岩場チャレンジ!唐松岳〜五竜岳縦走〜子供とテント泊登山(後編)

岩場チャレンジ!唐松岳〜五竜岳縦走〜子供とテント泊登山(後編)

2017.8.5〜8.6、ソウタと北アルプスの唐松岳〜五竜岳を縦走してきました。
前編の続き、五竜岳にアタックします。

五竜山荘でのんびりタイム

五竜山荘には13時過ぎに到着。設営を済ませたらやることもないので、飲み始めます。乾杯ーー!!
良いペースなのはわかっていたけど、この時間に五竜山荘にいるとは、時間的余裕もできたのでラッキーでした。五竜岳に登る時間もあるけれど、ガスが多めだったので翌日歩くことに。既に気分はマッタリモードなのでw

 

五竜岳とモンベル村w。今夜のお宿は、雨に備えてモンベルステラリッジ3。本当はテラノバの予定でしたが、雨だと室内で調理(自己責任ね)&食事ができるステラリッジに軍配。

Beefさんのテントがステラリッジというインパクト。変化球で来るかと思ったら、直球でした。1周してモンベルな感じ?かな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

mont-bell(モンベル) ステラリッジテント 3型【本体のみ】 1122534
価格:37476円(税込、送料無料) (2017/8/18時点)

 

ビールお代わり@600円。幸か不幸か雨も降らず、のんびりモード。こういう時は読書とかするのが良いのかな?

 

Beefさんに遊んでもらって、楽しそうなソウタ。お菓子食べたり、ビール飲んだり、だらだらと。夕食は早めにいただきました。今回は生米を炊いて、セブンのハンバーグを乗せて。それとマルタイラーメンで汁物を。満腹〜。

 

中止しなくて良かった。火打山(前編後編)以来のテント泊で、なんと!8月にして今年初の無雪期テント泊(笑)雪のない地面が気持ち良いw

 

食後のお散歩で、少しだけ五竜岳方面に足を運んでみます。

 

少し登ったところからテン場全景。奥には午前中に登った唐松岳も見えた。

 

夕暮れショータイム

 

期待してなかっただけに嬉しい誤算。やっぱりオーバーナイトハイクは良い

 

俺たちの夏・・・最&高

 

就寝事情

夜中に雨が降ったようですが、ステラリッジは問題なく。安心して眠れるので、この幕で良かったのかな。気温もそこまで下がらず(温度計を忘れた)、特に寒いと感じることなく朝まで。夏山用のキュムラス X-LITE 200 ZIPはダウン200gの薄手シュラフだけど、850FPもあるからなのか、ダウン量以上に暖かく感じるシュラフなので、我が家のエースシュラフです。何より、1つ390gと圧倒的な軽さ。今の所2個しか所有していないけど、これから家族分もナンガからキュムラスに買い替えていく予定。それくらい気に入ってます。

朝は4時過ぎに起床。辺り一面ガスの中、五竜岳に向かうことにしました。

 

五竜岳アタック!

5時に五竜山荘を出発。この時点で、こんな感じでガスガスw。まぁ、足元が濡れてないだけ有難いと思うことにします。

 

岩場が始まるあたりで、ヘルメットを装着。

 

早朝から気の抜けない道が続きます。まだ眠ってる体が否応無しに覚醒していきます。

 

前日の牛首は横移動。今日の五竜岳は縦(上)移動の印象。距離はないけど、なかなか歯ごたえのある岩場を登り詰めていきます。

 

あそこ、登っていくのね….
遠くから見ると、え?って思うルートだけど、それは奥行きがないからそう思えるだけで、実際に現場にいくと奥行きというか、足場があるので、案外怖くないという。ちょっと離れた場所からここを見たとき、正直厳しいかも?って思いましたもんw

 

小さな子供は歩いていなかったので、おばちゃん達から熱烈歓迎されるソウタw。ちょっと照れくさそうだけど、本人は嬉しいと思うんだ。

 

いざ核心部へ。気を引き締めて頑張ろう!

 

下から見て怖かった場所も、ご覧の通り、ちゃんと足場があるので大丈夫。でも、高度感もあって、岩場に慣れてないと怖いかもしれない。幼稚園児のゲンタにはさすがに無理だね。

 

さぁ、最大の難所。鎖の先、岩を左に巻いていくんですが、右側が切れ落ちているので、なかなかの怖さ(子連れ目線)。とりあえず、見える鎖まで一旦登り、そこで体の向きを変えながら左側に登っていく感じ。

 

ソウタの体では、高さが足りてないw。ただ、絶望的という感じではなくて、うまく手足を使えば問題ない感じ。槍ヶ岳はまだ行ったことがないけど、こんな場所がずっと続いているのかな。

 

ここも難所ではないけど、明らかにデカイ岩を登っていくので慎重に。鎖はなし。ここにあると嬉しいかも….

 

なんとか自力で攀じ登る感じ(笑)ここは落ちても下に僕がいるので、サポートせずに自分の力でどこまでいけるか試す。牛首は横移動で、焦らずしっかり歩けば、まぁ問題ないところでしたけど(あくまで山経験のあるソウタ目線の話です)、五竜岳の登りは、今まで体験した岩場より、「高く、大きい」印象。そう考えると、赤岳って楽チンですねw

 

岩場を無事にクリアし、分岐までもう少し。少しホッとすると同時に、「下り、どうしよう…」という悩み。登りより下りが怖いなぁ。なかなか気が休まりませんでしたw

 

いつの間にかガスも取れた。昨日登った唐松岳と、その奥には去年歩いた白馬三山(前編後編

 

登ってくるBeefさん。こうやってみると険しいルートを歩いてきたなぁとしみじみ。

 

ビクトリーロード。いや〜、よく登ってきたよ。マジで。

 

日本百名山、五竜岳(2814m)に無事登頂〜!!!
ソウタ、よく頑張った!たくましいぜ。後ろに剱岳を従えての記念撮影。

 

3人で記念撮影!いえ〜い!

 

立山。いつかあそこも登りたい。できれば雪のある残雪期に….

 

鹿島槍ヶ岳。ここはまだまだ先だろうなと思ったけど、今回の山行で八峰キレットに挑戦したくなりました。鹿島槍ヶ岳、爺ヶ岳、そこから扇沢へ。昨日、扇沢から五竜岳まで走って、遠見尾根まで降りていった猛者がいたので、そこまでは無理だけど、繋げてみたい山域。

 

名残惜しくも、下山開始。山頂に滞在していた間だけ晴れてくれて、おり始めると一気にガスが立ち込めてきた。本当にナイスタイミングで登頂できたなぁと。ラッキー♪俺たちモッテル

 

いつか・・・ではなく、近いうちに挑戦してみたい場所。

 

例の難所もなんとかクリア。僕が先に降りて、ソウタを下で受け止めつつ。あそこは大人でも慎重になる場所ではないかな。無事、ここまで降りてこれたことに安堵。いや〜、痺れるね。

 

くだりは何ヶ所かで鎖渋滞。登りの登山者を待ちながら。混み合う前に登れて良かった〜。

 

五竜岳登頂という目標を達成できた嬉しさ。これから帰る寂しさ。そんなことを想いながら山荘へ。

 

高速下山

撤収を済ませ、下山開始。Beefさんとほぼおソロコーデという(笑)せっかくなので記念撮影。露出上げすぎて、少し眩しい写真ですが…

 

遠見尾根。五竜山荘に近い場所は、鎖場やハシゴがあり、路面が濡れていて滑る滑る。慎重に通過。

 

一見、こっちが親子ではないかと見間違えるほどの既視感(笑)もちろん打ち合わせなしw

 

Beefさんに引っ張ってもらったこともあって、五竜山荘から2時間半でアルプス平まで到着するという。遠見尾根をこのタイムで降りれるなんてね。ちなみにBeefさんは2時間。走り姿がかっこいいのでありました。

 

アルプス平には白馬五竜高山植物園というのがあって、モウセンゴケや様々な花に足止めされるソウタ(笑)登山道にもたくさん高山植物が咲いていたし、最後まで楽しませてくれる素敵な場所でした。唐松・五竜、いいね!

 

9:50、無事にアルプス平にゴーーーール!怪我なく事故なく、本当に頑張ったね。お疲れさま。

 

コーラで乾杯!走ったりしたので、心地良い疲れ。まだ10時というのも最高じゃないか。

 

帰りは前日からほぼ一緒だったソロの方を待って、4人でタクシーに乗り、八方第3駐車場へ帰還。みみずくの湯で温泉に浸かり(大人600円/子供300円)、お昼前には白馬を後にしたのでした。充実の2日間。最高だぜ〜。

 

総括

目標だった、牛首と五竜岳の登りを無事にクリアできて大満足の山行でした。歩く前は不安ばかりでしたが、いざ歩いてみると、良い意味で楽しいというか、二人してこんなに集中して歩く機会もなかなかないので、クリアした後の充実感がすごかったですw。と、同時にもっといろんな岩場を歩いてみたい・・・という気持ちが芽生えてきて困りますw。勢いで色々と挑戦しちゃいそうになるけど、ここはグッと堪えることに。これまで通り、ステップを踏みながら、身の丈にあった登山を心掛けたいと思います。でも、それくらい良い経験というか、楽しかったのが本音です。

ソウタも今までの山経験を活かし、しっかり歩いていたので、ますます逞しくなったような気がします。全体の行動時間も大人顔負け、いやそれ以上のところもあるので、底力というか、ベースアップしているんだろうね。正直、下山は追いつかなかったです(笑)まぁ、14kgくらいの荷物を背負ってる人間と、空身の人間では、前提から違うけどねw

 

青空快晴ハイク!とはいかなかったけど、とても楽しめた唐松岳〜五竜岳縦走。またきます!

 

◉唐松岳・五竜岳縦走数値データ
Day1
07:17 八方山荘 152min 10:03 唐松頂上山荘(CT:210min/72.3%)
唐松岳 ↑14min/↓11min(CT:35min/71.4%)
11:09 唐松頂上山荘 120min 13:16 五竜山荘 (CT:150min/80%)
Day2
04:47 五竜岳 ↑64min/↓51min (CT:100min/115%)
07:19 五竜山荘 149min 09:53 アルプス平 (CT:250min/59.6%)

 

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いやーソウタ君、立派立派!
    五竜直下は事故も発生する場所だと聞いてるんでちょっと心配してましたが、もう余裕っすね(^^;

    ほんと、おソロ感がスゴイ(笑
    半袖短パン、このRunチームにはとてもついて行けそうにありませんw
    次回ご一緒する時はお手柔らかにお願いします(^^;

    • 忠太さん

      ありがとうございます!
      牛首同様、五竜直下もかなり慎重に挑みました。
      ちょっと怖い部分もありましたが、クリアできました〜
      アドレナリン出ますねww

      我が家はなんちゃってRunチームなのでw
      Beefさんは、マジで早くて羨ましいです。

      次ご一緒するときは
      むしろ猛者であるケータくんにお手柔らかにと伝えておいて欲しいくらいです(笑)

COMMENT

*