東吉野村で貸切キャンプ〜GW奈良・三重遠征その2

東吉野村で貸切キャンプ〜GW奈良・三重遠征その2

2017.5.3〜5.6、3泊4日で奈良・三重に遠征してきました。
大台ヶ原を歩いた後の続きです。

キャンプ難民の予感

GWは3泊4日の関西遠征。初日に奈良県の大台ヶ原を歩き、下山後は、翌日の目的地である三重県伊賀市の伊賀流忍者博物館にできるだけ近いキャンプ場まで移動するつもりでした。しかし、どのキャンプ場も満サイト!な状況(GWだからアタリマエ)。関西、舐めてました、サーセンw。「奈良日帰りハイク」という最高にエクストリームな旅も覚悟したけれど、さすがに体が持たないw。早く寝たい。

実は、大台ヶ原の近くに予約なしフリーサイトの和佐又山キャンプ場というところがあって、どこも見つからない場合はここに泊まるつもりでした。それを想定して食材も買い込んできたし、泊まれる場所があるという安心感もあったから、奈良県まで来たんですけどねw。ただ、このキャンプ場は大台ヶ原に近くて、気持ち的には「まだ大台ヶ原にいる」感覚。名阪国道の針ICまで1時間半以上もあるし、翌朝の移動を考えたら、もう少し麓まで降りたいので即決できず。

忍者博物館近くの考えられるキャンプ場全てに電話して、当日キャンセルが出てないかを確認。しかし、全敗という現実。ホームセンターでパレットでも買って急造車中泊を検討したり、あの有名な笠置も検討したりw。笠置は激混み必至なのわかってるのに、こうなったら行ってみよう!となるから不思議w。でも、冷静に考えると「GWにあそこはないよね」ってことに気付いて却下。

ここで、伊賀市の近くまで行くのを諦めて、もうちょっとだけ麓に降りて、奈良の吉野エリアで探すことにした。数日前にあたりをつけておいて空き確認もしておいた場所があったから、そこに電話してみると、「今からキャンプ?大丈夫だよ〜」というお返事。17時前だったのに、突然のタノモ〜にもOKしてくれるなんて、ありがとう、奈良県!和佐又山より楽になるし、朝早く出発すれば問題ないから、今日の宿はここで決まりだ。

 

まさかの貸切!東吉野キャンプ場

17時半過ぎ、お世話になる東吉野キャンプ場に到着。すると、車も人も見当たらない。おっと…これは想定外。まさかの我が家のみという衝撃!GWの混雑時期に誰もいないという事実を素直に喜ぶべきか(笑)、人がいないってことはそういうことだよねと、このまま泊まって大丈夫だろうかという懸念もw。野生動物(特に熊とか)が出そうな雰囲気もするし….、奥様も不安がってる…w。けど、寝るだけだと割り切って。何より誰もいない方が、気兼ねなく過ごせるでしょ。うん。

村営なのかな、受付に着いてから管理人さんに電話したら駆けつけてくれました。支払いを済ませて、トイレと炊事場の電源を入れてもらって、そのまま帰宅されました。誰も常駐しないキャンプ場。完ソロの始まりw。こういう状況は過去に何度か経験してるけど、最近だと群馬の観音山キャンプパーク・ジョイナスもそうだったな…

 

Locusgear KhafraSil(ローカスギア・カフラシル)
時期的にはテンティピかなぁと思ったけど、念のためカフラシルも持参しておいて良かった。翌朝の撤収考えると、やっぱり軽量コンパクトなテントは重宝します。4人用だけど、子供が小さいので5人でも余裕で寝れます。丸4年使ってるけど、最近特に良い幕だなと感じる機会が多いです。

 

 

今日は誰も来ないから車も寄せていいよ〜だって。ありがとう!
3000円はそこそこの値段だけど、GWに貸切で車も横付けできるとなれば、これ以上は望むまい。

東吉野キャンプ場(HP
1泊3000円(オートサイトではありません)

 

あっという間に夜。小さなソフトクーラーしかないので、食材も少なめ。白米炊いて、ラーメン茹でて簡単に済ませる。もちろん焚き火もやらずに、みんな疲れているだろうから今日は早めの就寝。36時間以上寝てない人間もいるからねw

 

まさに爆睡。子供の夜泣きもあったのかなかったのかよくわからないけど、朝まで熟睡できた。疲れも取れ、一気に回復してきた!朝ごはんをささっと済ませて(パンやシリアルを食べるだけw)、撤収も手早く終わらせ、6時半には出発準備完了。

 

簡単だけどキャンプ場の紹介を。

炊事場。手入れはされてました
テントサイト。広くないけど、小さなテントなら15張りくらいはいけるのかな。
トイレ。見た目以上に綺麗w。テントサイトまでは急坂 

キャンプ場の横を流れるエメラルドグリーンに輝く高見川 
滝もあります。夏は楽しそう。 

管理人さんに聞いたところ、夏は川遊びの子供達がたくさん訪れるそうです。なるほどね、地元の人に愛されている場所なのだと確信。
東吉野村は、山間にある雰囲気の良い集落で、そのさらに奥にあるのが東吉野キャンプ場。周りには何もなくて、自然たっぷりの場所。キャンプ場も一期一会。こうやって、僕らの知らない地域に触れることができて、一晩泊まることができて、なんていうか貴重な経験だなって思います。僕はここのキャンプ場の雰囲気、好きですよ。

 

家族で記念撮影。2回目の訪問はあるのかしら?なんて野暮な話はやめておいて、また機会があれば来ることもあるでしょう。GW初日を家族水入らず、静かに過ごさせていただいた東吉野キャンプ場に感謝。おかげさまで、徹夜ドライブ&ハイクの疲れも一気に抜けた。

 

さぁ、次の目的地、三重県伊賀市へ。

 

忍者の町へ、伊賀流忍者博物館

東吉野キャンプ場から約1時間。8時過ぎには伊賀市の上野公園に到着。忍者の町、伊賀にワクドキ

 

おぉ、トイレの案内板までもが忍者。イカスw

 

伊賀上野NINJAフェスタ。こ、これがフェスか。フェスなのか。我が家の初フェスはNINJAフェスとなりましたw。と言っても、期間内は常時開催されていて、忍者体験したり、忍者コスプレしたり、そんなゆる〜い感じ。博物館が終わったら、ぶらり伊賀市を軽く散歩する予定。

 

ついに来ました!伊賀流忍者博物館。周りの子達はマイ忍者服を着てるw。なるほど、ここなら忍者の服を着ても許される雰囲気。いや、むしろ、着ていない僕らの方が異様とさえ思えてしまう。って、ごめんなさい。私服のほうが多かったですw

 

忍者が屋敷内のカラクリを説明してくれます。これ、面白い。子供達が食い入るように見てました。

 

案外早く終わってしまって、忍者実演ショーまで30分以上待つことに。入館料とは別に@400円(写真や動画撮影はNG)。ショーとしてかなり面白くて、子供達も大笑い。ハゲ太郎、いい味出してるわ〜。手裏剣投げや刀の使い方など、迫力ある演技で大満足。

ショーの後に体験コーナーがあって、うまく誘導される仕組みになってるw。あれを観たら、誰もがやりたくなるよね。ほんと、よくできてるw。せっかくだから、手裏剣投げ(7枚)@300円に挑戦。

なかなか難しかったみたい
ゲンタも頑張ったけど的に当たらず
かろうじて何枚か当てたけど、意外と難しいw

 

忍者博物館と忍者実演ショーを堪能。楽しめたかな?しばらく忍者ブームになりそうな我が家w

 

上野城の前で記念に。中に入らないよと言ったら、ご機嫌が悪くなったゲンタくんw。こんなことなら、セット券買っておくべきだったかな。そろそろお昼なので、機嫌悪いけど先に進むよw

 

街をぶらり散歩。「かたやき」はものすごい硬いせんべいで歯が折れそうなくらいw。ボリボリ食べながら歩いてたら、ゲンタの機嫌も良くなってくれた。

すれ違う子供達はみんなコスプレしてて、気合が入ってるなぁ。でも、子供より大人の方が楽しんでるように見えるのは気のせいかw

 

こういうプチアスレチックみたいなのがいくつかあって、これは壁渡りだったかな。忍者の格好でやると雰囲気出るんだろうけど、私服だと、単によそ様の家の壁をよじ登ってる感が(笑)

お昼は駅近くの昔ながらの喫茶店でランチ。カレーとオムライスをいただく。ザ・喫茶店みたいなメニューばかりで、子供達の好きそうなメニューも多くて嬉しい。昭和レトロな雰囲気で、妙に落ち着く。家の近くにこういうお店があったらいいなぁ。

食後にヤオケンという地元のスーパーで食材の買い出しをして、今日は早めに移動。と言っても、今日のキャンプ場も決まってないから、これから恒例の宿探し。今日も綱渡り(笑)。果たして2日目の宿は見つかるのだろうか。

その3へ続く…

GW奈良・三重遠征その1
GW奈良・三重遠征その3

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 毎年12月に忍者百人衆という面白いコスプレウォーキングイベントがあるのでぜひ参加してください!
    igaueno.net/?p=4116

COMMENT

*