三代目相棒はinov8 RACE ULTRA 290

三代目相棒はinov8 RACE ULTRA 290

三代目相棒は、二代目と同じくinov8で。

靴は消耗品

初代相棒はスコットキナバル。酷使により半年の寿命でサヨナラとなり、二代目にinov8トレイルロック255をお迎え。2年ほど履き、大きな損傷も破損もないし、まだ履けるんだけど、ソール部分がペラっとめくれてきて、そろそろ買い替え時期の予感。
トレランシューズって、レースに出てる人は毎シーズン買い替えるみたいですが、僕はレースに出たこともないし、年5〜6回の山歩きでしか履かないし、しかも歩きがメインなので、そんなに消耗は激しくない部類だと思う。それでも2年程履けばどこかしらガタがきてしまうのは、この手の靴だからしょうがないねと割り切って。無雪期は軽い靴で歩きたい派なもので。

さて、何を買おうかと悩む日々。(いや、実際にはそんなに悩んでないw)

 

inov8/RACE ULTRA 290

よろしく、inov8!

様々なメーカーからたくさんのトレランシューズが出ていて、何をどう選んで良いのかわからないですよね。トレランをする人は、履き心地だったり、グリップの性能だったり、レースで結果を残す為には色々こだわる部分も多いと思いますが、僕はランではなくハイクで使うだけなので、ぶっちゃけそこまでのこだわりはなくて、色や見た目、あとは価格で決めてますw。とりあえず今履いてるinov8で探して見たら、ブラックのスタイリッシュな靴が半額セールだったので即決しました。

こちらで購入。半額だから買ったけど、定価だと手がでない…w

 

ソールのブロックパターン。前相棒のトレイルロック255がかなり滑りやすかったので、これは期待できる。なぜなら、初代のスコットキナバルに似ているから。あれ、グリップの効きが良かったんだよね。それと似たようなパターンなので、期待しちゃいます。

 

子供と一緒に歩く機会が多いので、トレランシューズの中でも、できるだけ強度のありそうなもの、特にサイドのプロテクションがしっかりしているかどうかは重要です。こだわりがないとか言いながら、案外こだわっているという面倒臭い人間w。
ソールはそれなりに厚みもあり、突き上げはそんなに感じない気がします。

 

ゲイターがセットです。出番はあるだろうか?歩くだけなので、今のところは必要なさそう…

 

慣らす為に試し履きしてきました。履き心地もよく、グリップも効いてる。いかにも滑りそうな岩の上でも大丈夫だった。岩場も歩いたけど、足裏への突き上げもそんなに感じなかったです。トレイルロック255よりハイクに向いてる感じがします。この日は背負子ハイクだったけど、テン泊装備まで軽くなったら、さらに歩きやすく感じるはず。

 

次のテン泊ハイクはこいつで歩く予定。楽しみだ。

 

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT

*