で、どれが一番だなんて言えないけど、個人的には西吾妻山がお気に入り。どことなく見慣れたような景色だけど、案外他にはないような気がする。

ピストンの場合は同じ道を降りるので必然的に早くなる。スピード重視で一気に駆け降りた。

 


12:20、山頂駅にゴーーーール!
今日も歩いた歩いた!

 


4時間ちょっとのゆるハイク。下山後も元気なソウタでしたw

 


山麓駅で乾杯!
コーラが体に染み渡る。。生きてる〜w

 


下山後は約束通り、五色沼の裏磐梯ビジターセンターへ。
山で触れた自然についてしっかりと復習し、裏磐梯の生態などを学んだのでしたw

 

これにて、満足かつ満腹な充実の遠征ハイクが幕を閉じた。
もうお腹一杯w

 

総括

総距離:7.661km
累積標高:登りD+860m/下りD-881m
標高差:650m
山行 4時間2分 休憩10分/合計:4時間12分(コースタイム比:約81%)

今回の福島遠征ハイクは2日間で安達太良山磐梯山、西吾妻山を歩くプラン。ちょっとしたチャレンジだったけど、ソウタの歩きは安定感を増し、体力もついてきたので、こちらの想像以上に余裕を持って歩くことができた。

 

FURTHER.FASTER(より遠くへより速く)

これ、モンテインのブランドコンセプトだけど、今回目指したテーマがまさにこれ。
「より速く」は、まだまだだけど、「より遠くへ」の部分は多少の可能性を感じた。
限られた休みの中で、より遠くへ行ければ、鷲羽岳のリベンジだってできるし、雲ノ平も射程圏内になる。連泊で山へ行けない僕らが努力で変えられる部分が、体力・走力の強化。その努力によって、より遠くへ行けるなら…行きたい場所、歩きたい場所を今以上に旅することができるはず。

今回の遠征で、体力については何ら問題ないことがわかったし、全行程では無理だけど、一部の短い区間なら走れるのもわかった。
去年は富士山を目標に、それに向かって必要な山を歩いてきた。来年は北アルプスの最深部へリベンジ。そのためにも、こんなトレーニングハイクがあっても良いよね。

とは言っても、ソウタが好きなのはお花を見て歩くことだから、今後も優先順位は変わらずに。たまにストイックなトレーニングを織り交ぜて、バランスよく山を楽しみたいなと。
目的は何であれ、僕もソウタも、単に山を歩くのが好きみたいだし(^^

 


充実の2日間でした!

 

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ソウタくんは現代のジョンミューアですな。
    文句なしに素晴らしい親子ですね。

  2. 福島遠征お疲れさまでした。

    ソウタ君の成長、恐ろしいくらいですね(^^;
    来年以降の山行が楽しみですね~

    西吾妻のリトルスノーモンスター、今シーズンは是非行きたいです。
    都合が合えばご一緒しましょう!

  3. tamago kikakuさん

    お褒めの言葉ありがとうございます(^^
    そこまでたいした者ではないですが….(汗

    3年くらい地道に登り続けてきて
    距離や山域が拡がったことで、さらに楽しく歩けているような気がします。

  4. 忠太さん

    小学生って、何だか一気に大人になるというか
    子供の成長って早いなぁ・・・と感じてます。
    ちょっぴり寂しいですけど、その分、頼もしくなってきてるので良しとします^^

    ケータ隊長が半端ないハイカーになっているので
    その背中を追いかけたいなと。父子共々、目標にしています(笑)

    西吾妻のリトルモンスター、行きましょう!
    雪の磐梯山も組み合わせれば、かなり良い雪上トレーニングができるかなとw

COMMENT

*