大好きな場所へ〜秋の三浦半島で子供と野営

キャンプ

2015.11.7〜11.8、いつもの三浦半島で野営。久しぶりに行ったけど、気持ちよかった。

二者択一

特に予定を入れていなかった先週末。近所のひだまりファームでお気軽キャンプでもしようと考えていましたが、ひだまりファームがまさかの満サイト!紹介しておいてなんですが…大盛況のようですね(汗)利用者が増えキャンプ場が潤うのは嬉しいことですが、反面、行きたい時にふらっと行けなくなったのはちょっと悲しいかも。でも、商売が繁盛しているのは良いことだし、これからも頑張って欲しいです。我が家は空いてる時に行きたいと思いますw。ということがあったので、行き先はいつもの三浦半島某所へ(笑)今年の2月に野営して以来。

8時出発の10時半到着。圏央道からぐるっと回るので遠回りだけど、これが今の所一番近い。東京外かく環状道路ができたらもっと手軽に行けるようになるのかな。

車から荷物を出していたら、ソウタがいつの間にか貝殻収集してました。早業だw

モンベルステラリッジ3 & Myog Tyvek Tarp
モンベルステラリッジ3 & Myog Tyvek Tarp

早速、三浦野営のおきまりセットを設営。風は微風だけど、急に強くなる場合もあるので安心安定のモンベルで。3人だとちょうど良い広さ

myog tyvek tarp。青と白のコントラストが最高

Tyvek Tarpの風合いに癒される。青空と白いタープのコントラストが最高。

一息ついたので軽く磯遊び。カニなどを捕まえて観察中のソウタ・ゲンタ。

お昼はおにぎりやパンで簡単に済ませ、夜の焚き火に備えるため流木集めのぶらり散歩へ。秋ですな

今日は風も弱く穏やかな海。浜辺を歩いてるだけでリラックスできる。

流木を一生懸命探す子供達。おかげさまでたくさん集めることができたよ。ありがとう。

流木を集めて焚き火の準備

本日の成果。燃えるのが早いから足りるかな?太いのが何本かあるから大丈夫そうだけど…

そして再び磯遊び。カニを探すソウタ

大量のカニとヤドカリを捕獲。ヤドカリをじっくり観察するソウタ・ゲンタ

自分で採った生き物をいろいろ見せてくれました。

ちょっと気になったのが、上の写真でもわかるくらいゴミが多かった事。。夏の間、海水浴客で賑わうこの浜辺。ゴミの持ち帰りという最低限のルールは守って欲しいもの。見える範囲で持ち帰ろうと思うも、あまりの量に断念。次に来る時は、大きなゴミ袋持参で清掃活動かな。年に数回、お邪魔しているので綺麗な浜辺に戻るように微力ながらお手伝いしたいです。

千葉や道志方面では雨が降ったようですが、三浦半島南端は降らず。明日の朝まで持って欲しいな。

久しぶりに3人でのんびり過ごすことができました。パパは少し昼寝したりね。

myog tyvek tarp & モンベルステラリッジ3

Tyvekタープは、3m×3mと小さいけど、3人なら十分。遮光性も抜群でお気に入りの自作ギア。

ファイヤーピット

日が傾き、肌寒くなってきたので焚き火の準備。本日のファイヤーピット。

良い感じに燃えてます。

日暮れ間近の浜辺で焚き火に癒される

日暮れ前のこの時間が好き。子供達は自由に遊ぶ。ネイチャーしてるって感じw

日が落ちてランタンを灯したところで、mokaさん親子が到着。

子供達同士、虫を捕まえたり仲良く遊んでます。でも・・・mokaさん親子、無念の撤収w

我が家だけになったいつもの浜は、もの凄く暗くて、そして静かでした。子供達が眠いと言い始め、乾杯用に残しておいたビールを飲むことなく、一緒に寝袋へ。

焚き火を片して、おやすみなさい….

雨が降る前に

7時起床。気温10度。雨はまだ降っていない。

寝床はいつも通りだったけど暑かったです。ソウタは汗だくになって0時に一度起きた(笑)シュラフ要らなかったかもね。

マット:THERMAREST(サーマレスト) リッジレスト ソーライト
シュラフ:ナンガ ポーリッシュバック600DX

降られる前にサクッと撤収しちゃいましょう。ヴァナゴンのオーニングを出せば快適空間。タープが少し濡れちゃったけどすぐ乾くレベル。おかげさまで快適な撤収ができた。

9時過ぎ、本降りになってきたので某所を後にして城ヶ島へ。雨のお散歩も悪くないね。

ミサキドーナツ

お目当はミサキドーナツ。一度食べてみたかったんですよね。雨の開店待ち。

1個250円もするドーナツを頬張る子供達。どうだ、美味しいか?ママにお土産のドーナツをテイクアウトし、12時過ぎには帰宅しました。

2日目は生憎の天気だったけど、初日は天気も良く、久しぶりの三浦を満喫。海はたくさん遊べるので、子供達も大喜びでした。また来ようね〜と子供達と約束。

秋の三浦野営。また来るよ

次は来年かな。


毎日を軽くする。子供が主役のULギアブランド
asobitogear

子供達の日常に軽さとコンパクトさを!Ultralightを!というコンセプトで、子供のための外遊び道具を企画・制作するブランドです。大人達が身に着けている、軽量素材、高機能素材こそ、子供達に使われるべき。そういう想いで立ち上げました。当ブログから生まれた、asobitogearプロジェクト、ぜひご覧になってください。(もちろん大人も使えます)


8 件のコメント

  • この時期の三浦はやっぱりガラガラなんすね。
    もりまきはこの時期にしてはすごく混んでました。
    直火で焚火がワイルド。気持ち良さそう〜。(^^

  • こんばんは。

    タイベックタープなど、u10さんの自作ギアは凄いです。透湿防水シートの風合いは魅力的ですね。
    海と空の青、ステラリッジテントとのコントラストも素敵です。

    私たちはクロノスドームにバロウバッグ#3なのですが真冬にキャンプしたことがないので色々と不安もあります(低地のゆるゆるなキャンプ場ですけど)。
    この時期でもテント内で汗ですか。。クロージングもしっかりと対策されているのですね。
    今年は機会があれば1泊してみたいと思っています。

    なるほど!ヴァナゴンのオーニングはこういうときにも大活躍というわけですね。
    車の使い方も大変興味深いです。
    私もボックス系の車に換えましたのでそのあたりも考えるのがおもしろそうです。

    私も幼い頃から海が大好きです。風や波の音、におい。
    自然の中で上手に遊ぶお子様の表情がほんとにかわいいです。

  • 明るい時間の海岸は、こんな感じだったんですね~
    やはり、いいロケーション。
    この時間に着いてたら、、、、あんなことにはならなかったかもなあ。
    (そのへんの作戦もあまかったと、反省です)

    また、遊んでくださーい(涙
    乾杯もしたかった・・。

  • MOMOパパさん

    釣り人とダイビングの方が数名だけ。時期的にも静かに過ごせますね。

    森まき、いろんな方がいかれてましたよねー。
    この時期の千葉は混んでるイメージあります。暖かいから?

    直火が気持ちよく、雰囲気に酔いしれましたww

  • mokaさん

    明るい時間に到着だったら、少し変わってたのかもしれませんね。
    次は昼間からやりましょうねw

    乾杯は雪山に取っておきます(笑)
    年末、行きましょうね〜

  • sukesukeさん

    Tyvekは最初に縫った道具で、思い入れあります^^
    もちろん機能性バッチリなので、重宝してますよ。暑い日は本当に涼しくなります。お試しアレ^^

    バロウバッグ#3なら、着込めば0度まで問題ないような気もしますが、こればかりは個人差ありますので。。実地で検証が必要ですね。
    シュラフ内の隙間が寒さになるので、インナーシーツを入れるとか、ダウンを着るとか工夫次第でしょうか。

    オーニングは、車を買った時に付いていました。あまり使ってませんが、こういう状況ならタープ畳んでも快適空間を作れます。

    年に2〜3回行けるかどうかという感じですが、三浦の自然を子供達も楽しみにしてますね^^

  • 横浜在住の親子キャンパーです。楽しそうな雰囲気堪能させて頂きました。三浦半島は海水浴に行くのですがキャンプは未体験でした。三戸浜海岸位しか車が近くまで乗り込める場所知りません。
    よろしければこっそり教えて頂けませんか?けして荒らしません( ´∀`)
    暖かくなる前にキャンプ行きたいと思っています。

    • コタローくんのパパさん

      コメントありがとうございます。

      実は、僕も知人からこっそり教えていただいた場所なので…
      申し訳ありません(^^;

      とは言え、かなり有名な場所になってしまったようなので
      検索でヒットするかもしれません。

      最近、行けてないので、今度偵察に行ってみます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUT US

    アバター
    1976年生。30半ばまで山とは無縁の人間が、子供と一緒に山歩きできたら子育てにも良さそうだし、楽しいだろうなぁという単純な考えで始め、そのまま山にどっぷりとハマってしまう。趣味で始めたミシンも小さいながらもブランドとして立ち上がり、我が家の子供達はパパが作った道具を身に着けてアウトドア活動に励む日々。そんな40代パパが、子供達(三兄弟)と一緒に山で遊んだり、キャンプをしたりと、外遊びの記憶をブログに綴っていきます。