夏の南八ヶ岳は編笠山へ〜子供と日帰り登山(背負子ver.)

夏の南八ヶ岳は編笠山へ〜子供と日帰り登山(背負子ver.)

ソウタ・ゲンタを連れて南八ヶ岳を歩いてきました。
今回も修行ハイクということで・・・

 

※2014年夏休みレポ
軽井沢ライジングフィールドキャンプ編西湖でカヤック編

ソウタと北岳を歩く予定でしたが、軽井沢で1泊しかできなかったゲンタは少し消化不良気味…

「パパとソウタで山に行くけど大丈夫?ゲンタが歩けない場所だからお留守番だよ」というと、なんだか寂しそうに(ちょっと泣きそう?)「ゲンタ、おうちにいるからいいよ…」って(^^;;
ソウタに聞くとゲンタと一緒にキャンプに行きたいみたい。どちらかと言えばパパの要望が強い北岳は、またの機会に変更。3人で2泊3日の旅に出る事にしました。ママも直前まで行きたがっていましたが、キャンプ場は人でいっぱいと予想されるので無理せず自宅待機。

西湖でカヤックしたいし、山も歩きたいね〜
そんな欲張りな旅になりました。

 

道の駅でベースキャンプ

富士見町の西友に寄って買い出しをして、本日の幕営地である蔦木宿に向かいました。
到着は17時頃。河原は既にテントでいっぱい…、端っこになんとか張れました。
今回はここをベースキャンプとしましょう。無料ですし(笑)

道の駅蔦木宿
3人なので、手軽なmont-bell ステラリッジ3を設営。

 

myog tyvekタープ
夜は寒いかなと思ってましたが、4シーズンテントを夏に平地で張るのは普通に暑いですw
雨が降るかもしれないので、Myog Tyvek Tarpを被せました。

注)ここはキャンプ場ではありません。
道の駅とも関係がないので、何かあっても自己責任となります。利用する場合は気をつけましょう。
(もちろんゴミは持ち帰り、炊事場・トイレもありません)

 


二人とも楽しそうだね。これからご飯食べて寝るだけなのにw

 


と、その前にプシュっとさせていただきますw

夕食は西友で買ってきたお惣菜とご飯を炊いて食べましたw。
炊事場もないので、洗い物を出したくないし時間も遅いので手間をかけずに…

 


食後、Tyvekタープを使って影絵遊び。なるほど、こういう使い方もあるね。

その後は、道の駅に併設されている温泉つたの湯に入ってさっぱりします。
18時以降割引は撤廃されていて、大人600円、4歳以上400円です。
22時までやっているので、休憩所でのんびり過ごすのも良いかもしれませんね。

22時頃、子供と一緒に寝ました z z z z z z

 

南八ヶ岳、編笠山へ

5時半頃に起きて、外の天気をチェック。うーん、ガスってますが所々晴れ間も見えるので山に行く事にしました。朝ご飯食べたり、準備したり…結局7時過ぎに出発。観音平の駐車場までは20分程。


7時40分、スタート
編笠山までのの登りCT(コースタイム)は3時間半、標高差は1,000m。普通にキツイです(笑)

 


ソウタはいつも通り身軽に。

パパは、ゲンタを背負って+荷物・水等で約20kgといったところでしょうか(汗
毎度恒例?の修行ハイクですww

八ヶ岳ですからね、行けるところまで行って無理なら下山という気持ち。
パパのモチベーション的には、そんな感じです….

 


歩き始めは、比較的緩やかなトレイルです。

 


お花やキノコを観察しながら、のんびり歩きます。


 


観音平から1時間程で雲海に到着(CT1時間)
なんとか雲に浮かぶ富士山を見る事ができました^^;;

 


ここから次のポイント押手川までCT50分

 


岩場が多くなってきました。

 

ほぼCTで押手川に到着!3分の2クリア〜(フゥ…
少し休憩をして、ここからがいよいよ核心部

 


青年小屋への巻き道ルートではなく、編笠山山頂への直登ルート(CT1時間25分)

 


前というか上を見ながら登ります。

とにかく岩が大きくて、5歳児には手強い感じでした。
もちろん普通に進めますが、CT以上に時間がかかると思ったほうが良いです。
※結局、ここから山頂までの間はCTから30分オーバーでした

 


梯子まで来るともう少し!・・・みたいですw
「あとちょっとだ、頑張れ!」ってよく言いますが、大抵あとちょっとではありませんよね(笑)

山頂直下で下山者とすれ違い、風が強いから上着あったほうがいいよとのアドバイス。
ここで休憩も兼ねて、レインウェアを着用。
森林限界を超えれば、あと少し!(本当にあと少しだったw)

 

編笠山で記念写真
スタートから4時間、編笠山(2,524m)に登頂できました〜(^o^)
子供達が笑顔じゃないのは、強風によるものですww
※数字部分の看板が割れてますねw

 

編笠山頂はガス
眺望もサ、サイコ・・・(涙)
初めてガスワンダーな山を味わった気がします….

 


風のこない岩場に陣取り、お楽しみのランチ♪
こういう日はおにぎり・パンで済ませますよ〜

 


天候は残念ですが、なんだか楽しそうな二人。いつも来る山とはちょっと雰囲気が違うからかな?

 

ソウタ5歳。編笠山山頂にて
今年の1月から毎月コンスタントに山を歩いてるソウタ。成長してるなぁ
北岳に向け、良いトレーニングができました(^^

帰りは青年小屋経由で下山します。

 


晴れていれば小屋もくっきり見えるのに・・・残念ですw
この下りも、岩が大きすぎて幼児には歩きにくいです。CT以上の時間がかかりました

 


お花と一緒に。

 

青年小屋
そしてやってきました!遠い飲み屋

ここで山バッチを購入。何故かゲンタも欲しいと(笑)
少し休憩して、押手川へ向かいます。CT1時間10分

 


樹林帯のため風もなく、暑くなってきたのでレインウェアを脱ぎました。
そして黙々とひたすら下るだけ・・・下山の岩場はテゴワイ

 


またまたお花と一緒に。

途中、ソウタがウ○チしたいと…キジ撃ちセット登場です(笑)
こんなに早く出番が来るとは思いませんでしたが、やっぱりあると便利です。
穴を掘ってしっかり埋めました。。ウォッシャーでピューってw

 


やっとここまで来ましたよ…

 


16時半、駐車場到着。帰りも4時間かかりました^^;;
休憩含めトータル9時間。よく頑張ったね〜(^^

 


下界は晴れていたようで、富士山が綺麗に見えました

*補足
編笠山は、入門的な感じで捉えられるけど、そこまで優しくないという印象。
岩場、急登、8時間くらい歩ける体力は必要だと思います。余裕を持った行動も大事ですね。

 

ツラかったけど、子供と一緒に歩くのってやっぱり楽しい。(眺望あればさらにGood)
ゲンタは重いけど、背中に乗ってる間いろいろ指示?をくれたり、励ましてくれるので、憎めない感じ^^;;

今回、八ヶ岳に背負子で挑戦してみましたが、他にも歩けそうな場所がありそうだし、ちょっとずつだけど、親子で八ヶ岳制覇してみたいと思います。
次の3人ハイクは9月天城。その間に長男と2人で北岳チャレンジかなー

3日目のカヤック編につづく

 

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 16 )
  • Trackbacks ( 1 )
  1. 修行、オツカレです!

    雨男の称号だけじゃ飽き足らず、ガス男もゲットですね〜。(笑
    冗談はともかく、大きめの岩は、小さい子には厳しいですよね。
    この辺だと、蓼科山も岩大きめだった気が。

    キジウチデキテヨカッタデスネ。

  2. MOMOパパさん

    修行ガンバリマシタw
    負荷トレ、ハマりますよ。どうですかご一緒に(笑)

    いえ〜い、ガス男もGETだぜ〜(パフパフ♪
    他にどんな称号があるのでしょうか、できれば全制覇したいところですw

    大きな岩、テゴワイです。
    大人だと問題ないけど、小さい子供には厳しかったです。
    時間かければ歩けますが、その分時間が押してしまうし^^;;

    蓼科山も同じ感じでしたか。。
    そういえば、どなたかエクストリームな山行をしていたような…

    キジウチ、セイコウシマシタw

  3. 八ヶ岳修行お疲れ様でした。

    小さなお子さんを2人も連れての山行は大変そうですね~
    しかも下のお子さんは背負ったんですよね?スゴすぎです(^^;

    生憎の天気でも子供と一緒なら楽しいですよね^^
    岩場や梯子、子供って好きじゃないですか?いいお山でしたね。

    お子さん達、きっと立派なクライマーに育ってくれますね♪

  4. ソウタくんはCT通りですごいですね~。
    うちの子といったら・・・。
    そろそろチビトレもやりたいですね~。
    こんだけ修行積めば、ゲンタくん+ザックもいけるでしょ♪

    キジウチ。
    ガレバジャナクテヨカッタデスネ♪

  5. 忠太さん

    背負子八ヶ岳にチャレンジしてみましたが、いつもの奥多摩低山とは比較できないくらい時間も急登度も高くて^^;;
    無謀なコースは避けますが、他にも行けそうなところはあるので地道に2人連れハイク楽しもうと思ってます。赤岳も来年登ってみたいなぁ

    天気は残念でしたが、子供達はなにかしら楽しみを見つけるようで今回はキノコ観察でした^^
    コース的には飽きさせない感じだったので、楽しめたと思います。

    いやー、いつまで歩くかわかりませんからね。。
    まだちっさいけど、行けるうちに行っておきたいと思ってますw

  6. はるパパさん

    毎月歩いてる効果なのか、疲れたとかツライとかは言わなくなりました。
    それでも気分次第な部分もあり、サポート必要なところもあり
    まだまだちびっ子ですけど、頑張ってくれてますね^^

    ゲンタ+ザックも重さ的には行けると思うんですが、そうなると3人でタープ寝になりますね(笑)
    ま、虫のいない時期ならできなくもないですけどww
    背負子、新調しようかな….(けっこう本気かも)

    チビトレ、やりますか。秋の紅葉ハイクなんていいかも。
    行きたい場所はあるのです(フフフ

    キジウチ、ジュリンタイデヨカッタw

  7. posted by MITSU

    こんにちはー

    相変わらずの修行っぷりですねーw
    ソータくんは頼もしい限り、またチビトレ行きたいですね^^

    背負い子はものによって背負いごこちも違いますよね
    自分はドイターのやつを使ってましたが、子供プラス20Lくらい荷物が入ってよかったかも
    でも、重いんですよねこれが^^;

  8. 山頂のお子さんたちの表情が、最高ですね!
    この顔みると、ファミハイクって良いなあって、思いますね。

    そえにしても、修行ですね・・・w
    標高差1,000mとか、重さ20キロとか、、、、フツーに行ってるところがスゴすぎですww  

  9. 休眠かと思いきやかなりのペースで登られてるじゃないですか!?

    そう!その河原どこなんだ?って以前から気になってたんです。○得情報ありがとうございます♫

    秋以降おそらくキャンプが落ち着くので今度こそご一緒したい(≧∇≦)

  10. MITSUさん

    はい、修行ばかりですが頑張ってますw
    早くテン泊したいっす。って来週行きますが….

    この背負子、腰の部分があたって痛いのです。モンベルの軽いヤツ欲しいなぁ。
    ドイター、そんなに重いんですかww

  11. mokaさん

    あいにくの天気でしたが、山頂で皆で食べるご飯はウマかったです。
    ファミハイク、いいですよ〜☆

    トレ・ハイにマケズ、修行を積んでおりますw
    八ヶ岳も3人ハイクの対象範囲になったのが収穫です。キツイけどw

  12. かつをさん

    そうですね、休暇中のはずですが、普通に出撃してるかも(笑)
    といっても当面は月一ペースでしょうかね。

    あ、この河原気になってましたか。
    ネットに情報がたくさんでているので、特に某所とはしませんでした^^;;
    八ヶ岳や入笠山行くときに使うと、便利ですよー

    秋以降、テン泊中心ですがいくつか目標の山に行く予定なので
    お声がけしますね〜^^

  13. 修行お疲れ様でした m(_ _)m
    最近思うのですが、u10さんって本当に地球人ですか??(笑)
    僕もエクストリームなアウトドアに耐えられる強靭な肉体が欲しいですww
    どんなに辛くてもやっぱり子供と一緒だと良い思い出になるし楽しいですよね〜◎
    凄く良い刺激になりました!僕も修行頑張りますww

  14. 24KENさん

    普通のオジさんなのでご安心ください(笑)
    でも、体力も強靭な肉体もあったら良いなーと思います。
    子供と遊ぶには体力使いますしね^^;;

    ツラいけど子供と一緒だから・・・そんな感じで楽しんじゃってます。
    お互い修行に励みましょう。
    24KENさんも十分宇宙人だと思いますよw

  15. うちも一番下が別行動を察してどうしても一緒に行きたがるので
    なかなか山に行けなくなりましたよ・・・(-_-;)
    一番上は逆に俺行かねーって言われちゃうんですけどね^^;
    キジウチセットいいですね^^ 

    また天城ですか?^^;

  16. medakaさん

    medaka家も同じですか〜
    最近は次男の察知能力が上がったというか、何処行くのかしっかり聞いてますw
    彼が寝ている間に、コソっと出かけるのがコツですね^^;;
    それでも、やっぱり可哀想だなーとか思うと、ソロや二人ハイクも行きにくくなるでしょうね。

    キジウチセット、ぜひ(笑)

    天城は9月の連休に伊豆で社員旅行なので、中日に3人で歩いてきます(^^
    百名山ですからね、見逃せません。パパは2度目ですがw

  1. […] 振り返ると大キレットと権現岳、2年前に背負子で登った編笠山も。 あの時はキツかったなぁとしみじみ。ソウタが覚えていてくれたのが何気に嬉しい。 […]

COMMENT

*