夏山パッキングリスト(父子テント泊)

夏山パッキングリスト(父子テント泊)

久しぶりのパッキングリスト。夏山ハイクver

 

3ヶ月振りのテント泊山行。さらに夏装備のテン泊は今年初。何を持っていけばいいか悩んでいると、あ、自分でリストにまとめてるから、それ見ればいっか。という話(笑)
去年よりちょっとだけアップデートしている夏山パッキングリストを記録に残しておく。

山域:北アルプス(鷲羽岳)
時期:8月初旬
メンバー:自分、ソウタ(7歳)
行動時間:10〜11h/Day
総距離:約37km

パッキングリスト

Pack 重量 数量 合計(g)
Pack ks ultralightgear KS40 330 1 330
背面パッド 30 1 30
360
Tent & Sleeping 数量 合計(g)
テント terra nova laser competition2 1,250 1 1,250
ペグ・ガイロープ他 150 1 150
グランドシート tyvek 100 1 100
寝袋 cumulus X-LITE200 ZIP 390 2 780
sol bivvy 235 1 235
マット klymit 274 1 274
locusgear hypnos mat 270 1 270
3,059
Cooking 数量 合計(g)
ストーブ olicamp titanium stove 48 1 48
クッカー trangia ミニトランギア 320 1 320
wanderlustequipment グリースポット 116 1 116
カップ GSI ネスティングマグ 55 1 55
wild folding a cup small 25 2 50
スプーン montbell スポーク 7 1 7
primus 8 1 8
montbell 野箸 21 1 21
ライター bic ミニライター 21 1 21
646
Lighting 数量 合計(g)
ヘッデン petzl ティキナ2 80 1 80
petzl elite 25 1 25
ハンドライト gentos 100 1 100
205
Clothing 数量 合計(g)
着替え予備 ソックス、手袋 250 1 250
雨具 montbell レイントレッカー 324 1 324
outdoor reserach helium ジャケット 193 1 193
montane フェザーライトスパッツ 137 1 137
滞在着 montane fireball smock 280 1 280
TNF primaloft pants 140 1 140
montbell ダウンネージュパーカ 250 1 250
1,574
Other 数量 合計(g)
救急セット 絆創膏、ガーゼ、テープ 30 1 30
歯ブラシセット 10 1 10
キジ撃ちセット 50 1 50
trekking pole locusgear CP3 150 2 300
バッテリー anker 286 1 286
iPhone充電ケーブル 17 1 17
693
ベースウエイト 6,537

何度も同じことを書いてきたので詳細は省きますw。個々の重量も測り直してないから誤差もありますが…

いつも通り、KS40(40ℓザック)に2人分の荷物をパッキング。
ベースウェイトで6.5kg。水と食糧が3.5kg。トータルのパッキングウェイトで10kgちょいといった感じ。去年は11kg超えだったので、1kgくらい軽くなっている。
それはやはり、シュラフの軽量化に尽きる。夏山にはオーバースペックだったシュラフを見直し、新しくキュムラスのシュラフを導入。390g×2ということで、2人分で約800g。従来より1kg減量!

今回は北アルプスという山域、さらに奥地(距離がある)ということもあって、防寒装備はしっかりと。正直、ここまで必要ないかな?とは思うんだけど、念のためソウタは冬と変わらないダウン上下。保温用の下着としてキャプリーンを予備で。いささかオーバースペック気味ではある(^^;;。僕はメリノウールの長袖とスパッツを予備で、防寒はモンテインのfireballスモックのみ。

1年前の北岳山荘(2900m)では朝の気温が4度。ただ、明日から猛暑日が続くという予報と、直前のヤマテン予報でも朝は10度くらいとあったので、暖かいのかなぁ。ただ、天気の急変は想定しておかないといけないから、ここは削らずにしっかりと詰め込んだ。
軽量化したキュムラスのシュラフも、ダウン200gだけど防寒着と組み合わせれば、-5度まで大丈夫というのは既に 検証済み(雪の至仏山テント泊で検証)。たとえ氷点下になったとしても安心して任せられる。*個人差があるのでご注意を

寒さより心配なのが暑さ。長距離だし、稜線歩きも長い。アクエリアス、塩飴、チーズ、ミックスナッツなどを多めに。幸い、目的地まで小屋が4つあり、補給がしやすい。さらに水場も豊富なのは有難いこと。早めの水分補給を心がけよう。

こんな感じで準備OKかな。
夏山を楽しんできま〜す。Let’s Go Hiking!!

ウェアは夏山らしく。あそびとギア(asobitogear)のショートパンツ。大人版の製作が間に合ったので、今回はおソロのショートパンツを履いて歩いてみる。暑さ対策として、帽子以外に頭に巻けるバンダナのような手ぬぐいも持参。クマ対策もバッチリ(笑)

 

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT

*