Cuben-ZipPouch/asobitogear

asobitogear

キューベンファイバーを使った定番ZIPポーチを作りました。

キューベンファイバー

最近お気に入りなのが、キューベンファイバー。正式名称は、Dyneema Composite Fabric(DCF)。いわゆるcuben fiberと呼ばれるものです。この素材の良さは、まず軽さ。それと防水性が高いこと。以前、ザック内で油やワインが漏れたことがあって、シュラフやウェアを濡らした苦い経験があります。幸い、油はX-Pacの袋内で留まっていたので、大惨事は免れましたがw。最近もMacBookを水没させてしまい、大事なものは防水ケースで守らなければいけないという、基本的なことを身に染みて実感した次第です。来年計画しているロングハイクに向けて、軽量化と防水性の向上を考えると、キューベンファイバーが良いだろうとなったわけです。何より見た目も良いですよね。この絶妙な透け具合がたまりません(笑)貫通には弱いけどw、強度も抜群でとても優秀な素材だと思います。

 

Cuben-ZipPouch

サイズって難しくて、僕が欲しいサイズが必ずしも誰かが求めているサイズではなかったりします。今回作った3サイズも、便利なサイズかもしれないし微妙なサイズなのかもしれない。つまりは、使い方次第、使う人次第ということですね。

Sサイズ。これは以前のレポにも書きましたが、子供達がちょっと出かける時に持っていると便利だなぁと思って作ったもの。好奇心を持ち帰る道具です。拾った木の実やドングリなんかを入れたり、小屋で買った山バッジを入れたり、飴を入れたり色々と。我が家では、ASOBI-POCKETの脇にカラビナで常時ぶら下げてます。写真のような使い捨てビニール小袋からの卒業なので、今のところ問題なく使えているようですが、貫通には弱いのでどうだろうか。このサイズならもしかしたらX-Pacの方が良いかもしれないとか。我が家は子供達の小物入れ専用で使っていますが、残念ながらカード類は厳しいです。濡らしたくない小物を入れたり、小銭入れに使ったりできますが、正直、使い勝手が良いとは言えないサイズかもしれません。

sizeS
横:約10cm/高さ:約8cm
重さ:5g

 

Mサイズ。僕はモバイルバッテリー&充電用ケーブル入れに。他に、ヘッデンやコンパス、風速計などの備品類(写真上)。それと、カトラリー類(写真下)なんかを入れるのに使っています。小分けにしすぎると袋の重量が増えてしまうけど、それよりも使い勝手重視で。性格上、1つの袋にガバっと入れてしまうと、すごいことになるので(笑)ある程度、カテゴリ分けされてるほうが、便利だと思ってます。皆さんはいかがでしょう。

sizeM
横:約18cm/高さ:約11.5cm
重さ:7g

 

Lサイズ。冬季だと、ハクキンカイロセット一式が丁度良いです。我が家は2個使いなので、燃料ボトル(50ml)含めても収納に余裕あり。万が一、ベンジンが漏れても他の道具に影響は少ないでしょう。他には、お菓子や行動食を入れたり、救急セットを入れたり。靴下や手袋などちょっとした着替え入れにも使えます。

sizeL
横:約21.5cm/高さ:約15cm
重さ:8g

 

ファスナーはアクアガードでスライダーは1つ(右から左で開、左から右で閉)。両側にグログランテープでタブを付けてます。ここに紐を付けたカラビナをかければ簡易サコッシュにすることも可能かも。ファスナーの両端は、キューベン生地を傷めないようにパイピング処理。これをしないと、キューベンの生地が破けやすくなるので、ひと手間加えています。ロゴタグも縫い付け。ファスナーを縫っている時点で完全防水ではないので、ロゴも剥がれないように縫いつけたけど、より防水性を高めるなら接着でよかったかもしれない。

 

素材は1.0oz/sq のキューベンファイバーを使用。カラーは、GrayとBlackの2種類。Grayは透け具合が良い感じで、中身がある程度判別できる。Blackは落ち着いた色で、スタイリッシュだし格好良い。ただ、キューベンファイバーは、比較的早い段階で写真下のような感じでしわくちゃになってしまうけどねw

僕はLが2個、Mが2~3個くらいで丁度良い具合でした。ポーチ型は、隙間にパッキングできるので、案外重宝すると思います。

 

スタンダードシリーズ

定番の形状・デザインをベースにしたアイテムという位置付け。ZIPポーチは、もはや定番中の定番で、アウトドアに限らず、世の中に溢れかえってますよね。こういうのがあったらいいな、子供が使うならこうだな、こんな生地で、こんな色で・・・と頭の中で日々妄想し、悩み、それを形にしてきたYAMA-Shorts&PantsやASOBI-POCKET62cmペグの専用ケースなどと違い、形になるまでの過程と時間はまったく異なります。物理的な制作時間はかかりますが、ただそれだけ。その違いを明確にしたかったので、スタンダードシリーズとしました。同じくキューベンファイバーでスタッフサックも制作中で、このZIPポーチとスタッフサックの2つが、今のところ「スタンダードシリーズ」です。

 

ふとミシンを踏みたくなる時に、気分転換も兼ねて制作。ストックできた分だけの販売です。今回はこれだけです。Lは、ブラック4個、グレー3個、0.8ozグリーン1個の計8個。Mは、ブラック6個、グレー5個の計11個。Sは販売せず。

 

2017年最後のオーダー受付

年内最後になりますが、オーダー受付を再開します。カートは12/28 19:00まで開けております。受注商品のお届けは、2018年2月末を予定しています。かなりお時間いただきますが、余裕を持った無理のないスケジュールを組ませていただいております。ご理解いただきますよう、よろしくお願いします。※在庫品は入金確認後、2~3日で発送します。

Easton Gold 24″ ペグ専用キューベンファイバーケースの販売も行います。

こちらも同様に在庫品で数個しかストックしていませんが、欲しい方がいましたら是非。グリーン2個、グレー3個の計5個となります。

 

asobitogearオンラインショップ