天狗岳〜黒百合ヒュッテ 子供と雪山テント泊(後編)

天狗岳

2016.12.17〜12.18、厳冬期の八ヶ岳、天狗岳を歩いてきました。天狗岳アタック編。
前編はこちら

-14℃の朝

朝は-14℃まで冷え込んだ。結果的には問題なく眠れたけれど、反省点あり。

寒さ対策の為、ソウタはシュラフを2枚重ね(ナンガ450+キュムラス X-LITE 200 ZIP)。これが裏目に。
まず、「狭かった」。いつもより狭くて窮屈だったらしく、寝心地を悪くしてしまった。そして、「暑かった」。ダウンなどもしっかり着せていたので、オーバースペックだったのかもしれない。寝始めって案外暑いもの。狭くて、窮屈で、暑くて…。横を見ると上半身をシュラフから出して寝ていた(^^;;。結果、朝方の冷え込みで、今度は「寒い」に変わっていた。そりゃそうだw。次はナンガ600を1個にして寝心地重視で。。

寝具
マット:ヒプノスマット+sea to summit インシュレーテッドマット
シュラフ:ナンガ450+キュムラス X-LITE 200 ZIP
シュラフカバー:SOLのエスケープBivy
保温着
上:ダウンジャケット
下:プリマロフトパンツ
足元:プリマロフトブーティー+ハクキンカイロ
※下着は行動中と同じものをそのまま。その上から上記のウェアを着て寝てます

ちなみに僕は、普通のインフレータブルマット1枚+ナンガ600。ダウンジャケットを着て、足元にはハクキンカイロのみ。ダウンパンツなしで問題なかった(持っていないw)

 


6時半、アイゼンをつけ、ピッケルを持ち、天狗岳へアタック!
お兄さん的存在で頼りになるケータくんがいるので、きっと大丈夫。ついて行けば登頂できる。さぁ、頑張ろう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ペツル グレーシャーライトライド 【送料無料】【smtb-f】【☆】
価格:10692円(税込、送料無料) (2016/12/26時点)

50cmの軽量ピッケル。ソウタくらいの身長(120cm)ならこのくらいがちょうど良い

 

朝の冷えについて

歩き出して5分。指先が寒いと訴えるソウタ。手を揉んであげて、忠太さんからハクキンカイロを借りて何とか凌ぐ。この時、少し停滞していたこともあって、今度は足先が冷たいと訴えてくるw。なんだか忙しいな(笑)

-14℃という極寒の朝をテントで迎え、暖かい食べ物で多少は身体を温めているけど、動きだしは当たり前に寒い。特に指先・足先は冷えやすいからね。大人も同じく寒いから、この状況はよく理解できる。例えば、初日に歩き続けてきてからのピークハントなら身体も温まっているし、きっと問題なかったはず。2日目にアタックする場合は、テント泊よりも小屋泊の方が良いね(笑)え?当たり前?

 


中山峠で、ご来光。
冷え切った僕らの身体を温めてくれる。太陽って、いいなぁ。偉大なり。

ソウタの手も徐々に温まってきたみたい。先へ進もう。

 

天狗岳へ


久しぶりの10本爪。装着した時は、「重いっ!」なんて言っていたソウタも、徐々に感覚を取り戻したようで、しっかり爪を効かせて登っていく。久しぶりに見るこの後ろ姿、イイネ(^^

 


ダブル天狗。左側が最初に登る東天狗岳。右の丸っこいのが西天狗岳。
あまりの快晴に高まってきます。

 



朝焼けの北八ヶ岳を見ながらの早朝スノーハイク。やっぱり雪山はいいなぁ。歩いた者にしか見ることのできない景色。寒くて、厳しい雪山だけど、好きです。ソウタも綺麗〜と連呼。歩けてよかった。

 


稜線が近づいてきた。まだ風は強くないけど、どうだろうか。このままのコンディションで山頂まで行けたら・・・最高なんだけどなぁ。

 


稜線に出る前に一息。足先はまだ冷たいみたいだけど、歩きながら、温めるしかない。コロンビアの保温材入りブーツでも、もう少し対策が必要なのかな。。手足の冷え対策って、本当に難しい(^^;;。ちなみに、ソックスは、モンベルの女性用アルパインソックスで極厚手のものに、上からちょいと薄めのソックスを重ね履き。それでも、末端の冷えは防げない….

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

●モンベル 1108643・メリノウールアルパインソックス
価格:2314円(税込、送料別) (2016/12/27時点)

 


勝利の予感。雲ひとつない青空。晴れは正義。

 


しっかりと爪を雪面に刺し、時にはピッケルを使い、登っていく。心配していた急な登りも、クリアしていた。立派になったなぁw

 


稜線は強風だった。想像よりも強い風。こんな時こそ、風速計でしっかりと測定したいのにテントに忘れてきたw。ただ、ソウタが何度かよろけるくらいの横風だったので、15mほどはあったのではないかと思う。

気温も-10℃ほど。吹き付ける風。厳冬期の雪山はやはり厳しい…。でも、それらを想定した装備できているから、ここは踏ん張りどころ。キツイけど、寒いけど、頑張れ!ソウタ。

途中からケータくんが、ソウタのことを心配して後ろについてくれた。大丈夫?もう少しだよって。なんて心強いんだろう。本当に頼もしい山男。こんな男に育って欲しいなぁと思う。

 


そして、ついに東天狗岳(2,640m)の山頂へ。
皆からハイタッチされるソウタを見て、うるっときてしまった。仲間がいたからこそ辿り着けた山頂。大人にとってはさほど難しくない山かもしれないけど、僕ら親子にはとっては、この時期の最高標高。ソウタ自身の力もあるけど、みんなに登らせてもらったような気がします。

ありがとう!

 


恒例の親子写真。う〜ん、達成感ハンパナイ!
そしてこの青空。最高だよね

 


一緒に登った仲間と共に。ケータ君には精神的に助けてもらった。
こはなのさんも、初雪山おめでとうございます(^^)

 


難易度の高い南八ヶ岳。僕らにはまだまだ無理。その時期が来たら…ね。

 

黒百合ヒュッテに帰還


西天狗岳。ここから20分くらいだけど、風も強く、足先がまだ冷たいソウタは早く戻りたいと言っているので、今回は無理せず。次回の宿題ということで黒百合ヒュッテに戻ります。

 


アイゼン引っ掛けて転倒しないように、下山も慎重に。

 


先月歩いた蓼科山はご覧の通り真っ白。挑戦してみたいけど、強風で過酷なイメージしか…(汗

 


樹林帯まで戻ってきて、余裕も出てきた。今シーズン初の雪山はどうだったかな?朝の寒さにやられていたけど、エンジンがかかってからはしっかり歩いてた。

 


9時、黒百合ヒュッテに帰還。往復2時間ちょっとだから、登りでバタついたわりに早かったかな。怪我なく戻ってこれて一安心。さぁ、雪遊びするぞ〜

 


掘ったり埋めたり、滑ったり。陽も差して、ひなたは-6℃くらいだけど、暖かく感じる不思議。昨日もこんな天気だったら….

 


そして、本気のそり遊び(笑)
最高の雪遊び日和。

 


黒百合ヒュッテ、人気です。燕山荘のような立ち位置というか、雪山を始めるなら黒百合ヒュッテ&天狗岳。みたいな。混み合うけど、僕らのような親子にはメリットあって、ありがたい場所です。トイレが綺麗でサイコーw

 


撤収を終えて、早めのランチ。黒百合といえばビーフシチュー。美味しくて有名なヤツをソウタがペロリとたいらげました。美味しい!

 

名残惜しいけど、下山の時間


ケータ君、2日間遊んでくれてありがとうね。またテン泊いきましょう。
え?お父さんが嫌がる?大丈夫だよ、きっとw

 


子供達の下山ペースは早い。サクサクっと進んでいく。

 


IKEAザックも故障することなく。案外、タフなのかもしれない。改良点が見つかったので、アップデートして、きちんとした子供用の雪山ザックに昇華させていきたいな。

 


とても気持ち良いスノーハイク。この日、八ヶ岳を歩けて良かった。

 


唐沢鉱泉まで降りてきて、最後もそり遊び。子供達の笑顔をみると、また来ようって思う。雪山最高!

 


小学生コンビ。お疲れ様でした〜
大きくなっても一緒に歩いてくれるかな?ふと、そんなことを考えてしまった。

 


繰り返します、雪山最高です!
そう思えたのも、この青空あってこそ。結局、天気次第だなって(笑)
次も、こんな青空の下、歩きたい

 

ご一緒した皆さん、ありがとうございました。また歩きましょう