雲取山〜父子テント泊ハイク(前編)

雲取山〜父子テント泊ハイク(前編)

2015.3.28〜3.29
奥多摩の雲取山を歩いてきました。ソウタ、本当によく頑張った。後編はこちら

東京都最高峰

我が家が住んでいる東京都で一番高い山。息子にもいつか登らせたいと思っていた。最近のソウタを見てると、体力的にもなんとか行ける気がしたので挑戦を決める。
人気の鴨沢ルートでも山頂までの距離で片道11km。加えて標高差約1300mと普通にハードなお山。5歳児にはスパルタと思われるかもしれないけど(笑)、息子の可能性を信じて…出発!

 


小袖乗越の駐車場に6:30着
同行のMITSUさんとの待ち合わせが7:30なので、1時間以上も早く着いてしまったw

 


MITSUさんと合流し、出発準備をして、さぁ出発だ。
今日はトレランシューズのスコットキナバルで身軽に。ソウタは先日購入したサロモンシナプスでの初ハイク。新しい靴ってワクワクするよね。よろしくね

 


歩き出しは順調。Rくんがいるのでソウタも楽しそう。

 


七ツ石小屋まで地味な道が続くので、飽きさせず楽しんで歩く。こんな感じでね

 


早い親子にしっかり付いて歩けてる。いい感じいい感じ。

 


Rくんは恥ずかしがってカメラを向いてくれない(笑)

 


徐々に標高をあげてきて、富士山が見えてきた!テンションも上がる。

 


七ツ石小屋までの登り

 


10時、七ツ石小屋に到着。
ここまで来られたら、あとは楽しい尾根歩き。登頂も見えてきたかな。
少し早いけど小屋の広場でランチにします。富士山を見ながらオニギリやゼリーで補給。

 


七ツ石山には登らず巻道でブナ坂へ。

 


日陰には雪。凍結していて危ないので慎重に。心配ならアイゼン装着が良いかもしれません。

 


疲れたと言わず、怖いくらい順調に歩いてる。。すごいな

 


ブナ坂に到着。ここから石尾根縦走路。

 


去年歩いた時はガスで見えなかったけど、こんなに開放感のある尾根なんだね^^;;

 


子供達もテンションUP!?

 


ゆっくりマイペースで行こう。

 


ダンシングツリーの真似(笑)

 


青空も多くなってきた。昼から天気が回復するという予報は当たりそう。

 


南アルプスの山々。今年は歩くよ〜

疲れが見えてペースダウンしたけど頑張って歩いてる。もう少しで奥多摩小屋だよ、頑張れ。

 


12時、奥多摩小屋に到着。
小屋で幕営の受付を済ませたら、なんとマサさんに遭遇しました!
同じscottのキナバル。思わず記念撮影(笑)

 


まずはテントの設営。2張りだけど、TERRA NOVA村の完成〜!
(この後、NEMO村に圧倒されるのでありました笑)

 

山頂を目指して


ここから雲取山山頂を目指して歩く。子供達は軽アイゼンを装着。

 


晴れてて気持ち良い!

 


ここまで10km以上歩いてるけど、ソウタは笑顔。本当にあと少し。頑張るぞ!
キャプリーン3、いい仕事してます。

 


これが最後の登り。山頂の避難小屋も見えている。

 


石尾根を振り返り・・・

 


東京都最高峰、百名山でもある雲取山(2,017m)、登頂成功!おめでとう(^^

 


みんなで記念撮影。

 

山頂まで11.5km、標高は1300m上げてきました。足が痛いと何度か言ってたけど、自分のペースで地道に前へ進み、ここまで辿り着いた。親目線だけど、本当にすごいなーと思う。少しウルっときたり…。登頂できることになんの疑いもなかったけど、実際に辿り着くと感慨深いもの。
たくさん褒めてあげました^_^

この後、この親子パーティーはまだまだ歩きます(笑)
後編に続く。。

 

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 10 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんばんは。

    ソウタ君凄い!そして、子供にこんな経験させてあげられるu10さんはもっと凄いです!
    この原体験は、子供にとって一生の財産になるでしょう!
    我が家も見習わないと^^;

    まずは、親父の装備から整えます(-_^)

  2. hikatsubakaさん

    友達と一緒に歩いて、山バッジ買って、テントで泊まって、景色見て….
    いつまでも記憶に残ってくれるといいなーと思います(^^

    寝袋とテントあれば大丈夫です(笑)
    一緒に歩きましょう。お声掛けしますね〜

  3. ソウタ君よく頑張った!

    ケータが5歳時に登れただろうか...きっと無理だな(^^;
    鴨沢ルートは地味に長い印象が...飽きずに歩けたのも素晴らしいですね。

    頂上での達成感ハンパなかったでしょうね^^
    うーん、一緒に味わいたかったな、後編も楽しみにしてます。

  4. 忠太さん

    地味に長いですよね〜
    たぶん飽きずに歩けるかが鍵なんだと思います。
    R君がいたので、テンション高く、こちらの心配をよそに元気に歩いてました。

    距離もあったし、達成感しっかりと感じました。
    ケータくんもいたら、子供達はしゃいでたろうなーなんて(^^
    次の父子テン泊でぜひご一緒に〜

    GW前後、どうっすか?(笑)

  5. こんにちは

    距離の長さはありましたが、天気に恵まれてサイコーの山行でしたね!
    うちの子が最初はちょっとアレな感じでしたが、一緒に登頂できて良かったです^^

    しかし、またまだ歩く後編…
    ここから(エクストリームな意味で)本領発揮ですねw
    後編楽しみにしてますねー

  6. MITSUさん

    お世話になりました〜
    天気よかったのが一番だよね。
    天気悪かったら、モチベーションも低かったかも(笑)

    子供の機嫌は難しいよね。うちの子、この日コンデション最高だったのかもw

    後編・・・あやうくあっちの世界に行くこところでしたねw
    危ない危ない。。

  7. こんばんは
    ソウタ君頑張りましたねぇ^^u10さんもお疲れさまでした。
    それにしても、写真のあちらこちらにウォーリィーさんが写ってる。w
    雲取山も是非登ってみたいですね^^

  8. tatudayoさん

    ウォーリーを探せ!(笑)
    そういえば、似たような人いましたねww

    雲取山、歩きごたえあるのでtatuさん好みかと(^.^)
    瑞牆山あたりから縦走できますので、是非(笑)

  9. 子どもたち、すごーい!
    この距離を歩いちゃうんなんて、びっくり。

    天気も良くって最高のようですね~
    あっ、昨年は雪でしたね・・・思い出しちゃいましたwww

  10. mokaさん

    子供達、頑張りました〜
    一人より二人、いつもより楽しく歩けたからだと思います^^

    天気、よかったですね〜
    雲取山からの景色がこうなっていたんだと、2回目でわかりました(笑)
    去年はガスガスでしたからねww

COMMENT

*