子供の雪山登山用ウェアをupdate

子供の雪山登山用ウェアをupdate

ソウタの雪山ウェアを新調しました。
いつか誰かの参考になるかもしれないので、購入レポを書きます。

中綿入りアウターウェア

ソウタと雪山を歩き始めて4シーズン目。
1年目は、手元にあった頂き物のスキーウェア上下を着て雪山へ繰り出し、ここ2年はモンベルのレイントレッカー上下を着せて行動しています。モンベルのはレインウェアではあるけど、ツルツルした素材ではなく滑りにくく、耐久性もそこそこあるので、冬季も活躍してます。何より軽い。ただ、保温性はゼロ。保温はインナーを強化することで対応してました。

※子供の雪山登山装備の詳細はこちらを参考に
子供の雪山登山装備

この装備で、山域や時期は変われど、今まで寒いと言われたことはないので、僕らが歩けるレベルの雪山では、まぁ、大丈夫なんだと思うわけです。(行動中の気温で、-10度前後)。軽さと動きやすさ重視ということで。

しかしですね、レインウェアをオールシーズン着ていると、消耗が激しくて、下の子までお下がりできない状況なんですよ(笑)というのは冗談で、やっぱり暖かい中綿入りジャケット&パンツを買ってあげたいなぁと前々から考えてました。今より重くなるけど、もう小学生だし、最近はザックも背負えるようになったから(笑)、問題ないでしょうw

本命はケータくんも着ている、モンベルのパウダーステップジャケットキッズ。ジャケット単体でなかなかのお値段です。最近のスノースポーツ系ウェアって、これくらいするのかな?どこかのお店でも上下2万くらいしてたな。

・・・しかし!少しでも安く買いたいのが、子連れで山歩きをするパパの想いなのですw
モンベルのジャケットと遜色ないレベルの商品を、できるだけ安く買いたい!というワガママのため、徹底リサーチ。いや、ごめんなさい。いつものtrekkinnで購入しました(笑)

 

まずはジャケット。コロンビアの防水透湿ジャケットをチョイス。
僕の中で、モンベルとコロンビアは子供登山界の2大ブランド。価格と性能のバランスが好印象。

Columbia Slope Star

Features:
– Omni-Heat™ thermal reflective
– Omni-Tech™ waterproof/breathable critically seam sealed
– OUTGROWN™ grow system
– Wind proof
– Insulated
– Attached, adjustable storm hood
– Taffeta lined hood
– Adjustable, snap back powder skirt
– Silicone grippers on powder skirt
– Ski pass pocket
– Media and goggle pocket
– Zippered hand pockets
– Warm-lined pockets, Comfort cuffs
– Drawcord adjustable hem
– Drop tail
– Reflective detail
FABRIC:
– Shell: Omni-Tech™ Legacy Twill 100% nylon
– Lining: Omni-Heat™ Reflective Microtex Light 100% polyester
– Insulation: 100g Microtemp XF II 100% polyester

外側にOmni-Tech™を使用し、シーム処理も施されている。内側はOmni-Heat™ Reflective Microtex Lightというもの。中綿は100g入っていて、ごく一般的なもの(Microtemp XF IIと記載されてるけど、よくわからないw)。あまり期待はしていない。
一番のポイントは、防水透湿だということ。雪山でも安心して使えます。

 

オムニヒートリフレクティブとやら。なんだか良い働きをしてくれそう。
体温を反射させることで、保温力をアップさせるのかな。

 

パウダースカートもついているので、雪の侵入を防ぐことができる。今までは腰あたりから雪が入ってきて、インナーのフリースが濡れてしまって困ってました。これがあると安心感が違う。これ系のウェアでは、標準装備なんだろうね…

 

袖部分も対策されていて、サムホール付きのゲイターのようなものが付いてる。カタログにはスナップバックパウダースカートと書かれている。雪の時期は、フーディニのリストゲイターを付けるのがソウタのお気に入りなんだけど、このジャケットを着ると、出番が減るかもしれないね。

 

フードにはドローコードがなくて、フード後部にあるベルクロで調整。強風下ではどうだろうか。このままでも問題なさそうだけど、ゴーグルを外からかければ大丈夫かな。

 

ポケットも多くて、外側の左右に1つずつ、左の袖口にはスキーパスの入る小さなポケット。内側にも2つ。かなり充実してる。ジッパーはアクアガードではなく、普通のビスロンファスナー。

重さは、モンベルのパウダーステップジャケットより100gほど軽い465g(実測値)。今までが軽量だったので、重く感じるだろうけど、慣れてしまえば問題なしと思う。何より、保温性という強い味方を手に入れたのだから、そこはトレードオフってことで。

 

全体的に欠点の見当たらない製品。値段は約9000円。これだけの機能をこの値段で手に入れられる。満足度が高いです。
サイズはボーイズのS(8)。少し大きく感じる程度で、案外フィットしてる。今シーズン含め3年は着て欲しいのが親の願い(笑)でも、こればかりは子供の成長次第ですけどね。

 

ついで、パンツ。こちらもコロンビアの耐久撥水パンツをチョイス。

Columbia BOYS’ ICE SLOPE™ II PANT

FEATURES:
Omni-Shield advanced repellency
Insulated
OUTGROWN™ grow system
Adjustable waist
Internal leg gaiter
Reinforced cuff guard
Inseam: 22”
FABRIC:
Omni-Shield shell
100% nylon HC 3000
Lining
100% nylon 210T taffeta
Insulation
100% polyester Slimtech 140g

外側にOmni-Shield、防水ではなく耐久撥水。内側はナイロンタフタ。腰回りの部分にフリース素材が使われているので暖かそう。中綿は140g入っていて、こちらも一般的なもの(100% polyester Slimtechと記載があるけど、よくわからないw)
防水透湿ではないけど、用途としてスキーや雪遊び用なので、十分でしょう。

 

ウエストはベルクロで調整するタイプ。ずり落ちない?と思ったけど、問題なかった。

 

インナーゲイターがついてたり、grow systemなるサイズ調整機能がついていたりしますが、これといって特筆すべき機能はなし。保温性能があって、防風と防水(撥水)できれば十分なので。
重さは341g(実測値)。モンベルのパウダービブキッズに比べて100gほど軽いです。

 

パンツのお値段は約3500円。ジャケットと合わせて購入し、トータルで約13300円(送料込)。
結果的にはモンベルのパウダーステップジャケットが買える金額で、同程度の性能を持ったウェアを上下買えたので、大大満足(笑)他にも揃えるべき道具があるし、限られた予算の中で賢くやりくりするのは大切なことなんですw。

 

 

まだ実戦デビューはできてませんが、昨年末のフォレストパークあだたらでプチデビュー。
最初は重さに戸惑っていたけど、徐々に慣れていき、おもいっきり雪に飛び込んだりできることを理解したようで、本人も満足気(笑)

保温力はもちろん、雪の侵入に対しても大幅なレベルアップを果たしました。
これを着て、今まで以上に快適で楽しい雪山歩きができることを期待してます。

 

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. コロンビア、良い仕事してますね~^^

    デザインも良し、保温性も良さそうで雪山でも活躍してくれそうですね。
    中綿入のアウターは重ね着しなくて良いので体の動きも制限されずに良いと思います。
    ちなみにケータのアウターの下はジオラインとキャプリーンだけ。
    これで-14℃の中遊んでましたね^^

    パウダースカートも良いっすね、ヒップそり時は特に。
    週末が楽しみですね~

    • 忠太さん

      モンベルとコロンビアは、僕らの味方ですね(笑)
      全身真っ黒で、ちょっと大人な感じにしてみましたw

      >ちなみにケータのアウターの下はジオラインとキャプリーンだけ。
      さすが隊長。耐性あるわ〜(笑)
      うちはフリース着せると思います…

      裾はゲイターでガードできてたんですが
      腰回りが不安だったので、これで解決です。思い切り遊んでもらいましょう

      今週末、楽しみです〜
      いつでもこちらに合流してくださいね^^

COMMENT

*