PICA富士吉田で雪遊び

キャンプ

2017.1.14〜1.15、2017年のそとあそび始め、PICA富士吉田で雪遊びしてきました。

PICA CAMP初売り

初売り。あまり利用する機会がなかったんですが、久しぶりに使ってみました。壁と屋根のあるコテージ、いい響きだ。壁と屋根…う〜ん、幸せ。

出発を決めたのは当日の朝w。受付に電話をして空きを確認してから出発。急がなくても自宅から1時間で着いてしまうという近さ。近いって罪だw

PICA富士吉田コテージ・ハンモック&VW Vanagon

利用したのはコテージ・ハンモック。定員4名はちょっと狭いけど、子供が小さいから十分かな。と思ってたら、子供達が部屋ではしゃぎ回るから、もっと広いマッシュルームパオ・フォレストにすべきだったかも。

コテージ・ハンモック
B料金、3〜4名利用:15,100円→7,550円

場内には雪が残ってはいるけど、想像よりは少な目。でも子供達には関係なし。スコップやソリを出して、さっそく遊び出す。ガチガチの雪だけど、それなりに遊べるかな。ソリ滑りに適した坂がないので、ちょっと厳しいかも?

と思ったら、コテージ裏のゆるい斜面を使って果敢に滑っていた。先週の連休混雑が嘘のような閑散とした場内。僕らが利用するコテージ・ハンモックエリアには他の利用者がいないため、こうやって気兼ねなく遊べました。

年末のフォレストパークあだたらでは、長靴で寒そうにしていたゲンタ。ようやくスノーブーツ買いました。スパイク付きで、このタイプは子供心をくすぐるよね。妙なかっこ良さを感じた記憶がある。もちろんゲンタも大喜び。

フォレストパークあだたらで年末キャンプ

2017-01-05

ユウタは雪遊びが大好きみたい。寒いけど、鼻水垂らしながら遊んでた。
ソウタが小さい時に着ていたのウェアも未だ活躍中。

この時期の焚き火がまた格別。

ちょっと寒くなったら、火にあたってまた遊ぶ。子供の頃、雪遊びして一斗缶の焚き火にあたって、また雪遊びして・・・そんなことを思い出した。

子供達は雪さえあればどこでも遊べる。ソリも楽しいけど、スコップとかでガチャガチャ遊ぶのが楽しいのかな。ショベルも取り合いになるから、もう1本欲しいところ。プラスチックだと壊れるし、鉄の重いのは子供が扱えない。となると、やっぱり雪山用のスノーショベルか。うん、これは買わなきゃいけないな。また、購入の理由ができた(笑)

これとこれを狙ってるところ

created by Rinker
¥4,374 (2019/06/18 14:05:04時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥4,665 (2019/06/18 16:58:49時点 楽天市場調べ-詳細)

日が暮れるまで雪遊び。焚き火の暖かさが染みる

created by Rinker
¥8,640 (2019/06/18 15:37:47時点 楽天市場調べ-詳細)

じっくりと冬の焚き火を楽しんで、部屋へ…

壁と屋根、LOVE

夕食は鍋&吉田うどん&ほうとう。吉田うどんもほうとうも、どちらも美味しかった〜。いつものキャンプと違い、快適すぎて困るくらい。もうテント張れないかも(笑)

食後のお菓子タイム。暑すぎて裸になってる三兄弟(笑)たしかに部屋の中が暑すぎて、気持ちはわかるけど、どうなのよw。壁と屋根の偉大さを改めて実感。-14度でテント泊とか、マジ無理です。

キャンプサイトには1組だけ。コテージも我が家だけ。とても静かな夜を過ごせました。ぬくぬくの部屋で23時過ぎまでのんびりとお酒を飲みながら、幸せな気分でオヤスミナサイ

天狗岳〜黒百合ヒュッテ 子供と雪山テント泊(後編)

2016-12-26

翌朝。-15度まで冷え込みました。テントとか無ry

撤収作業はないから、朝から子供達と一緒に雪遊び。天気は良いんだけど、まだ-10度。風もあって、普通に寒い…

4人乗りは、ちょっと定員オーバーだったか(笑)ソリ、もう1つ必要だね。

雪の塊を化石に見立てて遊んでいたユウタ。多少の愚図りはあったけど、最後まで雪遊びを満喫した様子。来月、また連れて行ってあげよう。

壁と屋根のあるコテキャン、最高でしたー。今年もスタイルにこだわらず、子供と一緒に外あそび。ただそれだけを純粋に楽しんでいきたいと思います。あそぶぞ〜!!