自由に間仕切りできるバイク用フレームバッグCubicle(キュービクル)

asobitogear

ペップサイクルズ用に作ったフレームバッグをアップデート。

自由に間仕切りできる

最大の特徴は、間仕切りが自由にできるところ。前回試作では、1か所にしか付けなかったパーテーションプレートを、今回のアップデートでは、上下ならどこでも自由に付けられるようにしました。これ、調べた限りでは既存のフレームバッグにはない機能だと思う。『asobitogearが初』というアピールも忘れずに書いておくw

Pepcycles ペップサイクルズ NS-S1用フレームバッグ

パーテーションプレートを1枚入れた場合。横長のフレームバッグを二分割できるから、荷物が少ない時は片側だけ使うことができる。

こちら2枚のパーテーションプレートを入れて三分割に。カメラバッグの間仕切りを参考に、フレームバッグに応用してみた。

こんな感じで荷物を入れることができる。前側にテールライトやフロントライトなどの小物。真ん中にコンデジ。後ろにABUSのチェーンロック。分割しなくとも、がば~っと入れてしまえるけど、分けて入れることで、取り出しやすくなるかなって思う。

面ファスナーがくっ付く生地をマチ部分すべてに配置。付属するパーテーションプレート2枚を使って、好きな位置で、区切ることができる。使わないときは、底部や端っこに寄せておけばOK。パーテーションプレートには6mm厚のクッション材を入れているので、保護の役割にもなって◎

Cubicle(キュービクル)の名前の由来は、「仕切った部屋・空間」という意味。従来のフレームバッグにはない機能を持った、asobitogearらしさの詰まったフレームバッグに仕上がったと思う。

公式HPのブログにも詳しく書きました。興味ある方はこちらも読んでみてください。

片側のマチなし部分にも、ポケット袋を付けたので、スマホ・お財布・鍵など、小さな荷物も小分けにできるので、前後に揺れ動くこともなく。ちょっとした工夫だけど、少しでも使いやすくなればと思って作ってる。

現状、ペップサイクルズ専用サイズでの販売をメインにしてますが、他メーカーのバイクに合わせた製作も可能なので、この間仕切り機能が付いたフレームバッグが欲しい!なんて方がいましたら、ショップサイトからご相談ください。いずれは汎用性のあるサイズでCubicle(キュービクル)フレームバッグを展開したいと思っています。

販売については、8月末を予定。9月に清里のフェスイベントにasobitogearで出店が決まりましたので、ペップサイクルズNS-S1とフレームバッグを付けて、サイクルバッグのArch7とセットで展示予定です。