ULで折り畳めて保冷ができるバケツ「ビールノプール」

asobitogear

asobitogearから新商品!軽量(UltraLight)で折り畳みができて、保冷機能のあるバケツ。←文字だけでも情報量が多めw

クラフトビールへの愛情表現プロダクト第二弾

asobitogearのビール関連アイテムは、「クラフトビールへの愛情表現プロダクト」と銘打ってリリースしている。なぜなら、いずれのプロダクトも「ビール愛」に溢れてるから。

第一弾は、グラスを運ぶ為の無駄な遊び道具「グラスキャリーポーチSOSO-Gソソグ」。アウトドアでも、わざわざグラスを持ち歩いて、そのグラスにクラフトビールを注いで飲む。これは、ビール愛がなければ無理(笑)。そんなニッチなプロダクトにもかかわらず、想像以上の数を製作させてもらったのは、嬉しい限り。クラフトビール人気の高まり、さらにアウトドアでクラフトビールを楽しむ人が増えてきたことが影響してるのだろうね。キャンプで、ハイク・ラン・ライド後の一杯にクラフトビール!という人達が増えているんだろう。そういう層に刺さったプロダクトだったと思う。

そして、第二弾が今回の「ビールノプール」。外でもキンキンに冷えたクラフトビールが飲む為に作ったプロダクト。そう、これも「アウトドアとクラフトビールをもっと美味しくする道具」なのだ(笑)。

現地で冷やす

これまでの僕。「いかにして保冷するか。冷たいまま現地に辿り着けるか」。これだけを考えていた。もちろん、これは普通の発想で、アウトドア業界におけるクーラーボックス・バッグの需要を見ていると納得できるもの。僕自身、クラフトビールをアウトドアで楽しむようになって、これまで以上に『冷たい』状態で飲むことを考えるようになった。Oasisシリーズでビール専用保冷バッグを試作したり、あれこれ工夫してね。

でも、保冷って「時間」が肝。自宅を出てから現地までの時間が長くなればなるほど、冷たい状態をキープするのが難しいのは当たり前のこと。この前、山のテン場にビールを持ち運んだけど、キンキンに冷えたビールが飲めたのかというと、そうでもない。山だと、自宅を出てから10時間(時には20時間~も)以上経過してることが多いから、やっぱり難しいと思う。

そこで思ったのが、「現地で冷やせば良くない?」と。

そういえば、昔はバケツに氷入れてビール冷やしてたことがあった。山小屋でも水の入った大きなシンクにジュースやビール、りんごやトマチなんかが冷やされていたなぁ。山のテン場で氷の調達は無理だけど(残雪は有り)、冷たい沢が近くにあれば、冷水を汲んでビールを浸せば良い。下界のキャンプならスーパーやコンビニで氷を買ってビールを入れたら、これ間違いなくキンキンに冷えるよな。あぁ、そうか。保冷にこだわり過ぎるあまり、見えてなかったよ。

ウルトラライトな折り畳みできる保冷バケツ

現地で冷やす為に必要な道具を考えた。バケツだ。ブリキ缶に氷を入れてコロナビールを冷やしている、あのシーンのように。

単にバケツ用途としてなら、シアトルスポーツやスノーピーク、オルトリーブなどの折り畳みバケツでも良い(重量気にせず比較的安価)。もっと言えば、100均で買えるアルミバッグでも良いかもしれない(防水性なし、とにかく安い)。でも、僕は欲しいバケツはそれじゃない!

バケツなのに保冷機能があって、蓋もあったら陽射し除けになるな。やっぱりULじゃないと。折り畳めてコンパクトになると道具の幅も広がるな。・・・と色々考えて誕生したのがビールノプールというわけ。

こちらがビールノプール。「保冷」バケツってのが肝なのですよ。

外生地にECOPAK。本体内側に遮熱材のアストロフォイルを巻いている。取り外しできる上蓋も付けた(裏側に同じくアストロフォイルを重ねている)。インナー生地は、シリコンコーティングされた軽量防水生地コーデュラリップ(現在は50デニールのECOPAKに変更)。内張り生地を縫わないようにすることで防水性を持たせたので、水も汲める。そして、折り畳んで収納できて重量約155g。これが保冷バケツ「ビールノプール」の全容。

この道具が活きてくる状況を想像したら、欲しいと思えたものは、単なるバケツではなかったんだよね。だって、軽いだけならDCF使えば良いし、頑丈なバケツを雑に使うなら、シアトルスポーツとかでいいでしょ?。

保冷機能

本体内側にアストロフォイルを巻いているので、単体での保冷効果もあるわけだけど、特筆すべきはこの「上蓋」の存在。単なる生地ではなくて裏側にアストロフォイルを重ねた蓋。そして、取り外しができる。ビールノプールが単なるバケツじゃない部分。

蓋があると、陽射しを遮ってくれるので氷を解けにくくしてくれる。これ大事ね。開閉重視なので、隙間アリ冷気ダダ漏れの被せるだけな蓋なんだけど、それくらい緩くて良いの。だってバケツだから。この蓋を付けた分、値段は高くなるけど欠かせないパーツ。

防水性

インナー生地にもこだわる。コーデュラリップを選んだポイントは3つ。1つは防水性。コーデュラリップはシリコンコーティングされた生地なので、防水面で問題なし。2つ目が透明性。内側にあるアストロフォイルのシルバーが見える程度の透け感があること。シルバー部分が見えてると、冷えてるように感じない?気のせい?w。そして、3つ目が軽量性。やっぱり軽さにはこだわりたいので、単に透明の塩ビとかを使ってしまうと重量も増えるわけでして。

軽量防水生地で透け感のあるナイロン生地は、今のところコーデュラリップ。他にも良い素材があれば採用したいので、今後も調査は続けたい。

(2021.10.30追記)→ECOPAKの50Dホワイトが候補に急浮上。元々、白の半透明を使うつもりでいたのだけど、グレージュの渋いカラーも良かったので試作に採用。初回製作分は、ECOPAKのホワイトに切り替えて製作。

収納面(折り畳み)・重量

折り畳みができる保冷バケツ。アストロフォイル自体が嵩張る素材だから、めちゃくちゃ小さくはならないけど、重量が約155gと軽いなので、持ち歩きやすくパッキングもしやすいと思う。自転車のフロントフォークに括り付けたり、キャラダイスのサドルバッグに外付けしたり。バックパックのフロントポケットに入れたりね。これなら、BBQやピクニックにだって使えるよね。

サイズ

サイズは一番悩んだ。手元に何個も試作品が転がっている(笑)。最終的には、22cm×22cmの正方形、高さ約13cmとした。この画像は試作品で、高さが1cm低い12cmバージョン。高すぎてもダメ、低すぎてもダメということで、悩んだ末に350ml缶の高さを基準にして約13cmに落ち着いた。20×20cmバージョンも試作したんだけど、ちょい小さく感じたのでボツ。逆に、これ以上大きくすると、軽量性やコンパクトさが失われるだろうから、今の段階ではこのサイズがベストと判断。今後、万が一ニーズがあるならば大きなサイズも検討はするけどね。

ビール缶だと4~5本くらい横にして入れられる。今回使ったのはスーパーに売ってる大きめの氷なので、粒の小さい氷(無料でもらえる製氷機の氷など)なら、もっと入るんじゃないかな。ソロ~デュオで飲み物専用バケツにするなら、これくらいが丁度良いと思う。

バイクパッキングでキャンプ場について設営を済ませ、近くのスーパーまで氷と食材・ビールを買い出しに行く。ビールノプールを拡げて、氷とビールを入れて冷やす。缶を回転させると冷えるみたい。こんな保冷バケツが手元にあって、冷たいビールが飲めるなら最高じゃない。因みに、グラスに注ぎきれなかった缶をバケツに戻しておけば、冷たさキープ。こういう使い途もあり。

ビールノプールについてインスタにUPしたら、取り扱いショップさんから想像以上の好反応をもらった。特にバイクパッキングや電車キャンプなどの、食材飲み物「現地調達スタイル」と相性抜群じゃないかな。家からクーラーバッグ持っていくの大変だもの。これなら、行き帰りで邪魔にならない。

こだわり素材を使って、欲しい機能も妥協せずに盛り込んだから、価格は高くなった。価格は税込8140円。興味ある方はオンラインストアからどうぞ。在庫販売と予約注文(納期は約2ヶ月)です。

ビールノプール、検証記事

ためしてみらっし C.A.B TRAIL、イベント出店のお知らせ