お友達と卒園おめでとうキャンプ~長瀞キャンプヴィレッジ

キャンプ

2018.3.24~25、ゲンタの卒園おめでとうキャンプで再び長瀞へ。

お友達と初キャンプ

ゲンタが同じクラスで仲良く遊んでいるKくん。通う小学校が違うので、卒園するとなかなか会う機会も少なくなる。ご近所だと子供達同士で公園遊びなんかもできるけど、ちょっと距離があると、どうしても親主導になってしまい、何かきっかけというかイベントがないと会う機会が少なくなる。
できることなら、これからも2人には仲良くして欲しい。よし!思い切って、お誘いしてみよう!卒園祝いも兼ねた、我が家の定番外遊び「キャンプ」に。

前日のお声がけ(笑)にも関わらず、OKのお返事。いきなりキャンプで、少々驚かれたかもしれませんがw

 

Kくん家族にとっては初めての家族キャンプなので、いきなり野営場で、トイレなし水なしだと厳しいだろうからw、我が家の得意分野である高規格で攻めてみることにする(ツッコミはいらないw)。気負わず気軽にゆるーくやりたいので、遠出ではなく近場。となると、最近お気に入りの長瀞キャンプビレッジしか思い浮かばなかったです。PICA富士吉田も候補でしたが、渋滞の激しい中央道より、関越・圏央道の方が、帰りが気楽なんですよ。

 

長瀞キャンプビレッジへ

3週間前にも行ったばかりの長瀞キャンプヴィレッジ。3500円/泊は、やっぱりお得だと思う。めちゃくちゃ山奥でもないし、かといって、車がビュンビュン通ってる市街地感もないし。ここなら初めてのキャンプでも雰囲気は十分味わえるでしょう。

子供と焚き火キャンプ~長瀞キャンプヴィレッジ

2018.03.09

 

で、冒頭の写真。久しぶりに大型幕を2張り。今回は写真をほとんど撮れなくて幕の写真すらないw

Kくん家族にはテンティピを貸して、我が家はPiru6。初キャンプがテンティピとは、なんとも贅沢だ。快適に過ごせたでしょうか。我が家は、ゲンタ・ユウタの3人なので、食事スペース兼寝床でPiru6にしました。本当なら、ソウタもママも全員で参戦予定でしたが、ソウタが直前になって腕が痛いから家で休むと言って、お留守番。ギプス生活で無理はできないので。

 

ゲンタはずっとKくんと一緒。2人で遊べれば、場所なんて関係なく楽しいんだろうね。思いきり遊べ。

 

Kくんのお父さんが、いろんな遊び道具を持ってきてくれたので、子供達も大喜び。特にこれ、男の子は大好きでしょう。ユウタがこればっかりやってたw

 

ゲンタが定位置(大人の膝の上)にいるということは、そういうことw。甘えるの上手だから、自然とこうなるんだよね。僕はビールを飲みながら、ピザの準備したり、あれこれ。

手作りピザ、喜んでくれたみたいで、天火オーブン持参した甲斐があった。キャンプの食事は手軽に済ませる我が家だけど、こうやって子供達一緒にピザ作りも良いものだね。キッザニアみたいな感じで楽しんでくれたかな。

 

食後はお楽しみの焚き火タイム。やっぱりこの時間が大好きだし、大切にしたい。子供達と一緒に火を囲むだけで、最高なんだよね。焚き火番を交代したり、マシュマロ焼いたり、キャンプの夜を満喫。Kくん、お姉ちゃんも楽しんでいる様子。日が暮れても外で遊べるって、やっぱりワクワクするよね。キャンプ楽しいでしょ?^_^

ペグ打ちが人気で、「ゲンタ君はやーい」と驚かれてて、本人は超ご機嫌だったw。

 

Kくんのお父さんは、本当にいろんな道具を持っている(笑)これ、電子紙芝居?というのかな。白いヴァナゴンがこんな形で役に立つとはねw。声は人力だけど、お父さんがお上手で。子供達、真剣に聞き入ってました。なんだか、夏キャンプの気分。花火があれば完璧だったかな。

 

火遊びに夢中な子供達もテントへ。大人も23時過ぎには解散。この夜は、ゲンタとユウタが交互に夜泣きをしたので、とっても大変だった(涙)寒いと、鼻が詰まって泣く。ゲンタは何度もキャンプに行ってるけど、これだけは変わらないんだよねw。

 

まだ小さい時、ベビーカーに乗せられてキャンプしてたのに、今では立派な焚き火ストか。感慨深いねぇ。あと数日で小学生になるゲンタ。改めて卒園おめでとう。小学生になること、少しドキドキしてるみたいだけど、大丈夫。ソウタもいるし、ゲンタならすぐ友達もできると思う。

 

幼稚園最後のキャンプ、良い思い出ができました。ありがとうございました。

帰りの車で、ゲンタは寂しくなって泣きそうになっていた。それだけ楽しかったということか。親としてはできるだけ、一緒に遊べる機会を作ってあげたいと思う。Kくんも楽しんでくれたようだし、また会いましょう!

 

※Kくんお父さんブログ