KLYMIT Inertia Xframe & Cush

山道具

軽量でコンパクトなマットを買いました。

マット事情

僕がソロで使用しているのは、LocusGearのヒプノス・マット(カットして約280g)。クローズドセルマットになります。 広げるだけなので手軽だし、多少手荒く扱っても大丈夫なのが気に入って使ってます。
ソウタ用は、PUROMONTE(プロモンテ) エアマット180(約580g)昨年末の神津島バックパックキャンプの為に購入しました。

僕のマットは、このままローカスギアで良いんですが 二人でテン泊となるとプロモンテのマットより、さらに小さく軽いマットが欲しくなります。

いろいろ悩んだ結果、クライミットのイナーティアXフレームをチョイスしてみました。

 

KLYMIT INERTIA XFRAME

重量 258g
サイズ 180 cm x 45 cm x 3.8 cm
素材 トップ:30D(デニール)リップストップナイロン
ボトム:75D(デニール)ポリエステル
付属品 ドライエアーポンプ、Xフレーム専用スタッフサック

 


缶ビールと比較すると、そのコンパクトさが際立ちます。 これならザックに入れても、まったく影響ないですね。

 


中身はマットとポンプ、そしてリペアキットが入ってます。

 


ペラッペラです(笑)

 


空気を入れる場所は2箇所。息を吹き込むところと・・・

 


ポンプを装着して入れるところ

 


3〜4回息を吹き込み、ポンプで仕上げ。かなり楽チンです^^
ご覧の通り、骨抜きしている分、軽くなってます。

 


こちらが頭部。
体重がかかる部分にはしっかりとフレームがあります。

 


腰の部分。この部分がしっかりしていれば、問題ないはず

 


足の部分。ここは、まぁ、必要最低限といったところ。

 

気になる寝心地は・・・
個人差があると思いますが、僕は問題なかったです。実際に寝てみたら、肩・腰の部分はしっかりフレームがあったので、割と普通に眠れました。慣れるまで少し時間はかかりそうだけどw

もちろん悪く感じる人もいるでしょうね。
モンゴルで地べた寝に慣れている僕は、そこそこ良いと感じましたw

※詳細はmoonlight-gearさんのHP

2人でテン泊する時は、イナーティアXフレームを僕が使い、ソウタがヒプノス・マットを使う。このセットで、8月某所で実践してみます(^^

 

もう1つ
あまり必要ないとおもっていた枕も買ってみました。
以前、肉王mokaさんに(モンベルの)枕良いですよ!と言われたので….
モンベルではなく、マットと同じくクライミットのCUSHですがw

KLYMIT CUSH

サイズ  73×20
重量   90g
カラー  ブルー
素材   トップ:50D4方向ストレッチポリエステル/ボトム:75Dポリエステル


横に長いです。座布団にもできますよ。
運動会で使おうと思って、2個買いました(笑)

 


耳がつぶれないようにイヤーポケット?へこみがあります。
寝心地はどうかな?

 

 


普段、雑誌なんて買わない僕(立ち読みで済ますとかでなく、読まないという意味)が、これだけは見逃せなくて、久しぶりに購入。

Fast Packing、自分が目指している方向に近いです。
これ読んで、勉強したいと思います。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クライミット-KLYMIT イナーシャエックス
価格:14040円(税込、送料無料) (2017/1/10時点)