南伊豆・子浦でカヤック&海遊び

南伊豆・子浦でカヤック&海遊び

2015.8.8、夏といえば海!ということで行ってきました、南伊豆へ。
初めてのシーカヤックに挑戦。

初シーカヤック、オールドフジタが海に出る

先週、子供達と海に行く約束をしていましたが、北岳間ノ岳ハイクを前倒しで決行したためズレてしまいました。その約束を果たすべく、我が家の好きな伊豆へ行くことに!
北岳・間ノ岳ハイクの疲労は完全に取れず、、さらに寝不足もあって体調は万全ではなかったけど、頑張りましたw

行き先は、jimさんのレポを読んで行きたかった南伊豆・子浦へ。
子供達は磯遊びとなんちゃってシュノーケルができるし、自分はシーカヤックに挑戦できるってことで、子浦はベストな場所っぽい。

南伊豆の子浦海水浴場
4時に出発して、6時半頃に子浦海水浴場へ到着。たくさん遊ぶぞ〜!
※駐車場は1日@1000円

 

Myog Tyvek Tarp & フジタカヌー@子浦海水浴場
ささっと設営完了!Myog Tyvek Tarp & フジタカヌー

 

さっそく、海に繰り出すことに。


ソウタはPFDとカヤックをロープで繋いで曳航(笑)
・・・のつもりでしたが、怖いということであっさり断念w

 

数十分漕いだところで、自分がまさかの船酔いで終了… (チーンw
丘に上がって、朝ごはんを食べることにします(^^;;
実は乗り物酔いがひどくて、、体調悪い時はエレベーターでも酔っちゃうくらいなんです。

 


子浦から出航するシーカヤッカーの方がたくさんいました。
入江になっているので、波がなく本当に穏やか。ここならオールドなフジタカヌーでも大丈夫かな?と思って来てみたんです。正解でした(^^

 


団体のツアー客も多数。この日だけで3組以上見かけました。

 


パパが絶賛船酔い中で休憩している間、子供達は砂遊び。これはこれで楽しいようです。

 

Olicamp kinetic ultra titanium stove
久しぶりにガスバーナーを持参。
Olicamp kinetic ultra titanium stoveです。軽くてお気に入り。あまり使ってないけどw

 

tyvek tarpの風合いが好き
Myog Tyvek Tarpのこの風合いが好き。軽くて遮光性も高いとくれば夏の必需品。は言い過ぎかなw

 


少し回復したので、海へ

 


そして再び漕ぎ出してみます。

 


今度はちょっと遠くへ。左の方へ少し漕げば、洞窟っぽい風景が目に入ってきます。

 


小さい子供を乗せているので、あまり無理せずに、この付近でのんびりプカプカ。もう少し大きくなったら飛び込んだりできるので、さらに楽しいだろうね〜。ソウタもゲンタも楽しそうにしてる。連れてきてよかった。

 


漕いで、泳いで、ひとしきり遊んだ後はランチ。手軽に(手抜きで)焼きおにぎり。うん、楽チン。

 

海満喫!

午後も海に浸かってのんびり過ごします。

ゲンタは水が怖いので、浜辺で箱メガネで覗き込んで楽しんでました。
見えもしない魚の名前を叫んで◯◯がいたよーとかw

 


今年はフィンを準備してみた。これイイね。スピードが違う。

 


タープに戻ってお菓子タイム。

 


暑いけど、気持ち良いね。山も好きだけど海も好き。

 

山と道のキャップ
子供達の帽子を忘れたので山と道のキャップを貸したら、思いのほか似合ってたw
子供用に買おうかな。。

 


本日の収穫。
ここには写ってないけど、手のひらより大きい蟹も捕獲。頑張って獲ってたね。

 


7時過ぎから遊び始めて15時半まで。8時間以上、たっぷりと遊び倒しました〜
子供達は飽きることなく。すごい…
ちなみに、この子浦(こうら)。子供達には「コーラ」に聞こえたみたい(笑)

 


翌日に用事があって日帰りなのが残念だけどまた来よう!!
今回は3人だけど来年の夏は家族5人で海遊びできるといいなぁ。

2015夏休みキャンプ編へ続く・・・

 

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. posted by はやこと

    こんにちは。 子浦カヤックいいですねー
    海もきれいで、たくさんの生き物もゲットですね!

    一度行ったけど、
    家族で行ってみたい場所。宿泊地のキャンプ場がどこか気になります。

    続編レポ楽しみしていますー♪

  2. はやことさん

    子浦、波もなく穏やかで、初めて海に出るには良いところでしたね〜(^^
    うちのフジタは、こういう波のない場所が良さそうですw

    今回は日帰りだったのでキャンプ無しっす。
    このあたりをベースにするなら、花沢オートや雲見でしょうか。
    涼しい季節にキャンプを絡めて訪れてみたいです。

  3. 3000メートル越えから0メートルまで、夏を満喫していますねーww
    うんうん、たしかに海遊びも楽しそうだ。
    えくすとりーむな方が、まさかの船酔いとは・・・意外です。

    南伊豆に日帰りも、すごいなあ。

  4. mokaさん

    0mの世界も侮れませんよ〜(笑)
    でも、そろそろ3000mの世界にも行きたいなぁって。。

    車酔い&船酔い・・・
    子供の頃、三半規管が敏感な人は、その分運動神経が良いという話を聞いて
    妙に納得していた自分がいます。

    伊豆の日帰りは体力の消耗が激しいです。。
    もう若くないことを実感しましたー(涙

COMMENT

*