雪の天城山縦走テント泊ハイク(前編)

雪の天城山縦走テント泊ハイク(前編)

2014.3.1〜3.2、雪の天城山を縦走してきました。初めてのテント泊だったわけですが・・・いろいろ凄かったです(笑)最高にエクストリームな旅となりました。後編はこちら

天城山縦走路


天城山縦走路を歩きます。天城高原ゴルフコース(写真左下)からスタートし、天城峠方面(写真右上)にゴールする行程。スタートとゴールの場所が違うので、車を1台出口側にデポする計画です。

伊豆の最高峰万三郎岳を中心とした天城連山は、伊豆半島を南北に分ける長い尾根で、アセビ、ブナ、ヒメシャラ、シャクナゲなどに覆われ野鳥も多い原生林である。天城縦走は、この原生林の尾根につけられた全長約17㎞の健脚向きハイキングコース。(出典:伊豆市観光情報HP)

 

少しだけパッキングのお話。
今回のザックは、Boreas(30ℓ)にしました。ベースウェイトで7kgほど。食料とお酒で5kgほどw。何か間違えてるような気もしますが、楽しく飲みたいのでビール3本&ワイン1本を担ぎました(笑)お酒だけで2kg超えです。出発前の実測でザック込みで12kgちょいでした。雪山じゃなければ、もう少し落としたいところ。

 


ゴール側に車をデポするチームは僕とゴードさん。ヴァナゴンを天城峠手前の水生地下駐車場にデポして、ゴードさんの赤いボルボに乗り換えて、集合場所の天城高原ゴルフコースに向かいます。

 


10時過ぎ、天城高原ゴルフコースに到着。って、雪がこんなに?…(汗
ゴードさん、MOMOパパさん改めBocさん改め9botaさん、mokaさん、MITSUさん、今日はよろしくお願いします!

 


準備をして、さぁ出発しましょうか

 


3月の伊豆地方、予定ではのんびりハイクしてグルメな宴会をする予定だったのですけどねぇ。。
入り口から雪が盛りだくさんです(涙)

 


最初から軽アイゼンを装着してスタートです。

入り口看板に記載されていたコースタイムを参考までに。

天城高原ゴルフコース →(15min)万二郎岳登山口 → (50min)万二郎岳→(30min)石楠立 →(40min)万三郎岳 →(15min)片瀬峠 →(40min)小岳経由戸塚峠→(25min)白田峠 →(40min)八丁池(※テント設営予定地)

冬山なので、あくまで目安に。1.5倍以上はかかると見た方が安全ですね。

 




雪解けも進んでいますが、まだまだ雪深いです。
トレースはかろうじてありましたが、かなり歩きにくいです。

 


ズボズボですw

 


万二郎岳登山口。CT通りにはいきませんね。。

 






1つ目のピーク、万二郎岳(1,299m)

 


CTは75分ですが、100分ちょっとかかってますね。
のんびりランチを楽しみたいですが、このペースだと日没までに到着しないような気もするので20分でサクッと済ませます。

ここでミスしました。本来は、おにぎり2個+ラーメン1食+行動食のスポーツようかんを食べて、残りの5~6時間を歩く予定でしたが、時間がなかったので、ラーメンを断念。山ではけっこう食べる方なので、ちょっと少ないなーと思ってたら、案の定、最後はガス欠でヘトヘトでしたw

 


12:50、山頂を出発
目指す八丁池までは8.3km。雪がなければ余裕のはずなんだけど、、、

CTは210分。ここまでのペースだと1.5倍だから、約300分。ってことは5時間かかる計算。もちろん、下りもあったりペースが上がる部分もあるので、17時~18時の日没ギリギリに到着できればいいなーと思ってました。思ってました・・・いやいや、雪山は恐いです。

 


八丁池まで、いくつかの山を超えます。次は伊豆半島最高峰の万三郎岳を目指します。

 


尻滑り。これが早い!でも後ろ歩く人は歩きにくくなるという(笑)

 





アセビのトンネル。景色を楽しむ余裕はないです(笑)

 


トレースは少しだけありますが、とにかく雪が多くて歩きにくい。
尻滑りが一番早くて楽なんでしょうねww

 





 


2つ目のピーク、万三郎岳(1,405m)到着

写真の撮影時間は14:33でした。CTは70分。実際は100分ちょっとかかってます。やはりペースはCTに対して1.5倍。ここから八丁池まではCTで120分。予想では180分の3時間。到着は17時半頃か。ギリギリ日没までに着けそう…

 


記念撮影(Photo by 9botaさん)

 


がむしゃらに前へ進みます。

 


ただ、、、ここから先はトレースが無かったのです(T_T)

 

MITSUさんを先頭に、ノートレースの雪山を地図と看板を頼りに進んで行きます。ラッセル~ラッセル~♪と楽しく歩いていたのは最初だけで(笑)、当たり前ですが、徐々に足にきました…
急な下り坂では足が股下まで埋まり抜けなくなったりと、この付近が一番、雪が多くてハードでした。雪に埋もれた看板を見つけながら、、この付近からMITSUさんが先頭を歩き、ぐいぐい引っ張ってくれました。

そして、尾根を歩いていると1人の青年に遭遇。ここで人に会うとは思いませんでしたが、どうやら道に迷い少し困っているようでした。我々が来た道を進むつもりのようですが、ここまで4時間以上かかってきた道を登り返すとなるとかなり時間もかかるはずです。しかも天城高原GC側にはこの時期バスもきていません。間違いなく天城峠に戻ったほうが良さそうだったので、そのように伝えたところ、一緒に八丁池まで戻るとのことでした。八丁池にはトイレがあるので、テントも寝袋もなかったようですが、シートと食料とヘッデンはお持ちだったので、なんとか夜を過ごせたのかなーと思っています。。

今回、こんなに雪があると思わなかったのは正直なところです。我々は泊まり前提の装備で来ているので問題なかったですが、日帰りはかなり厳しいでしょうね。時間に余裕を持たせ、雪山なので最低限の装備は必要だと感じました。

彼と合流した直後に、我々にも問題が発生!最後尾を歩いていた9botaさんとはぐれてしまったのです。気がつくのが遅く、戻ってみても9botaさんはいません。ゴードさんが尾根に登って呼びかけると返事があったようで、単独になりながらも前に進んでいることがわかりホッとしました。この先の白田峠で無事に合流することができました。本当によかったです。ほっ。

一人でも冷静な判断ができる9botaさん。やはり雪山の経験が豊富なんでしょうね。そういえば先週もソロでノートレースのところを進み、エクストリームな体験をされていましたね(笑)

僕は、このあたりから足にきて、、登りで足が攣り始めペースダウン。最後尾を歩かせていただきましたw。水分は補給してましたが、完全にガス欠。トホホw

最後のほうは、ヘッデンをつけてナイトハイク。残り1kmはかなりペースが上がっていたみたいです。それでも、予定より遅くなり、八丁池に着いたのは18:20頃だったと思います。

まだ両手で数えられるほどしか山歩きしてませんが、過去最高レベルに疲れました。雪山を歩くのって、やっぱり大変です。良い経験になりました。先頭でトレースをつけて引っ張ってくれたMITSUさん、ゴードさん、ありがとうございました。後半、使い物にならずにすんませんでしたw

 


そして感動の乾杯へ・・・(笑)

後編につづく

 

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 24 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 嫁に雪山登山だけは行くなと強く言われております。
    雪大好きっ子だけにいつも葛藤です^^;
    天城山って普段は気軽なハイキングコース的な山でなかったですっけ?
    冬は化けますね~~~
    自分も数えるほどしか経験ないですが、本当に頼もしいお仲間達に恵まれて羨ましいです(^o^)

  2. かつをさん
    雪山は事前準備も装備も経験も
    いろいろ必要なんだということがわかりました。
    今回は経験豊富なメンバーがいましたので、皆で踏破できました^o^
    一人では絶対に行きません(笑)
    ここ伊豆なんですけどねぇ。
    どうみても八甲田山ですよ(笑)
    やはり今年の雪は凄かったということでしょうか。
    大雪後、ヤマレコなどでも情報が無かったので
    誰も踏み入ってなかったんだと思います。
    トレースがあると思ってましたが、甘かったですね(^^;;
    いつも以上に体力奪われて、最後ヘトヘトで無口でしたww

  3. こんばんわ、けいすけです!
    お疲れ様でした。
    それにしても、かなりの雪のでしたねっ。
    無事に目的地につけて何よりでした。
    ガス欠、よくわかります。
    私も八ヶ岳でなりましたから...
    しんどくても、時間なくても、食べないとだめですねっ。
    後半のレポ、まちどおしいです。

  4. どもっす!
    お疲れ様っす~ m(_ _)m
    かなりベビーでエクストリームな修行っすね…(汗)
    大雪の時に通勤で5kmくらい歩いたんすけど…
    平らな道なのにメッチャ大変でした…
    山と通勤じゃ全然違いますが、会社に着いた時感動しましたw
    そんな気持ちで読んでたら最後の乾杯シーン…
    行ってないのに、なんかウルっときちゃいました (T ^ T)

  5. 何? 今回はお涙頂戴系ですか??
    ちょっとグっとくるレポじゃないですかw
    僕なら完全にゴメンなさいしてるレベルです・・・
    さすが、です

  6. けいすけさん
    想定以上の雪でしたね(^^;;
    無事に到着できて、もの凄い達成感でしたよ
    いつも以上に体力消耗したので
    昼が少なかったですね。。
    行動食ももう少し多くてもよかったなーと。
    次に活かします
    後半はとても平和な感じでした(笑)

  7. 24KENさん
    かなりの修行で、経験値も格段にUPしたような気がしてますw
    いろいろあって、到着した時は
    ほんと脱力感で一杯でしたね~
    山の宴会が目的でしたから、なんか感慨深い乾杯でした。

  8. oniyonさん
    一人だったら間違いなくごめんなさいしてますww
    あれ?そんなにグッときました?
    でも、なんか達成感が半端なくて…..
    オッさんでもやるときゃやるんだぞ!ってことでしょうか。

  9. 伊豆にこんなに雪があったんですかw
    ほんと、ソロじゃなくて集団活動でよかったですね!!
    だって、写真から爽快さがまじ伝わってきますよ~^^
    最後のご褒美は最高だったでしょう?

  10. はるパパさん
    伊豆なのに雪がたくさんでした~(>_<)
    集団活動って、安心感もあるし、いざという時にも助け合えるし
    今回は皆で歩いた!って感じです(^.^)
    皆、夕食とビールを想像しながら頑張ったんだと思いますww

  11. こんばんは!
    いやいやいや、、、私なんて全然ですから!
    ケツ滑りがスゴイだけで・・(笑
    自分のポッコリお腹の写真を見て、
    もっと痩せなきゃ・・と思いましたよ(泣
    MOMOパパさんが消えた時、
    一瞬キンチョーが走りましたが、、、
    総括すると大満足でしたね~。
    グループだからと言って人任せじゃだめなんだなって
    痛感しましたよ。
    後半はシャリバテだったんですね。
    行動食も大事ですね!

  12. posted by MOMOパパ

    そうげんパパさんの企画、やはりなにかあるんじゃないかと思っていましたが、まさか伊豆でノートレースのスノーハイクとは。もうエクストリーム好きですね~。(笑
    今回の雪は歩きにくい事、この上ないですね。ほんとに参りました。あと、途中はぐれちゃってすいません。きっとご心配おかけし…え、心配してないって?(笑
    また次いきましょー!

  13. おはようございます
    今回は楽しい企画ありがとうございました!
    初対面緊張しましたが、皆様気さくに話しかけてくださったので、すぐに打ち解けられたというか…むしろ馴れ馴れしくてすみませんでしたw
    レポの構成がかなり似た感じになりましたが、やはりこうなりますよね(笑
    2日目レポの落差を楽しみにしてます(笑
    かなり過酷なエクストリーム山行でしたが、帰ってきてみればやっぱり楽しかったなぁ^^
    またよろしくお願いしますねー!

  14. ゴードさん
    ケツ滑りは、やはり体重に比例して早くなるのでしょうか(笑)
    はぐれた時は、かなりキンチョーがはしりましたね(^^;;
    ホイッスルとか持ってくれば良かったと。
    なかなか普通にいかないのが、我々の山歩きなのかもしれませんww
    もっと経験積んで、スキルアップしたいと思いました。
    行動食の大事さも痛感したし、勉強になりました。。
    はい、大満足でした~
    少し時間が経つと、また雪山行きたくなるんだろうなーとか。
    次は軽い感じで行きましょうね。
    安全第一で!

  15. MOMOパパさん
    今後の企画に、若干の不安を感じてます(笑)
    決して狙ってるわけではないんですが
    どうやら、嵐を呼ぶ男が自分以外にもいるような気がしていて
    MOM…..気のせいかなw
    はぐれた時、かなり心配しました^^;;
    ホイッスル忘れたので、持って行けばよかったなーって。
    鳴らすだけでも、無事の確認はできますもんね。
    ほんと良い経験できました。
    こうやって徐々にスキルアップしていけるのが、とても嬉しいです。
    何よりも安全第一ですけど。
    また行きましょうね~
    脱エクストリームで企画します(笑)

  16. MITSUさん
    初めましてでしたが、濃厚な2日間でしたね(笑)
    MITSUさんの走力には驚かされました。
    後半のMVP間違いなし!
    行動食は頻繁に食べておくべきでした^^;;
    厳しかった分、終わった後の達成感と充実感が凄いですよね。
    ほんと楽しかったです^o^
    また行きましょう、脱エクストリーム!(笑)

  17. なんかちょっとドラマチックな感じでこの先何が起こるの?!
    ってドキドキしながら読みました~w
    途中で会われた一人の方、ほんとよかったですね。
    この辺りは伊豆と言ってもぽかぽかな感じではないです。
    6月の時も長袖+フリースでしたよ。
    続きも楽しみ♪

  18. medaka♪さん
    やはり、伊豆でも寒い場所なんですね、、
    伊豆のイメージでポカポカを想像してましたが、違ったみたいですw
    途中で会った方、あのまま歩いても確実に21時は過ぎるでしょうし
    向こう側に出たところでバスもなにもないので(トイレもない)
    戻って正解だったと思います、、、
    後半は、、、食べ物中心かと思われます(笑)

  19. posted by 大空を自由に舞う小鳥

    うわぁ、こりゃ大変でしたね。
    無事宿営地にたどりついて良かったですね。
    Part2は豪華なグルメキャンプネタでしょうか。(笑)

  20. うわ~。すっごくつかれそうだけれど、すっごく楽しそう。さすがの行動力ですね~。山きれいす。

  21. 小鳥さん
    高尾も天城も、なめてはいけないということですね(笑)
    無事到着してホッとしました。
    Part2は・・・料理の写真は少なかったですww

  22. モッさん
    とーっても疲れたけど、それ以上に楽しかったね。
    そういえば、MITSUさんが、モッさんと同じくらい爽やかイケメンさんでしたよ

  23. と、ところで、一緒に歩いた青年はどどどうなったの?MITSUさんイケメンっと_φ(・_・

  24. モッさん
    青年は、池で別れたので、その後はどうなったのかな。。
    たぶん無事に下山できたと思うよ…
    MITSUさんはモッさんに似てるかな。

COMMENT

*