秘湯切明温泉で川遊び〜志賀高原の旅(後編)

秘湯切明温泉で川遊び〜志賀高原の旅(後編)

2015.7.18〜7.20
家族で志賀高原へ遊びに行きました。前編の続きです。

東館山高山植物園

タイトルは秘湯で川遊びとなっていますが、田ノ原湿原ハイクの後にもう少し遊んできました。
向かったのは東館山高山植物園。今日はトコトンお花鑑賞したいと思います。

標高2,000mの東館山山頂エリアに設けられた高山植物園で、1960年(昭和35年)に開園されました。エリアは約10万平方メートルに及び、志賀高原に自生する500種類の高山植物が植えられています。初夏に観られるニッコウキスゲの約5万平方メートルの大群落は、志賀高原のグリーンシーズンを代表する風景の一つとされることもあります *HPより引用

 

東館山高山植物園ロープウェイ
宇宙船みたいなロープウェイに乗って山頂へGO!!

◎ロープウェイ料金
大人:片道900円、往復1400円
小人:片道450円、往復700円

 

東館山高山植物園
7分ちょっとで標高2000mまで運んでくれます。あっさり登頂成功!(笑)

 


植物園とはいえ、特に囲われた施設があるわけではありません。
エリアが分かれていて咲いている花も違うので地図を見ながら歩いてみます。

 


ニッコウキスゲが満開!これは自生しているので至る所に咲いてました。
見頃の時期に来れて良かった(^^

 


ユウタはお昼寝中。
背負子だと大きくてロープウェイ乗るの大変だったので抱っこ紐に変えました…

 


山頂から志賀山方面に大沼池が見えました。奥様がここに行ってみたかったみたいですが、ゲンタには少し距離が長いので断念。エメラルドグリーンの綺麗な池のようです。

 

全てのお花は撮れませんでしたが、出会ったお花達です。
高山植物の女王コマクサ
高山植物の女王コマクサ

 

ハクサンオミナエシ
ハクサンオミナエシ

 

キバナヤマオダマキ
キバナヤマオダマキ

 

ヒオウギアヤメ
ヒオウギアヤメ

 

ミヤマカラマツソウ
ミヤマカラマツソウ

 

シナノキンバイ
シナノキンバイ

 

ゴゼンタチバナ
ゴゼンタチバナ

 

シャクジソウ
シャクジソウ

 

コケモモ
コケモモ

 

サンカヨウの実
サンカヨウの実

 


日差しが強く暑いです。一通り歩いたので、記念撮影して下まで戻りましょう。

 


午前中に田ノ原湿原を歩いて、午後は植物園
お花ばっかり見ていたけど飽きなかったかな?二人ともニッコウキスゲは覚えていました(笑)

宿に戻って夕食。温泉に入って今日も快適な夜。壁と屋根サイk…

 

秘湯、切明温泉へ

切明温泉(きりあけおんせん)って知ってました?自分は今回初めて知りました(笑)
河原に温泉が湧き出ていて、温泉と川遊びが同時に楽しめるらしいです。秘湯ということですし、ここまで来たので行ってみることにしました。(比較的、秘湯・秘境に弱いw)

場所は長野県の栄村、苗場山の西側で新潟との県境に位置します。豪雪の地、秘境として知られる秋山郷は、2000メートル級の苗場山と鳥甲山に挟まれた新潟県と、長野県にまたがる12の集落の総称である。野反湖を源流とする中津川に沿って逆巻、小赤沢、屋敷、上ノ原、和山温泉が点在し、最奥にあるのが切明温泉である。
深山に囲まれて雑魚川と魚野川が合流する地点で、谷底の河原から温泉が湧いている。河原に降り立ちスコップで掘ると、こんこんとお湯が湧き出てくる。川の水で温度を調節しながらの、まさに自分専用の露天風呂の出来上がり、裸になってにわか風呂に浸かると、ほてった体に川風も心地よく大自然の恵みを実感できるひと時であろうか。 *日本秘湯を守る会の公式HPより引用

 

秋川郷への標識
ホテルをチェックアウトして9時に出発。
志賀高原から奥志賀まで進み、そこから秋川郷方面の林道に入ります。まっすぐ行くと野沢温泉。

GoogleMapナビだと、この区間14kmなのに1時間30分と出ていたので、一体どんな道だろう?ヴァナゴンで走れるだろうか?と不安でしたが、実際に走ってみると40分くらいで着きましたw

予想通り、クネクネの林道が続きます。クネクネ林道と言えば・・・ソウタの車酔いです。
案の定、到着と同時に吐いてしまいました(^^;;
ホテルで朝食をたくさん食べていたので、それが全部ね(笑)かわいそうに。。
次回から、カーブの多い道を通ることがわかっていれば、事前に酔い止めを飲ませるようにします。

30分くらい格闘し、すこし落ち着いたので水着に着替えます。

 


駐車場の前にある雄川閣さんでスコップを無料貸し出ししていました。
せっかくなので1つお借りします。

 


駐車場から少し下ると橋があります。案内板も出ていますのでわかりやすいです。
目指すは河原の温泉。

 


あれだけ酔って辛そうだったソウタも元気になりました。たくさん掘ってくれ!

 


橋を渡り、少しだけ森の道を歩くと、河原に出ます。

 

秘湯切明温泉
秘湯切明温泉、河原の温泉に到着です。

 


冷たそうに見えますが、温泉のため熱々です。50度くらいあるそうです。確かに熱い…

 


かわべりで半裸のオッさん達がキャッキャウフフしてましたw。温泉に浸かって、川に入って冷やして・・・そんな感じで楽しんでましたね。
川の水は冷たいので、さすがに全身で入水できず。。

 


子供達には川に温泉を引き込んでもらう作業をお願いしました。
スコップ持ってきたけど、必要なかった。。

 


我が家の遊びスペース完成!
かわべりに温泉を引き込んで、温水プールくらいのぬるい場所を作ってユウタの遊び場にしました。

 


お昼近くなったのでテキトーにランチ。
テーブルも椅子もいらない。だって岩がたくさんあるからね^^

 


なんか一番貫禄あったかもしれないユウタ(笑)その椅子、いいね!

 


冷たそうに見えるけど、温泉を引き込んでるから熱々なんです。
体が冷えないので長時間遊ばせても安心。

 


石を食べたりw、バシャバシャしたり、とっても楽しんでました。
次はちゃんと水着を持ってこよう…

 


ソウタとゲンタはそれぞれ自由に遊んでました。川遊びというより、砂場遊びに近かったけど、楽しければなんでもいいさ。

 


最後に温泉に入って体を温めました。

 


決して溺れてるわけではないw

 


ユウタはついに裸に・・・スリッパがいい感じでモザイクに(笑)

 


涼しそうに見えるでしょ?でも、熱々なんですよねー。汗だくw

こういうワイルドな温泉って最高ですねー。お湯も熱くて、めちゃくちゃ気持ち良かったです。近くにあるなら通いたい。でも、秘湯と言われるだけあって、ものすごく遠いw

帰りは新潟県の津南に出て、そこから湯沢町へ。道の駅で買い物して関越道で帰宅しました。

 

志賀高原でお花鑑賞、秘湯で川遊び。意外と充実した連休となりました。
6月のoutside Base Camp以来、ファミキャンには行けていないので、お盆休みはキャンプしたいですね。ちょっと遠征してみようかなーと思ってます。

その前に、ソウタと夏山へ。こちらも楽しみです。
 

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. はじめまして。
    足跡から来てみると、切明温泉の記事が!
    実は私、秋山郷に祖父が遺してくれた別荘がありまして、毎年行ってます。
    切明温泉は昔入りました。
    その頃は人が少なかったので、すっぽんぽんでw
    温度調節してみたり、熱いお湯と川の水に交互に浸かったりするのが楽しいですよね。
    両親が行ったときは、猿が温泉に浸かっていて、にらみ合いになったそうです。
    懐かしい温泉のレポ、ありがとうございました。
    私もまた行ってみようと思います。

  2. くりぱさん

    ご訪問&コメントありがとうございます^^

    毎年行かれてるんですか〜
    けっこう、遠いですよね^^;;
    距離的にというか、あの林道が長くて・・・新潟からも長野からも大変でした^^;;

    連休でしたが、お客さんが少なくて快適でしたよ。
    すっぽんぽんの人は数名いましたw
    猿はいなかったですね〜

    機会があればまた行きたいところです。

COMMENT

*