子連れ登山におすすめ!日の出山〜子供と登山

子連れ登山におすすめ!日の出山〜子供と登山

2017.4.29、子供達と日の出山を歩いてきました。

この週末はソウタとゲンタを連れて会津駒ヶ岳に登り、駒の小屋に泊まる計画でした。しかし、天候不安定のため無理せず中止(これがまさに英断だったと判明。詳しくは次のブログに書きます)。山モードだったゲンタのために、雪山ではないけど、どこか一緒に歩きたかったので近場をハイキングすることにしました。アイコマは日帰りに変更してソウタと翌日歩くことに。

子連れ登山におすすめ日の出山

日の出山は2回目だけど、今回歩いて、子連れ登山目線でとても良い山だと感じたので、ちょっとご紹介。親子登山歴4年の僕が感じたことなので参考程度にどうぞ。

  • 歩きやすい登山道
  • 緩やかなコース(今回歩いた滝本ルート)
  • 人が少ない
  • 登りのコースタイムが2時間程度(林道30分、登山道1時間半)
  • 温泉がある

印象的だったのは、子供(幼児)連れなのにすこぶる歩きやすかった事。子連れ登山において、足元にストレスがないって大事。登山道は道幅もあり、岩や木の根っこがむき出しの状態でもなくて、優しい感じ。勾配も緩く、急登があるわけでもなくて。山頂手前に階段はあるけど、ほんの少しだけ。スタートから山頂までは絶妙の塩梅。人の少なさは日によって変わると思うけど、人気の高尾に比べると圧倒的に少なくて、静かで落ち着いた山歩きが楽しめると思う。子供が愚図ったり、トイレを我慢できなかったり、色々なトラブルが発生する中で、他者の視線が少ないのは気持ち的に楽だと思う。コースタイムもお手頃で、登山道に入ってから1時間半程歩けば山頂だから、初めて登る山としてもおすすめできる。
小学生には少し物足りないかな。3〜5歳くらいのお子さんと一緒が良い感じではないでしょうか。

日の出山(ひのでやま)は、東京都青梅市御岳2丁目と東京都西多摩郡日の出町大字大久野の境界に位置する標高902mの山である。 御岳山の東に連なり、標高は御岳山より若干低い。関東ふれあいの道が山頂を通る。 積雪は少ない事から1年を通して登山者が訪れる。東側の関東平野の東京都心方面の眺望がある事から元旦初日の出の登山者もいる。これらにより、南麓の日の出町の町名の由来にもなっている。(wikipediaより引用)

 

今回歩くルートは滝本コース。つるつる温泉の少し下にある駐車場に停めて、車道を少し下がったところから脇道に入る。30分くらい歩けば登山道の入り口が見えてくる。

 

ゲンタは大丈夫だろうか。ちょっとばかりの不安と共にスタート。パンツは2人ともあそびとギアのキッズ山パンツロングを色違いで。自画自賛になるけど、良い具合なんだよねw。ソウタが今まで履いていた夏靴のサロモンはゲンタにお下がり。ソウタはスニーカーでw。サロモンがキッズシューズの生産を止めたみたいで困ってる…

 

ユウタはパパの背中。僕もあそびとギアの山パンツロング(大人用)を試し履き。かなりゆったり目に作ったんだけど、どうだろう。今のところ悪くはないんだけど、色々と改良点がありすぎて困ってる…。ウェアって難しい….

 

忍者募集の貼り紙に反応する子供達。こういうの大好きだよね〜(写真がボケボケ)

 

登山口に到着。ここから山頂までコースタイムで1時間20分。林道さえクリアしちゃえば、かなり手軽に登山が楽しめるルート。下山後はつるつる温泉でサッパリできるのも◎

 

歩きやすい道。道幅も広くて、足元も優しい感じ。高尾の稲荷山コースもよく整備されてるけど、あの山は何より人が多すぎるw。山をのんびり楽しみたいのに、人が多くてソワソワしちゃうくらいw。こっちは空いてて良いね〜。

 

そんなゆる〜い雰囲気に釣られたのか、ユウタも背負子から降りて歩くことに。ソウタ&ゲンタがエスコート。こっちが言わずともお兄ちゃんの役割をしてくれるのがなんだか嬉しいな。遅いペースの子がいても気にせず歩けるのが、人の少ない山のメリットかな。

 

序盤に少しだけ眺望はあるけど、基本は樹林帯を進むコース。聞こえるのは自分達の話し声と、鳥の鳴き声くらい。

 

ちょうど半分を過ぎたあたりで小休止。恒例のお菓子タイム。山の楽しみは9割がこれだと言っても間違いじゃないくらい。ゲンタとユウタにとっては至福の時間。でも、食べ過ぎ注意報が発令されましたとさ(笑)

 

お調子者のユウタ。ここまで頑張って歩いてる。背負子に乗ってる時間の方がまだ多いけど、それでも結構歩いたね。2歳のよちよち歩きでも、危険なところなく、散歩気分で歩ける。

 

視界が開けたところから東京の街並みが一望できた。こういう景色を見ると、自分たちがかなり登ってきたことを実感できるよね。達成感というか、歩く行為を認めてもらったような。ちょっと得意気になったところで、あと少し。頑張ろう。

 

平和。本当に平和。山の充実度って、景色や標高だけじゃないと思うんだ。ここまでの充実感たるや。天気が良いからさらに5割増しくらい。ごめん、言い過ぎたw

 

青空とピンクと緑のコラボ。桜吹雪がものすごく綺麗だった。

 

階段が出てきたら、山頂が近づいてきた証拠。最後の力を振り絞って山頂へ。

 

日の出山(902m)、登頂〜!ゲンタ、おめでとう^^
ソウタは2回目。明日の会津駒ヶ岳が本番なので、今日はウォーミングアップということで(笑)ユウタは山頂手前からパパの背中で夢の中へw

3年前に登った日の出山。あの時とあまりにも印象が違いすぎる….。まぁ、飲みすぎて歩いた僕が悪いんですけどw。

Screenshot日の出山〜子供と登山

子供達と一緒に青梅の日の出山をハイキング。僕はちょっとツラかった(涙)

 

ユウタを起こして、ランチタイム。おにぎりやパン、カップ麺をがっついてご満悦な三兄弟。山で食べると美味しさ倍増。ここまで来るのに時間もかかるし、大変なんだけど、やっぱりテッペンって特別な存在。

 

ユウタも一緒に記念撮影。次はユウタの自力登山で再訪かな。

 

たっぷり寛いだので帰ります。午後から天気が崩れる予報なので降られる前に下山したい。

 

ゲンタはやればできる子なんだな。この日は最後まで疲れたと言わず終始笑顔。下りのペースも良かったよ〜。成長してるね^^

 

ゴーーール!無事に林道まで降りてきた。お疲れ様でした。

駐車場に着く頃、雨がぱらぱらと。自宅方面は土砂降りだったみたいだけど、こっちはギリギリでセーフだった。3人連れて豪雨は勘弁。下山ペースも良かったし、出発も早めだったのが良かった。快心の父子ハイクでした〜

 

総括

ゲンタにとっては久しぶりの山歩き。7kmほど歩いたけど、今の彼ならこれくらいはさほど苦にならないのかな。天気も良くて、気分良くみんなで歩けたから調子が良かったのか。いずれにしても、年長さんになったゲンタの成長を感じられた山行となりました。これからも無理なく、ゲンタの気持ちに任せて、一緒に山を楽しめたらと思います。いずれはテン泊したいよね。楽しみは尽きません。

 

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 子連れハイク、今のわたしには懐かしく、眩しいです。家族のみなさん、GWもいろいろ予定があるようで…。子供も荷物も、背負いまくっている姿がカッコいい。迷彩柄のサコッシュもイイネ。

    • 9botaさん

      数年前、9botaさんの子連れハイクレポを食い入るように読んでいたのが、なんだか懐かしいです(遠い目
      いずれそちらの世界にお邪魔しますのでww

      風の噂では、ファミキャンに行かれたらしいと!
      自分のことのように嬉しいです(棒

      本当は背負子パッキングも工夫したいとこですが、もうすぐ終わりだし、とりあえず括り付けて凌いでますw

COMMENT

*